Pocket

toyota-tank3
2016年11月に発売されたトヨタ新型タンクの最新値引き情報をまとめました。

これから購入する場合、最も知っておきたいのが 値引き相場ではないでしょうか?

売上好調の人気車種ですが、雑誌やインターネットの口コミでも値引きができたという報告が多く寄せられています。

このページではタンクの値引き相場や、安く買うためのコツをご紹介していきます。

新型タンクの最新値引き平均相場

toyota-tank 5
(出典:https://toyota.jp/

本体価格の値引き相場

11~12万円

トヨタの新型タンクは5つのグレードで発売されていますが、本体価格が上位モデルで1,965,600円~下位モデル1,463,400円と開きがあります。

実際の口コミ、カーメディア、雑誌を平均化して算出した値引平均は11~12万円

実際に上手くいった例ではライバル車との競合や、下取りアップが目立ちました。

値引きの目標としては上位グレードなら15万円、下位グレードなら10万円値引きできれば上出来と言えるでしょう。

オプションの値引き相場

5~10万円

一般にタンクのディーラーオプションは高めの価格設定がされており、値引きに対応しているのでオプションは5~10万円の値引が目安となりますす。

本体価格の値引きは辛口なため、値引き限界を目指すならオプション値引きは必須。

現在、確認されるタンクの限界値引き額は40万円。

そこまで行かずとも、オプション値引きを加えれば20万円を目標にできます。
メーカーオプションとディーラーオプションは値引き可?

値引き限界を狙うなら下取りアップは必須!

ディーラー下取り価格を引き上げ、タンクを安く購入することもポイントです。

やり方は簡単で、もっとも定番の「かんたん車査定」で無料の一括見積もりし、その結果をディーラーに見せるだけ。

これだけでも、下取り価格がグッと上がる場合があります。

WEBの一括査定は無料で1分以内でできるので、確実に済ませておきましょう。

新型タンクの値引き相場のポイントまとめ!

トヨタ新型タンクの値引き相場を改めてまとめると以下の通りです。

・値引き相場は11~12万円前後。
・目標額は上位グレードで15万円、下位グレードで10万円なら上出来。
・ディーラー下取り、オプション割引を含めると20万円まで目指せる。

新車の値引きは本体価格からの値引きが基本です。
初心者の方は、こちらの相場を押さえておけば大丈夫です。

可能であればオプション値引き、下取りアップを行い、値引き限界を目指しましょう。

トヨタ新型タンクの値引き額をアップさせるコツ

toyota-tank5

新型タンクの値引き額をアップさせるポイントは以下となります。

・適切な競合車との競合
・ディーラー下取り額をアップさせる

トヨタ新型タンクのライバル車は、実はそれほど多くありません。
タンクは、ミニバンや軽自動車など全ての良いところが凝縮された新型車です。

また、ディーラー下取り額をアップさせるための交渉も重要になります。
下記ではそれぞれについて解説していきます。

トヨタ新型タンクの競合車は?

トヨタ新型タンクの競合車は何といってもスズキ・ソリオをおいて他にありません。

元々、タンクが登場するまで、コンパクトハイトワゴンと呼ばれる車種は、国内でソリオしかありませんでした。

タンクはソリオキラーとして発売された側面が大きい車種です。

値引きをする際のライバル車の優先順位としてはソリオを優先させましょう。

ソリオ以外の競合車は?

ソリオ以外の競合車としては、同時発売され姉妹車にあたるダイハツ・トールがあります。

ダイハツ・トールは、タンクと比べると若干割安な設定となっています。
そのため、タンクの値引きを引き出しやすいライバル車と言えます。

トヨタ新型タンクの値引き交渉の流れ

トヨタ・タンクは2016年11月に発売してまだ、時期が経過していない新型モデルですので、本体の値引は基本的に少ないです。

ただ、タンクには競合車であるスズキ・ソリオがあり、そこを切り口にしていきます。
なお、前述したダイハツ・トールでも同じ方法で可能です。

スズキ・ソリオの販売店で見積もりを入手する

solio-g
(出典:http://www.suzuki.co.jp/

まずはソリオ販売店に足を運び、そこで見積もりを入手します。
一手間かかりますが、ここは割りきって行いましょう。

ソリオは直近で、ソリオのハイブリッドタイプを新発売して押し出しています。
ただ、できれば通常の安いモデルの見積もりを入手するようにしましょう。

見積もり価格が安いほど、タンクの値引き交渉も進めやすくなるためです。

ソリオの見積もりを持ってタンクの販売店に行く

トヨタタンクの販売店に行ったら、ソリオとの購入を迷っていることをディラーに伝えます。

この時、必ず購入する意思があることを伝えましょう。
お客が買うことが伝わるとディーラーも本気になります。

その上で、見積もりは直接見せず、タンクが欲しいがソリオが安いので迷っていることを伝えて、値引きを打診していきましょう。

こちらが満足いく値引き額が提示されない場合、いったん保留として持ち帰ります。
基本的にこれを繰り返せば問題ありません。

値引きをする上での注意点

最後に、値引きをする上での注意点が2つありますので明記しておきます

  • 最初から値引きの話をしないこと。
  • しつこい値引き交渉は行わないこと。

ディーラーとはその後もお付き合いするケースがあります。
最低限のマナーは抑えた上で、値引き交渉を行っていきましょう。

ディーラー下取り額は必ずアップしてもらうこと!

最後に、忘れがちなディーラー下取り額のアップについて注意点を挙げておきます。

多くの人はディーラーの下取りにおいて損をしています。

それは、普通にお願いしてしまうと、非常に安く買い取られてしまうからです。

ディーラー下取りをお願するのは便利ですが、必ず事前に見積もりを用意しておき、ディーラーに見せるようにして下さい。

見積もりは複数取っておくことがベストですが、ネットを利用すれば一瞬で入手できます。

一括査定として最も有名な「かんたん車査定」は、最も定番かつ複数の見積もりが得られるので事前に活用しておきましょう。

下記にて、無料で今すぐ査定をすることが可能です。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

車の値引きを行う上で、ディーラー下取り交渉も非常に重要な要素となります。

これだけでも数十万円の差がでることがあり、必ず事前に見積もりを入手しておきましょう。

トヨタ新型タンクは新しく、人気の車です。
それでも、今回挙げたポイントを抑えれば値引き可能なので、実践して行きましょう。

スポンサーリンク