アルファードのサイズと大きさ

Lクラスミニバンで圧倒的な人気を誇る新型アルファード。サイズ」や「大きさ」が気になり、購入を迷うこともあるでしょう。

今回は、気になる新型アルファードの全長、全幅、車高のデータをもとに、アルファードの大きさを解説していきます。

ぎぶさんぎぶさん

外観・室内サイズ、ライバル車や旧型との比較まで、すべての情報をまとめました。

トヨタ新型アルファードのサイズの注目点

アルファードのサイズ
(出典:https://toyota.jp/alphard/

現在の新型アルファードは3代目のモデルとなります。

新型は大きくなって乗り心地が向上

マイナーチェンジ後の新型アルファードは、大空間高級サルーンを目指し、センチュリーやベンツのような乗り心地を目標にしています。

そのため、全体の大きさもさることながら、車内空間のサイズも他のLクラスミニバンよりゆったりとした設計になっているのが特徴です。

家族全員乗ってもゆったりの大きさ

まず、新型アルファードの室内サイズを見てみましょう。

  • 室内長 3,210mm
  • 室内幅 1,590mm
  • 室内高 1,400mm

長さ、幅、高さともに、余裕のある設計になっているのがポイントです。

アルファードのロングスライドレール
(出典:https://toyota.jp/alphard/

助手席にはロングスライドレールが採用されているため、最大1,160mmもシートを移動させることができ、快適なドライブを楽しめます。

新型アルファードの外観サイズ

アルファードの外観サイズ

次に、新型アルファードの見た目のサイズを見ていきます。

外観サイズ

新型アルファードの外観サイズは以下です。Lクラスミニバンで、それなりの大きさがあります。

  • 全長 4,950mm
  • 全幅 1,850mm
  • 全高 1,950mm
  • ホイールベース 3,000mm
  • 車重 2,240kg

タイヤサイズは以下のPDFをご確認ください。
アルファードのタイヤサイズ一覧

同じトヨタのノアが「約4,600mm」の全長となりますが、新型アルファードの全長が350mm長くなります。

ノアより全幅も100mm、全高も70mmアップし、新型アルファードが大きいサイズであることがよく分かります。

サイズは大きいが運転は慣れ次第

サイズが大きいと運転が心配で、購入をためらってしまうかもしれませんが、実際に乗っている女性ユーザー曰く「最初は戸惑うが、最後は慣れ」と言っていました。

実際に乗っていきながら慣れていくと、サイズの問題を感じることはありません。

類似車とのサイズの比較

エルグラウンドのサイズ

同じトヨタ車のノアとのサイズ比較は上記で行いましたが、その他のメーカーの Lクラスミニバンとのサイズ比較を見てみます。

まずはエルグランドですが、エルグランドのサイズは以下です。

エルグランドとはほぼ同じサイズ

  • 全長4,945mm
  • 全幅1,850mm
  • 全高1,815mm

数値を見るとアルファードとエルグランドは、ほとんど同じ。

全高は新型アルファードが高く、その分アルファードの方が乗り心地は上です。

次に、セレナのサイズです。

セレナよりも一回り大きい

  • 全長4,770mm
  • 全幅1,735mm
  • 全高1,865mm

セレナと比べると、数値以上に大きさに差を感じるでしょう。

新型アルファードは大きさも含め重厚感が魅力

新型アルファードは、他の比較でもわかるようにサイズは頭一つ抜けています。

そのため、見た目の大きさと高級感が相まって、重厚感あふれる立たずまいです。

この雰囲気こそが新型アルファードの魅力であり、最大のストロングポイントと言えます。

新型アルファードのサイズで駐車は簡単にできる?

アルファードと駐車場

新型アルファードのサイズであれば、正直なところ、駐車場の制約は必ずあります。

ここでは、新型アルファードの大きさに対応できる駐車場や、難しい駐車場について押さえておきましょう。

新型アルファードで駐車できない駐車場はある?

まず、新型アルファードの見た目のサイズである、全長、全幅、全高を見てみましょう。

全長 4,950mm
全幅 1,850mm
全高 1,935mm

改めて見ると、やはり大きいですね。青空駐車場で周りに車が少なければ問題はありませんが、市街地などでの駐車場では、新型アルファードのサイズで駐車は可能でしょうか?

機械式駐車場はサイズ的に無理

機械式駐車場とは、パレットのような板に車を乗せて収納、駐車するタイプの駐車場。

この機械式駐車場ですが、1,850mmサイズの自動車は、基本的に断られる可能性が高いです。ホテルや高級マンションなどの機械式駐車場でしたら、2,000mmクラスの自動車も駐車できる作りになっています。

しかし、一般的な機械式駐車場には、新型アルファードの大きさでは駐車は難しいといえます。

自走式駐車場には収まるサイズだが注意

アルファードと自走式駐車場

自走式駐車場とは、2階以上のスペースが存在し、自分の運転で自動車を駐車スペースまで持っていき、駐車させるシステムの駐車場です。

郊外ショッピングモールなどには、必ずといっていいほど採用されている駐車場ですが、この自走式駐車場であれば、新型アルファードのサイズでも駐車可能です。

最近の自走式駐車場は、新型アルファードクラスの大きさも想定して設計されています。隣に同サイズの自動車を避けるようにすれば問題ありません。

新型アルファードの室内のサイズ・広さ

アルファードの室内サイズ

新型アルファードの室内サイズはとても広いと解説しましたが、改めて新型アルファードの室内のサイズを見ておきます。

  • 室内長 3,210mm
  • 室内幅 1,590mm
  • 室内高 1,400mm

室内サイズと乗り心地は、最初に解説しましたので、ここでは新型アルファードの荷室に関して解説していきます。

新型アルファードは荷室のサイズも大きく、多くの荷物を収納できるのも魅力的です。

新型アルファードの荷室の広さ

アルファードの荷室の広さ

アルファードの荷室は、3列目を使用するか2列目までを荷室にするのかで大きく変わります。

3列目を使用している場合には、奥行きは約240mmしかありませんが、2列目までを荷室として使用すると、奥行きは1,780mmまで広がります。

キャンプ用品やゴルフ道具も人数分が楽々収納可能です。

新型アルファードの床下の収納性をチェック

アルファードの床下収納

新型アルファードは床下収納も大容量であるとして好評です。

床下収納のサイズですが、大容量148Lの設計になっています。3列目を使用しなければ、スキー板も人数分納められるでしょう。

注意するポイントは、スペアタイヤをオプションで設定した場合、この床下収納スペースにスペアタイヤが収まってしまいます。

車中泊もラクラク!

アルファードの室内長は3,210mmです。成人男性でも余裕で車中泊ができますし、夫婦やカップルでも車中泊は可能です。

後部シートを全て倒し、フルフラット状態でマット等を敷くと、あっという間に寝室が完成しますので、宿いらずで楽しむことができます。

旧型からのサイズを比較

アルファードと旧型のサイズ比較

現在の新型アルファードは3代目です。過去の2代とは、大きさに違いはあるのでしょうか?

現行の新型アルファードと、過去2代の旧アルファードとのサイズを比べてみました。

10系とのサイズ比較

まずは初代アルファードである10系とのサイズを比較してみましょう。

10系(初代アルファード)

  • 全長 4,840 mm
  • 全幅 1,805mm
  • 全高 1,935mm

30系(新型アルファード)

  • 全長 4,950mm
  • 全幅 1,805mm
  • 全高 1,935mm

新型の方が全長が長く、全幅・全高に関しては、サイズに違いはありません。

20系とのサイズ比較

次に20系とのサイズを比較してみます。

20系(2代目アルファード)

  • 全長 4,885mm
  • 全幅 1,840mm
  • 全高 1,900mm

30系(新型アルファード)

  • 全長 4,950mm
  • 全幅 1,850mm
  • 全高 1,935mm

一つ前のモデルと比べると、新型の方がひと回り大きくなっていることが分かります。

新型は広くて大きい

新型アルファードと、旧アルファードとサイズの違いを比較すると、新型アルファードは大きくなっています。

アルファードの購入を検討している場合、この大きさの違いは覚えておくといいでしょう。

ライバル車のエルグランドとの大きさを比較

アルファードとライバル車の大きさ

最後に、新型アルファードと最大のライバル車である「日産 エルグラウンド」のサイズを比べておきます。

エルグランドとサイズを比較!

エルグランド

  • 全長 4,945mm
  • 全幅 1,850mm
  • 全高 1,815mm

30系(新型アルファード)

  • 全長 4,950mm
  • 全幅 1,850mm
  • 全高 1,935mm

重厚感と乗り心地はアルファードに軍配

新型アルファードとエルグランドでは、サイズに大きな違いはありません。

アルファードの方が全高があって重厚感がありますが、エルグランドはスポーティーで走りの性能を重視しています。

乗り心地と見た目で選ぶならアルファード。走りで選ぶならエルグランドがおすすめです。

全体のまとめ!アルファードのサイズがあればドライブも快適。室内空間も文句なし

新型アルファードは高級ミニバンと呼ばれるとおり、サイズも大きく重厚感のある車です。

あらためて室内のゆったり感は、他にはないメリットと言えるでしょう。

ゆったりとして高級感のあある室内は、あなたを極上の世界へいざなってくれます。

さらに荷室のサイズも文句なく、快適ドライブが約束されています。

注意点としては機械式駐車場に入らないことがあるということになるでしょう。

このサイズの車の運転に慣れていない人は、戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえば後戻りできない魅力ある車がアルファードにはあります。

スポンサーリンク