Pocket

車体はコンパクトだけど、多くの荷物や大きな荷物が乗せられる車に乗り換えたい。
そんな方におすすめの車が、「トヨタ・タンク」と「スズキ・ソリオ」です。

両車とも、コンパクトなサイズの車でありながら、室内空間が広々!
背の高いトールワゴンタイプで、自転車も積み込み可能。まさに実用性抜群のコンパクトカーと言えます。

ところで、両車とも同じようなコンパクトサイズで、収納性が優れているのであれば、どのような点に違いがあるのか? 気になりますよね。

そこでこの記事では、価格や乗り心地をはじめ6項目に分けてまとめました。

トヨタ・タンクとソリオについて

トヨタ・タンクとは

「タンク」とは、トヨタが2016年11月に販売した、トールワゴン型のコンパクトカーです。
ダイハツ「トール」をベースとして供給された車となっています。

「1LD-CAR」(ワン・エル・ディー・カー)をコンセプトとした、居住性や室内空間の広さがウリとなっています!

スズキ・ソリオとは

スズキの軽自動車「ワゴンR」から誕生した、こちらもトールワゴン型のコンパクトカーです。
2016年11月に、新グレードとしてフルハイブリッド型のものが販売されており、まさに進化し続けている人気の車なのです。

トヨタ・タンクとスズキ・ソリオの違いまとめ

それでは、タンクとソリオ、両車を評価してみましょう。
以下、ポイント別にご紹介していきます。

  1. エクステリア
  2. インテリア
  3. 収納性
  4. 燃費
  5. 価格
  6. 走行性、乗り心地

※両車とも、ベースグレード(ガソリン車)で比較。
タンク → Xグレード
ソリオ → Gグレード

1.エクステリア

トヨタ・タンク

tank-hikaku
(出典:http://toyota.jp/

タンクの顔つきは、とてもスタイリッシュです。
キリッとしたフロントライトが、その精悍さを際立てていますね。

カラーバリエーションは2トーンも含め14種と充実し、デザイン性が高い点も見逃せません。

スズキ・ソリオ

solio-hikaku
(出典:http://www.suzuki.co.jp/

街中に溶け込みやすく、親しみがありシンプルなデザイン。
大人しく無難な感じでまとまっており、あまり個性は感じられないかもしれません。

まとめ:タンクの方がスタイリッシュで精悍な顔つき。
ソリオは無難にまとまっている落ち着いたデザイン。

2.インテリア

トヨタ・タンク

フロントガラスが大きく、Aピラーにもガラスがはめ込まれているので、視界は良好。
室内空間は広く、居住性も抜群です!
(室内全長 2,180mm、室内幅 1,670mm、室内高 1,355mm)

また、リアシートは6:4分割式、ヘッドレストも三つ付いているので、大人三人乗ることも可能です。 ドリンクホルダーには、500mlの紙パックも収納可能。また、スマホホルダーとしても使え利便性も高いです。

一方でシートが少し硬い、といった口コミも目立ちました。

スズキ・ソリオ

ソリオは、トールワゴン型コンパクトカーの中でも、No.1の高さを誇ります!
(室内全長 2,515mm 室内幅 1,420mm、 室内高 1,360mm)

後ろ席は足元も頭上もゆったりとしていて、荷物が積み込みやすいです。シートは若干堅いと言われることもありますが、乗り心地は快適そのもの。

また、シンプルなデザインで、親しみやすいインテリアが特徴。 ドリンクホルダーの使い勝手が良く、運転席側では紙コップも置けて、リアシートにもあります。

なお、ソリオはセンターメーターとなるので、タコメーターなどが見づらい、といった意見も。
また、リアシートは5:5分割で中央が座りづらく、ヘッドレストが2つしかないので、後ろに三人乗せるのはキツいかもしれません。

まとめ:両車とも、室内空間が広々として、居住性に文句なし!
タンクはシートの座り心地がネックで、ソリオは後部座席に基本2人がメインとなるのが欠点かもしれません。

3.収納性

トヨタ・タンク

「センターダストBOX」「センタークラスターポケット」など、運転席周りに収納スペースがたくさんあります。
助手席と運転席の間にも収納スペースがあり、無駄がありません。後部座席にも、ちょっとした収納スペースがあります。

ラゲッジスペースには、ラゲッジボードがあります。これを持ち上げることにより、背の高い荷物もラクラクと積み込み可能!収納は大充実と言えます。

ただし、リアシートは完全なフルフラット化が出来ません。

スズキ・ソリオ

センターメーターにより、運転席前には大きな収納ボックスがついています。
内側にUSBソケットが内蔵されていたりと、利便性も抜群!

後部座席のシート操作は、操作レバーがリアシートの背もたれ部分にあるので、荷室側からでも操作が可能となっています。

リアシートを前方に倒した、完全なフルフラット化も可能です。

まとめ:タンク・ソリオ共に、収納スペースが多く、工夫されています。
ラゲッジスペースに関しては、フルフラット可能で、荷室側からでもリアシートの操作可能なソリオの方が、利便性が上ですね。

4.燃費

トヨタ・タンク

JC08モード燃費:24,6km/L
実燃費:15〜16km/L

スズキ・ソリオ

JC08モード燃費:24,8km/L
実燃費:14〜15km/L

総評:JC08モード・実燃費共に、両者とも大きな差はありません。

ただ、ソリオハイブリッドを選んだ場合は、ソリオの方が高燃費であると言えるでしょう。

5.価格

トヨタ・タンク

146万3400円~200万8800円

スズキ・ソリオ

145万4760円~206万2800円(ガソリン)

191万7000円~212万2200円(ハイブリッド)

ハイブリッドタイプになると価格が高くなるので、注意が必要です。
それ以外の価格帯はほぼ同じです。

6.走行性・乗り心地

トヨタ・タンク

タンクは「1,000cc」とあって、少し非力だと感じる口コミが良く見られます。
街乗りにはちょうどいいのですが、高速では少し不安定かもしれません。
道路の突き上げや、ガタガタは拾いやすいとの口コミも多いです。

シートは少し硬めですが、シートや空間設計はゆとりがあり、快適な乗り心地を実現しています。特に後席の作り込みは評判が高いです。

実際購入した方の口コミでは、「思っていたよりしっかり走る」という声もあり、心配するほどではありません。

スズキ・ソリオ

「1,200cc」らしい、可もなく不可もない、無難な運転操作との口コミが多いです。
直進の安定性があるので、運転しやすいとの意見も。
ただし、加速が少し弱く、道路のゴツゴツを拾いやすいようです。

こちらもシートは堅めですが、乗り心地は良いと評判です。高さもあるので開放感も抜群!

まとめ:タンクは「1,000cc」なため、馬力が弱め。
両車とも「ロードノイズが気になる」「道のガタガタを拾いやすい」といった意見がありますが、コンパクトカーならではと言えるでしょう。乗り心地は共に水準クラスです。

全体のまとめ!

以上をまとめると、

タンク

人気のトヨタブランド。デザイン性の高さも人気。後部座席に三人搭乗可能。街乗りに必要な機能を全て備え、利便性や収納も抜群。ただし少し力不足。

ソリオ

コンパクトワゴンカーで一番背が高い。広々とした室内、フルフラット可でこちらも利便性や収納が抜群。収納性はタンクを上回る充実ぶり。ただし、基本四人乗り。
ハイブリッドの価格には注意が必要。

となります!

タンクが売上好調な理由としては、「トヨタブランド」であること、街乗りに必要な全ての最新機能を備え、タウンカーとしてタンクは完成形と言っても過言ではありません。

ソリオに関してはハイブリッドタイプもあり、タンク以上に「走り」に特化していると言うことができます。買い物だけでなく、ちょっとした遠出にも最適ですね。

後は自分の好みや目的に合わせて、トヨタ・タンクorスズキ・ソリオ、選んでみてください。

タンクの最新の値引き情報はこちら!

タンクの値引きをすると何十万円も得をするのをご存じですか?

タンクの値引きにはシンプルなやり方があり、誰でも実行することができます。

実際に値引きすることで、何十万円も安く購入できます。

値引きについては下記の記事を見ておけば、簡単にできます。
ぜひ流れをつかんでおきましょう。
トヨタ新型タンクの値引き情報!最新相場や安く買うコツは?