バイクの値引き交渉

バイクが欲しいけど思っていたよりも高い、そんな時には取れる方法はさまざまです。

できるだけ安く販売しているお店や業者を探したり、場合によっては中古での購入を検討したりする人もいます。

しかし、それよりももっと安く買う方法として、値引き交渉があります。

バイクの値引き交渉をしても応じてもらえるのか?と心配になるかもしれませんが、もちろん可能なので安心してください。

しかし、実際に交渉する場合に押さえておきたいポイントがあるのでご紹介します。

ぎぶさんぎぶさん

今回は新車と中古の場合に分けてご紹介します。

新車バイクの値引きは難易度が高い

バイクの新車は値引き

  • 新車バイクの値引き相場:ゼロ~数千円(パーツ・諸経費含)

バイクを新車で買う時に値引き交渉は可能ですが、もちろん必ず成功するとは限りません。

実際に交渉してみると分かりますが、反応はあまり良くないのです。

値引き交渉が得意な人はそこからさらにぐいぐい押していけるかもしれませんが、そうではない人だったらどうすれば良いのでしょうか?

後ほどくわしく解説しますが、その場合も以下の手段があるので安心してください。

  • パーツ値引き
  • 諸経費の値引き

新車バイクの値引きが難しい理由

新車バイクの値引き

まず大前提の話になりますが、新車バイクの値引きは難易度が高いです。

これはとてもシンプルな理由で、元々店側も定価から値引きをして販売をしています。

そこからさらに値引きを求められたら素直に応じてくれません。

お店側もしっかりと利益を出せなければ、バイクを売る意味がありません。

新車バイク販売の利益は数万円

新車は利益率がそれほど高くなく、中古のバイクなら15~20万円ほどあるのに対し、新車バイクでは数万円の利益しかないといわれます。

極端な言い方をすれば、新車バイクの値引き交渉をすることは、この数万円の利益からどこまで削ってもらえるかという交渉になります。

場合によっては上手くいく可能性もありますが、労力に見合った成果が出るとも限りませんし、粘りすぎると心証が悪くなる可能性があります。

新車バイクはパーツ値引き交渉が狙い目!

新車バイクのパーツ値引き

値引きをする時のポイントは、お店側が利益を出せる余裕があるのか?です。

商売ですから、お互いが得できるような形になれば円満に終われます。

そこで注目するべきポイントが、バイク本体ではなく、パーツ類を購入するときの値引き交渉です。

バイクを買う時に、本体だけを買って終わるケースは少ないです。せっかく本体を買うのだから、それにともなって様々なパーツを買うこともあります。

そこで、これらのパーツに対して値引き交渉を持ちかけてみましょう。

パーツ値引きのポイント

バイクのパーツ値引き

例えば、ヘルメットやグローブなどバイクに乗る時に使うものは、数千円~数万円です。

こういうものになると、バイク本体よりも利益率が高くても、実際の利益額も少なくなります。

それなら、「バイクを新車で買うから、パーツ類をオマケするか割引してくれないか」と交渉すれば、お店側も応じてくれる可能性が高まります。

バイク屋はバイクを売りたい

バイク屋はバイクを売ってこその商売です。特に新車を扱うお店では、新車が何台売れたのかも重要になってきます。

お店側としては新車を売ることに大きなメリットがあり、「それならパーツくらいは」と考えてくれるようになるので、意外なくらいあっさりと交渉が上手くいくわけです。

  • バイクやはバイクを買って欲しい
  • パーツは利益額が少ないので値引き交渉に応じやすい

この2つを覚えておいてください。

新車バイクの値引き交渉もやり方次第で上手くいくパターンはありますが、経験が少ない人は、成功しやすいポイントから攻めていきましょう。

バイクは諸経費の値引き交渉も狙い目

バイクの諸経費値引き

新品バイクの値引き交渉が難しい場合はパーツ類が狙い目ですが、それ以外にも交渉してみて良いものがあります。

それは、バイク購入にともなって発生する諸経費です。

  • 法定費用
  • 整備費
  • 事務手数料

これら3つは、金額に違いはあれども、絶対に必要です。

特に、整備費や事務手数料はお店側で決めるものなので、状況次第では値引き交渉の余地があります。

点検整備など自分でできるものもあるので、もし対応可能な範囲内なら、それを元に交渉してみると良いでしょう。

また、事務手数料に関しても、ナンバー取得などの作業は自分でもできます。

自分でできることはするので安くして欲しいということなら、お店側としても応じてくれる可能性は出てきます。

ちりも積もれば山となる

これらの項目で数万円の値引きという訳にはいきませんが、少しでも安くしたいと考えているなら交渉してみてください。

「ちりも積もれば山となる」という言葉もあります。たとえ数千円くらいだとしても、それで浮くお金は決して安いものではないのです。

中古のバイク値引きなら数万円は狙える!

中古バイクの値引き

  • 中古バイクの値引き相場:数千~数万円

バイクの値引き交渉をする場合に一番の狙い目になるのが、中古バイクです。

新車とはうってかわって値引きしやすいのが中古です。

元になる中古バイクの値段によって結果はさまざまですが、数千円~数万円位の値引きがしやすくなっています。

新車バイクのところでも書きましたが、お店側が中古バイクを販売する場合の利益は15~20万円くらいです。

販売価格が50万円の中古バイクの内訳

  • 買取価格(仕入れ値)30万円
  • 営業利益15万円
  • 整備費用5万円

お店によって多少変わるところはありますが、50万円で販売されている中古バイクの値段はこのような内訳になっているのです。

新車バイクの場合はなかなか利益を出せないのですが、中古バイクならその数倍は利益を出せることになります。

中古バイクはバイク店にとっておいしい商品といえますが、それ以上に重要なのは、利益率が高いため値引き交渉の余地があることです。

新車バイクの場合は利益率が低く、応じてくれることは少ないため、パーツ類から攻めて得をする方法が効果的です。しかし、中古バイクなら、直接バイク自体の値引き交渉をする価値が十分にあります。

中古バイクの値引きのポイント

中古バイクの値引き

値段の高いバイクほど値引きしやすい

中古バイクは値引き的には狙い目ですが、すべてが上手くいくわけではありません。

その中古バイクがどれくらいの値段で売られているのかで、交渉結果は大きく変わってくるためです。

シンプルに考えれば、値段の高い中古バイクほど利益額も大きくなるので、値引き交渉はしやすくなります。

逆に、値段の安い中古バイクになると、値引き交渉自体はできても金額はそれほど大きくなりません。

利益額ではなく利益率を意識して値引き交渉をする

50万円で売られている中古バイクと、20万円未満で売られているような中古バイクとでは、勝手が違ってきます。

  • 50万円のバイク→利益15万円→値引きしやすい
  • 20万円のバイク→利益8万円→値引きしにくい

例えば、50万円の中古バイクなら利益は15万円と出しましたが、15万円の利益が出る中古バイクに対し、2~3万円の値引き交渉なら上手くいく可能性はあります。

しかし、20万円の8万円の利益しか出ない中古バイクに対して、同様に2~3万円の値引き交渉をしても上手くいく可能性は低いのです。

お店側としては大きな利益を出せることに越したことはありません。

中古バイクは値段によって利益も変わるため、単純な金額で値引き交渉をしてはいけないのです。

バイク屋の利益についてある程度の理解があれば、目安を決めて値引き交渉ができるため意識しておきましょう。

バイクの値引きで押さえるべき4つのポイント

バイク値引きのポイント

最後に、新品・中古の共通としてバイクの値引きで押さえておきたい4つのポイントがあるので覚えておきましょう。

自分から値段を提示する

販売店にとって利益が出る範囲で「買う」と決断してもらうことが重要となります。

そのため、「この値段なら買う」「これをしてくれたら買う」と自分の意志を明確にしてくれるなら、交渉に応じてくれやすいのです。

曖昧な態度で「値引きしてほしい」と言われても交渉は上手くいきません。

バイクの値段

事前によく調べておけば、値引きしてもらえそうな金額は見えてくるので、自分から具体的に意志を示しましょう。

値引き交渉で重要なのは、自分が主導権を握ることなのです。

今持っているバイクがあれば高く売る

バイク高く売る

もし、今持っているバイクを売る場合は、それを高く売ることで実質的な値引きにつなげることができます。

例えば「「バイクブロス」バイク買取一括査定見積り」では無料かつ1分以内で、自分の持つバイクの最高価格及び相場が分かります。

こちらは東証一部で「グーネット」を運営するプロトコーポレーションが提供するサービスなので安心してご利用になれます。

バイクを売る場合はできるだけ見積もりを競合させて、高値で売ることが次の実質的な値引きにつながることを意識しておきましょう。

市場価格と値付けを事前にチェックする

バイクの市場価格と値付け

中古バイク販売店は、お店によって値引き交渉が成功する可能性は変わってきます。

そのお店がどんな方向性で値段を付けているのかが関わっているためです。

お店によって、販売する中古バイクの値段をどのように付けるかは考え方が異なります。十分に利益を出せるように値段設定をしているところもあれば、ギリギリまで安くしているところもあります。

そこでお店ごとの違いや傾向について確認するなら、そのお店以外での値段設定をチェックするようにしましょう。

近い条件のバイクでもOK

全く同じ条件のバイクではなくても、近い条件のものを探せば、そのバイクの市場価格は見えてきます。

それに比べて高いなら値引き交渉をする余地はありますが、安い場合は難易度が上がると考えましょう。

お店側の事情によって変わってくるところはありますが、自分で集められる情報をしっかり集めてこそ、値引き交渉が上手くいくかどうかは変わっています。

ローンで購入する場合でも値引き交渉は可能

どんなバイクを買うのかにもよりますが、バイクを現金一括で購入するのは難しいことが多いです。

クレジットカードで購入するとしても、限度額に余裕がなければ同じことになります。

そこで活用できるのがローンでの購入ですが、ローンでバイクを購入する場合でも、値引き交渉はできるので安心してください。

現金でもローンでも値引きは変わらない

ローンより現金で購入してくれる方がお店としては嬉しいかもしれませんが、実際のところ、値引き交渉には大きな影響がありません。

重要なのは売れるのかどうかです。

頭金をどれだけ支払うのかによってローンの金額も変わってきますが、そのようなことも考慮する必要はありません。

お店側からすれば、値段がいくらのバイクが売れるのかでしかないのです。

ぎぶさんぎぶさん

バイクの値引きをする時は、今回挙げたポイントをぜひ押さえておきましょう。
少しでも安く購入して、満足のいく買い物を目指してください。

▼当サイトの人気記事はこちら

一番高く売れる!車買取サービス1位をご存じですか?
車の乗り換えを検討している方必見!車買取のランキング
今すぐ確認する