アルトワークスの値引き

こんにちは。ぎぶさん(@give333)です。

スズキの軽ハッチパック車として人気の高いアルトワークスの値引き相場は、12~14万円程度と言われています。

もともと低価格な車種なので大幅な値引きは期待できませんが、値引き交渉には応じてもらいやすい傾向が見られます。

ただ、実際の値引き幅は交渉の仕方によって違いが出てきます。

そこで値引き相場・限界額を踏まえた上で、値引きのコツまで解説していきます!

アルトワークスの値引き相場の最新レポート

アルトワークスの値引き相場
(出典:http://www.suzuki.co.jp/

  • 本体価格:7万円
  • 本体+オプション:12~14万(ターボ・ワークスは16万円)
  • 限界額:25万円
  • 値引き額:低い
  • 値引き難易度:優しい~普通

アルトワークスの通常モデルでは平均で12~14万円程度、ターボ・ワークスでは16万円程度が値引きを目指すうえでのひとつのボーダーラインとなっています。

アルトワークスは値引き交渉がしやすい

ディーラーの下取り情報やWeb上の販売情報などさまざまな情報において、値引き相場に大きな違いはあまり見られません。

その意味ではどこで購入するにしても、値引きの交渉がしやすい車種といえます。

発売して間もないということもなく、交渉に乗ってくれやすい点もアルトワークスの特徴。

逆に言えば足元を見られることなくできるだけ値引きしてもらうよう、限界まで安くするためのコツを踏まえておきましょう。

オプション値引きも交渉を

なお、本体価格だけでなくオプションの値引きも可能です。こちらは5万円程度、それほど大幅な値引きは期待できませんが上乗せすることで、それなりの値引きが引き出せます。

本体とオプション両方を含め、標準モデルで10万以上の値引きを目指しましょう。

値引きに関する口コミ

アルトワークスは値引きの時期を意識しよう

アルトワークスの値引き時期

値引きしやすい時期は実際のところ、それほど大きな差は見られないと言われますが、アルトワークスのように値引きの低い軽自動車は購入時期を意識しましょう。

一般的にみてメーカー側、店側が売り上げを伸ばしたい時期というものは存在します。

決算シーズン(3月・9月)から逆算して交渉する

もっとも代表的なのは決算シーズンの3月と9月です。

売り上げがそのまま株価や見せ業績と直結してくる部分があるだけに、この時期になんとか売り上げを上乗せするため、安く販売するケースが見られます。

値引き交渉を持ち込みやすいのは間違いなく、実際には1~2ヵ月前からじっくりと交渉開始されるのがおすすめです。

ボーナスシーズン(6・7月・12月)も交渉しやすい

ボーナスシーズンに入ると、ディーラー側も値引きを強く意識するため、値引き交渉が持ちかけやすくなります。商談会などキャンペーンなどを打ち出すことも多く、チャンスが増えます。

最後にもうひとつ、競合するライバル車の新モデルが発売される時期なども、販売台数を増やす意図から値引きに応じやすい傾向があります。

アルトワークスの値引き方法は3つ!

アルトワークスの値引き方法

実際にアルトワークスの値引き交渉を行っていく場合には、以下の3つのアプローチを検討しておきましょう。

  1. ライバル車と競合させる
  2. スズキのディーラー同士で競争させる
  3. 下取りをうまく活用する

ライバル車と比較するのは新車購入における定番ですが、ディーラー同士の競争心もうまく煽ってみると値引き幅がアップする可能性があります。

それぞれの販売店ごとに売り上げを伸ばそうと必死になっているわけですから、上手にその心理を利用しましょう。

ライバル車をうまく引き合いに出して交渉する

まず、ひとつめはライバル車種をチェックしておくこと。

アルトワークスのライバル車ではダイハツのミライース、ホンダのN-ONE、マツダのキャロルあたりが該当します。

アルトワークスの競合車

  • ダイハツ ミライース
  • ホンダ N-ONE
  • マツダ キャロル

これらの車種の価格、さらに値引き相場をチェックしておきましょう。単に販売価格を比較するのではなく、値引き相場も交渉材料に加えてみるとよいかもしれません。

新型ミライースの値引きレポート

「車の購入を検討しており、ライバル車とどちらを選ぶか悩んでいるから安くしてくれないか?」といった雰囲気を漂わせつつ、値引きを持ちかけて下さい。

「もしも、値引きをしてくれれば購入する」という意思を伝えることが肝心です。

購入する意思が伝われば、相手も本気になってくれるでしょう。

やりすぎは厳禁

競合車比較は交渉の手段として有効なのは間違いありませんが、あまり比較ばかりしてしまうと相手の気分を害してしまいかねないので注意が必要です。

途中で「もうこの客はいらない、ライバル車でもなんでも好きなのを買えばいい」とばかりに、態度を硬化させてしまう可能性もあります。

アルトワークスを購入したい意思を伝えつつ、ほどほどにライバル車も検討していることを伝えましょう。

アルトワークスの値引き交渉の流れ

アルトワークスの値引き交渉の流れ

こうした事前の準備、情報収集を行ったうえでどのような流れで値引き交渉を行っていけばよいのか。基本的なポイントを押さえておきましょう。

まずは先ほど、ご紹介したライバル車と比較、競合させたうえで値引きします。

スズキのディーラー同士で値引き

もし、値引き交渉で思ったような成果が得られなければ、スズキの別のディーラーに足を運んでみて下さい。

アルトワークス先ほど少し触れたディーラー同士の競争意識がうまく活用できます。同じメーカーのディーラーであっても、別系列店(※)ならば値引き幅は必ずしも同じではありません。

その店の売り上げ状況、さらにはディーラーとの相性などでも変わってきます。

話をしてみて担当者といまひとつ話が噛み合わない感じがしたら、不必要に粘らずに早い段階で違う店に切り替えるのもひとつの選択肢です。

このように競合車値引き→スズキのディーラー同士での値引きという工程を踏むと、限界額が引き出しやすくなります。

※一口にスズキのディーラーと言っても、別資本の会社が運営していることがあります。その場合は、値引き額も大きく異なります。別資本化どうかの見分け方は、会社ホームページの運営会社情報を見て、名前が違うか確認するのが一番です。

ディーラー下取りは安く買い叩かれないよう注意!

そして最後に下取り交渉。自分の車の価値をしっかり把握したうえで、適切な価格で買い取ってもらうようにしましょう。

特にほかのメーカーの車を下取りに出す場合は下取り価格を高くしてくれることが多く、少しくらい強気に攻めても大丈夫です。

この段階にまで達したら、担当者も買ってくれることをかなり期待していますから、下取り金額のアップにも応じてくれる可能性が高くなります。

下取り価格をアップさせる方法

下取りには意識を向けておかないと、驚くほど安い価格で引き取られてしまう場合があります。

それを避けるためには、あらかじめ、ネットで下取り価格や買取専門店の買取価格をチェックしておくと交渉しやすくなります。

ネットであれば専門店に足を運ばずに、無料で見積もりが入手できるサービスがあります。

基本は最も定番の「かんたん車査定」を無料で利用し、見積もりを入手しておきましょう。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

上記にて、無料で1分以内に見積もりが分かります。

必ず下取りの具体的な価格をチェックし、安いと感じた場合には強くアピールしましょう。

交渉で価格を値引きしてもらったうえで下取り価格を高くしてもらえば、二重の効果でアルトワークスをかなり安くすることができます。真っ先に準備をしておきましょう。

アルトワークスのリセールバリューをチェック

アルトワークスの値引きの準備が終わったら、最後にリセールバリューをチェックしましょう。

車は資産価値があり、少しでもリセールバリュー(中古市場の売却額)が高いものを選んでおく方が得策です。

以下ではリセールバリューの高い色とグレードをくわしくご紹介します。

リセールバリューの高い色

  • 1位 スチールシルバーメタリック
  • 2位 ピュアホワイトパール
  • 3位 ブリスクブルーメタリック(ZWY)
  • 4位 ブルーイッシュブラックパール3

アルトワークスは全4色と厳選されていますが、いずれの色もリセールバリューは期待できると言うことができます。
中でも非常に人気の高いスチールシルバー、凡庸性の高いホワイト・ブラックを選んでおけば間違いないでしょう。

リセールバリューの高いグレード

  • 1位 2WD 5MT
  • 2位 4WD 5MT
  • 3位 2WD 5GS
  • 4位 4WD 5GS

スポーツタイプのMTは人気がありますが、実際に選択する人はそう多くありません。そのため、中古車市場では希少価値が高まりリセールバリューが高くなる傾向があります。

5MTは価格も安く、走りを楽みたい人であれば総合的にお得感があります。

2WDと4WDでは4WDの方が高く売れますが、新車購入時の価格差(10万円前後)ほどではないため、必要なシチュエーションでなければ2WDで問題ありません。

最後に、5MTと5GSの専用の装備を確認しておきましょう。

2WD 5MTの専用装備

  • エンジンクラッチスタートシステム
  • インパネセンターポケット

2WD 5AGSの専用装備

  • 誤発進抑制機能
  • レーダーブレーキサポート
  • エコクール
  • アイドリングストップシステム
  • エマージェンシーストップシグナル
  • ヒルホールドコントロール
  • パドルシフト
  • インパネシフト
  • シフトインジケーター
  • フットレスト

リセールバリューの観点では5MTがお得と書きましたが、5AGSも装備が充実していますので、どちらを選んでも問題はありません。

走りを楽しみたい方は5MT、日常使いであれば5AGSという使い分けがおすすめですよ。

スポンサーリンク