Pocket

thor-nebiki

ダイハツ新型トールの値引き交渉方法をまとめました。

新型トールは2016年11月に発売されたコンパクトカーで大きな注目を集めています。

コンパクトでありながら広さを兼ね備え、品格も備えているのが特徴。
上級グレードであっても200万程度という安さも相まって非常に売れています。

カラ―バリエーションの豊富さ、オプションも充実しており人気を集めています。

そんなダイハツ新型トールが気になる!という方のために、最新の値引き交渉方法をまとめました。充実の内容となっていますのでぜひご参考にして下さい。

ダイハツ新型トールを値引き交渉する上でのポイントは?

thor-nebiki
(出典:http://www.daihatsu.co.jp/index.htm

値引きの交渉をする上で必須なのが、ライバル車の競合となります。

あらかじめライバル車をチェック・見積もりを行い、その情報を元に新型トールの値引き交渉を行うのが基本です。

理想はライバル車の見積もりをしっかり入手することですが、ライバル車の値段を確認したり、実際に視察に行くだけでも効果はあります。

ディーラーに対しては、「ライバル車」と「新型トール」で迷っているが、安くしてくれるのであれば、新型トールを買っても良いという伝え方がベースになります。

ダイハツ新型トールのライバル車とは?

ダイハツ新型トールの値引き交渉をする上で、必要なライバル車とは何でしょうか?

新発売されたばかりのトールですが、実は明確な競合車がいくつか存在します。

その意味では、新型トールは値引きまでの手順がスムーズです。

ライバル車はスズキ新型ソリオ!

thor-nebiki2

新型トールの明確なライバル車は、スズキ新型ソリオです。これ以上ないと言えるほどライバル関係にあります。

新型トールは「コンパクトトールワゴン」というジャンルになりますが、これまでそのタイプを発売していたのはスズキのソリオだけでした。

非常に人気のあるタイプでしたが、2016年11月にダイハツ・トヨタ・スバルが同じタイプの車を発売したことで話題になっています。

ソリオにはトールにはない強みがある!トールの強力なライバル

ソリオには、新型トールにはない強みがあります。

現在、ソリオは2016年11月からハイブリッドタイプも選ぶことができるようになり、燃費の面で非常に優れています。

そして何より車としての歴史があるため、根強いファンが多いのも事実です。

そのため、実際にソリオとトールで迷う方は非常に増えているという現状があります。

ソリオと購入を迷っているのはディーラーにも伝わりやすい

ダイハツ新型トールをの値引き交渉する上で、スズキ新型ソリオと迷っていることをディーラーに伝えることは有効です。

新型トールは、現状ではまだ新型ソリオから客を奪いきることができていないため、安くしてくれるならソリオではなくトールを購入すると伝えれば値引き交渉がスムーズに行く可能性があります。

基本的には近隣でのソリオの見積もり・価格を確認しておき、その情報を元に新型トールの値引き交渉を行いましょう。

値引き競合車をソリオにする場合の注意点

ソリオは2016年11月にハイブリッドタイプを発売し、大きく売りだしています。

ハイブリッドタイプは値段が高いので、できれば現行タイプのソリオの見積もり・価格情報をつかむようにしましょう。

ハイブリッド非搭載のソリオは価格が安いので、値引き交渉で競合させるには最適です。
無理な場合はハイブリッドタイプでも構いません。

新型トールは新車のため、大幅な値引きは期待できない点は注意が必要ですが、一定の値引きは実現できるはずです。

ソリオが無理な場合はトヨタ新型ルーミー・タンクで値引き競合させる

スズキ新型ソリオを除き、ダイハツ新型トールの競合車に挙げられるのがトヨタ新型ルーミーとタンクです。ルーミーとタンクの発売日は、トールと同じ2016年11月です。

厳密には、開発元がダイハツであるため「姉妹車」と言うこともできますが、ブランドが異なるので値引き交渉で利用できます。

もし近隣にトヨタ系列の販売店があるのであれば、そこでルーミー・タンクの見積もり・価格を確認するようにしましょう。

トールとルーミーとタンクの関係について

「トール」とタンク・ルーミは2016年11月に同時発売されています。

同じタイプの車が、別ブランドから登場するのは過去あまりない例です。

開発はダイハツと共通しているので、大きな違いこそありませんが、外観やエクステリア・値段の面では違いがあります。

同じグレードの場合は、トールの方が価格は安いということができます。(ただ、オプションに関してはトールの方が高い傾向にあります。)

元々、トールの方が安いので、トヨタ新型ルーミー・タンクを競合させた場合は、大きな値引きは期待できないかもしれません。それでも競合させるには充分な素材です。

反対に、トヨタ新型ルーミー・タンクを購入する場合に、トールをライバル車にする方法は非常に有効になるでしょう。

値引きの競合車としてはソリオがおすすめ!

価格の観点から言えば、値引きするために競わせる車としてはソリオが最適です。
これほど、明確なライバル車はなかなか存在しません。

トールの値引きを行う場合、ソリオの見積もり・価格情報を優先して集めるようにしましょう。

ソリオが無理と言う場合は、ルーミーとタンクを競合車にする流れがおすすめです。

値引きでは必ず他の車と競合させる必要があるので、上記の車名は覚えておきましょう。

具体的なダイハツ新型トールの値引きのコツ

車の値引きでは12月や6月などの決算月を狙うと良いと言われていますが、必要不可欠なレベルではありません。

それよりも、自分が買いたいと思った時の方が、行動力が生まれるので大切です。
値引きでは何よりもモチベーション・熱意が優先されるべきです。

point

まず自宅の近隣で、ライバル車であるスズキ新型ソリオの見積もり・価格情報を集めましょう。
さらに、魅力などもチェックするようにして下さい。

ソリオは2016年11月にハイブリッドタイプも選択できるようになりましたが、できれば価格の安い現行タイプの見積もり・価格情報を集めるようにしましょう。

現行タイプがない場合は、ハイブリッドタイプでもかまいません。

冷やかしではなく車を買いたい意思をハッキリ伝える

トールを購入する場合、ディーラーには必ず、冷やかしではなく車を買う意思があることをハッキリと伝えましょう。

これが値引き交渉する上で最も大切なポイントになります。

「このお客様は買う意思がある」

とディーラーに伝われば、間違いなく値引き交渉はスムーズに運びます。

競合車と購入を迷っている旨を伝えましょう

次に、トールの競合車とどちらを購入するのか、迷っていることを伝えましょう。

例えばトールとソリオで悩むのは当然のことであり、ディーラーにも共感して貰えます。

その上で、安くしてくれるのであればトールにしたい、という気持ちを打ち明ければ、値引きに応じてくれる可能性は高いと言えるでしょう。

ここまで見て頂いて分かりますが、やることはシンプルです。

あまり細かいことは考えず、この方法で値引きを行うのがおすすめです。

ディーラーとフィーリングが悪い場合は引くこと!

値引き交渉では、相手のディーラーの人間性に左右される部分があります。

話を良く聞いてくれて、親切な人であれば値引きもスムーズで順調に進みますが、必ずしもそういう展開になるとは限りません。

値引き交渉方法では、基本となる型がありますが、それでも相手との相性が悪いと感じた場合は引くことが得策です。

雑誌やネット上でもあまり書かれていませんが、意外と大切なポイントです。

フィーリングが悪ければ上手くいくものも上手くいきません。
少し時間をおいて違う担当者を狙うか、異なる店舗に行く方が得策です。

値引きはディーラーの人間性に左右されるということは覚えておきましょう。

ダイハツ新型トールのオプション値引きの注意点

ダイハツ新型トールは、オプションが非常に充実しているのが特徴です。

そのためオプションを購入される方も多いと思います。

ただ、オプションの値引き交渉をもし行う場合は、絶対に最初に言わないようにして下さい。

最初にオプションの値引きが成立すると、本体価格の値引き率が甘くなってしまうからです。

オプション割引までは考えなくても良い

あくまでも本体価格の値引きが主になりますので、それが成立した後で、オプションの値引きについては打診してみましょう。

いわゆるディーラーオプションに関しては、値引きできることがありますので、安くしてくれるのであればオプションをつけます、という方向性に話を持っていけば値引きして貰える可能性があります。

その他、経費を浮かせる方法とは?

本体価格、オプションの値引きについては以上となりますが、さらに細かい点で経費を浮かせる方法をご紹介します。

細かいテクニックは別項目で書いていますので、簡単にまとめておきます。

自動車購入時にはさまざまな諸経費が発生します。
代表的なのは税金や保険ですが、その他にも細かい経費が発生します。

この中で、経費を浮かせることができるものがあります。

ご存じの方もいるかもしれませんが「納車費用」と「車庫証明費用」です。

1.納車費用を浮かす

納車費用については、自分でディーラーまで受け取りに行けば削減することができます。

電化製品をお店から自分で持ち帰るようなイメージですね。

大体1万円~1万5千円程度、削減できるので、それでも良いという方はディーラーに伝えるようにしましょう。

2.車庫証明費用を浮かす

車庫証明に関しては、基本的にディーラーにお願いせずに自分で書けば1万円程度の経費節減になります。車庫証明を自分で書くのはスタンダードになりつつあり、それほど難しいことではありません。

必要な資料はディーラーか警察署で貰えるので、時間があれば自分で手続きしましょう。

【注意】値引き交渉の前は絶対に下取り査定をしましょう!

値引き交渉をする前に、必ず行っておくべきなのが車の下取り査定です。

ディーラーで提示される下取り価格は安く見積もられているので、例え値引きで成功しても、後で後悔することになります。

だからこそ値引き以上に、事前の下取り査定に力を入れるようにしましょう。

そのため、そのためあらかじめWEBの一括査定サービスを利用し、自分自身で下取り査定価格の高いデータを入手しておきましょう。

そのデータをディーラーに見せれば、下取り価格を上げてくれるはずです。

ネットの一括査定サービスはデータが充実し、即時性のあるかんたん車査定を利用しましょう。
しつこい勧誘もなく査定についてはこちらで間違いありません。

下記にて、無料ですぐに査定データを取得できます。

↓かんたん査定ガイドの公式サイトは下記より。

ダイハツ新型トールの値引き交渉方法のまとめ

ダイハツ新型トールは発売されたばかりのため、値引き交渉についても情報があまり出回っていません。しかし、本ページの情報を抑えておけば充分と言えるでしょう。

競合車についてもいくつかありましたが、優先順位を間違えないようにして下さい。

新型トールに関しては、新型で非常に売れているという点を考慮すると、大幅な値引きは期待しないことが得策です。

しかしながら、今回ご紹介した方法を用いれば納得できる値引きができるはずです。

トールはオプションが充実しているので、オプション購入を検討している方は、どのオプションを購入するかのリストを作っておき、それぞれ値引き交渉のイメージをするのもおすすめです。

ダイハツ新型トールは毎日を豊かにしてくれる

コンパクトでありながら広さがあり、品格を兼ね備え、高い積載性を誇り、価格もリーズナブルな新型トールは、自動車の一つの完成形と言えるでしょう。

何よりもオプションが充実しているので、車一台あるだけで毎日が楽しく、豊かになります。

家族乗りはもちろん一人乗りでもかなり楽しめるのは間違いありません。

ここまで万能性の高い自動車は希少でありますので、ぜひ店頭で触れてみて下さい。
ワクワクするような毎日が送れるはずです。