Pocket

トヨタ新型ルーミーの評価・値引き交渉についてまとめました。

新型ルーミーは、トヨタの子会社であるダイハツが開発したパッソの後継車種です。トヨタではルーミー、ダイハツからはトールという名前で販売されています。

トヨタの中では初の背の高いコンパクトカー(コンパクトトールワゴン)としての位置づけになると予想されており、既に高い人気を集めています。

本ページでは新型ルーミーのスペックを評価しつつ、値引き交渉のポイントまで余すことなく解説していきます。

トヨタ新型ルーミーの評価!具体的なスペックは?

toyota-roomy

(出典:http://toyota.jp/

ルーミーのスペックですが、エンジンには直列3気筒 1.0Lが搭載されます。これはトヨタとしては初で、他にも直列3気筒ターボエンジンを搭載したターボモデルも販売されています。

通常の直列3気筒 1.0では燃費が24.6km/Lとなっており、ターボの場合は21.8km/Lです。
ターボはパワーがある分、高速道路や遠出する場合にも満足の行く走りが可能です。

コンパクトカーの場合、燃費のみが重要視されがちですが、ルーミーはもう少しパワーが欲しい人にもしっかり対応可能している点が評価できます。

コンパクトトールワゴンとは?

トヨタ新型ルーミーは「コンパクトトール(ハイト)ワゴン」と呼ばれています。

もトールワゴンとは「1.5ボックス」タイプで3列シートを持たないミニバンのことを指しますが、そのコンパクトタイプのことを「コンパクトトールワゴン」と呼びます。

コンパクトながらも広々としており、荷室も26インチの自転車2台が積載できるほど充分確保されており、災害時は寝泊まりできるなど、圧倒的なまでの利便性の高さが特徴です。

トヨタ新型ルーミーのサイズと燃費の評価

ルーミーは小型車ですが、全長が4m以下となっていることも特徴の1つです。全長が3750mm、全幅が1670mm、全高が1740mmです。

サイズがコンパクトにまとまり、車両重量を抑えることで、燃費にも好影響となっています。

軽自動車、ミニバンにはない強みがある!

ちなみにルーミーの場合、車両重量は1,000kgです。サイズが小型ながらも室内は広く設計されており、室内長はトヨタの小型車の中でも最大級の2180mmとなっています。

新型ルーミーは、サイズはコンパクトでも窮屈さを感じさせな点も高く評価できます。

非常に売れているのも軽自動車にはない広さがあり、コンパクトカーの中でも群を抜いて利便性が高い点が挙げられます。軽自動車、ミニバンにはない確かな強みがあります。

トヨタ新型ルーミー安全面の評価は?

toyota-roomy2

(出典:http://toyota.jp/

トヨタ新型ルーミーは競合車と比較しても安全性が高いと考えられます。

安全面での評価としては、新型のパッソやブーンで搭載されている「スマートアシスト2」が採用されている点が注目です。こちらは5つの機能が売りです。

衝突回避支援ブレーキ機能、衝突警報機能、車線逸脱警報機能、誤発進抑制制御機能、先行車発進お知らせ機能があります。ダイハツの安全装備が搭載されているのは、トヨタの新型ルーミーとは言っても、ダイハツからのOEM車という位置づけだからです。

最先端のダイハツのスマートアシスト2が搭載されていることから安全面も高く評価できます。

オプションでは「カーテンエアバック」を追加できるため、安全面は万全です。

トヨタ新型ルーミーのデメリットとは?

ルーミーのスペック自体は決して悪いものではありません。しかし競合車種に比べると、燃費の部分で劣っているところもあります。しかし逆にターボモデルであれば、燃費を重視する人でも納得できるようになっています。

実際に試乗すると全てのモデルで視界が良く、上質な乗り心地が体感できるはずです。

総合的には日本らしい考えぬかれて設計されており両側スライドドアを採用するなど、使いやすさも考慮されている良い車です。

トヨタ新型ルーミーの値引き相場と方法

toyota-roomy3

トヨタ新型ルーミーに関しては値引き交渉の観点ではやや難しい部類に入ります。

なぜかと言うと2016年11月9日に発売されたばかりだからです。比較的新しい車なので値引きしにくいという側面はありますね。

新車の値引き相場よりも、少し安く見積もっておいた方が良いでしょう。

ルーミーの値引き相場

ルーミーの平均値引き相場は「15万円」です。

発売直後は13万円程度でしたが、徐々に値引きがしやすくなってきています。

一先ずはこちらの金額を目安に値引きを行うことをおすすめします。

ルーミーの値引き限界額

ルーミーの値引き限界額は「30万円」です。

20万~30万の値引きができたという声もありますが、少数派なのであくまで参考程度に留める方が良いでしょう。

競合車はスズキの「ソリオ」!

その上で、値引き交渉のポイントを挙げるとすれば間違いなくライバル車になるであろうスズキの「ソリオ」の存在が鍵になります。

または、姉妹車にあたるダイハツ「トール」も競合車として役立ちます。

トヨタ新型ルーミー・ダイハツトールと、スズキのソリオの定価をまとめると以下の通りです。(タイプによって価格は異なります)

  • トヨタ新型ルーミー(146万3400円~200万8800円)
  • ダイハツトール(146万3400円~200万8800円)
  • スズキソリオ(145万円~202万円)

価格は似通っている部分もあり、その意味では値引き交渉しやすいです。
基本的にはスズキソリオの見積もりを取って値引き交渉を行いましょう。

この時の注意点としては、見積もりはディーラーに、できれば見せないようにしましょう。
見積書を見せる行為は、心証が悪くなる恐れがあるからです。

その上で「ソリオと購入を迷っている」と口頭で言えばOKです。

トヨタ新型ルーミーからすれば、スズキのソリオは明確な競合車になります。
この2つで迷っているということになれば値引きに応じてくれる可能性が高まります。

姉妹車を値引き競合させても良い

ソリオが無理な場合、ルーミーの姉妹車であるタンクやトールを競合させても良いです。

「タンク」はトヨタから同時発売された姉妹車になりますが、例えばトヨタ店とカローラ店で競合させることができます。

「トール」はダイハツから発売されているので、こちらも競合可能です。

ただ、最優先となるのは明確なライバル車である「ソリオ」ということになります。

ルーミーの値引きは12月、決算の3月が狙い目?

トヨタ新型ルーミーの値下げ交渉をする場合、ボーナス商戦の12月、決算期の3月、中間決算期の9月を狙うのもおすすめです。

この時期はメーカーから営業マンに報奨金が出る時期になるので値下げに応じやすくなります。決算期にはルーミーの売れ行きも見え始める頃なので、値引きを持ちかけやすくなります。

ただ、車の値引き交渉は何よりもモチベーションが最重要でです。
買いたい!と思ったら即行動するのが最もおすすめです。

【注意】車の購入を検討する方は下取り査定をしておきましょう!

最後に、車の購入の前は必ず下取り査定額を上げるための準備をしておきましょう。
ディーラーの下取り査定価格はかなり低く見積もられるため損をするからです。

そのためあらかじめWEBの一括査定サービスを利用し、自分自身で下取り査定価格の高いデータを入手しておきましょう。

このデータがあれば、新車を購入する時に下取り査定額を引き上げることができます。

ネットの一括査定はデータが充実し、即時性のある「かんたん車査定」が最も便利です。

早くて簡単なので、今のうちに利用しておくと役立ちます。

↓かんたん査定ガイドの公式サイトは下記より

トヨタの新型ルーミーの評価と値引き交渉まとめ

トヨタは「コンパクトトールワゴン」という新型小型車のジャンルに進出しました。

売れに売れていますが、品格と艶やかさのあるデザイン、ターボモデルを搭載しながら低燃費、充実の安全機能、豊富なカラーラインナップなど人気を集める要素が充実しています。

コンパクトカーの一つの到達点

充実のオプション、デザイン、価格の割安さなど、コンパクトカーの一つの完成形と言えます。

何よりもコンパクトでありながら広いこと、走り安さと燃費のバランスに大きな魅力を感じています。安全性の高さも目を引くものがあり、総合的に見て高い評価ができます。

値引き交渉は明確なライバル車がいるので、その意味でやりやすい部分もあると思います。
下取りを行い、上手に値引きして、人気の新型車で充実した毎日を送りましょう。

スポンサーリンク