Pocket

低燃費のモデルと完成度の高いスポーティーな作りが注目を集めているスイフトスポーツ。

新型になってますます人気を高めたこの車種の値引き相場はどれぐらいか。
実際にどれぐらいの価格で購入でき、値引きの目標、限界額はどれぐらいなのかまとめました。

値引きのコツと共に併せてご参考にしてください。

新型スイフトスポーツの本体の値引き相場は?

スイフトスポーツの値引き
(出典:http://www.suzuki.co.jp/

スイフトスポーツの最新値引き相場は、以下の通りです。
雑誌、ウェブの大手メディアの情報を全て「平均化」して算出しています。

本体価格の割引:10万円~14万円

オプションの割引:5万円

基本的には上記の数字を意識して、値引きを行っていきましょう。

それぞれの値引きのポイントは後述していますので、ご確認ください。

値引きのチャンスは広がっている

新型スイフトスポーツの値引きのチャンスがかなり広がっていると言われています。

これまでなかなかディーラー側も渋い反応が多かったのですが、発売からある程度時間が経過したことで多少緩さも見られているためです。

発売前から注目されていた車種ということもあって予約も多く値引きの必要を感じていなかった状況から変化が出ていると言えます。

オプションをつければ更にお得になる

これまでよりも大幅に値引きされる、とまではいかないでしょうが、交渉や購入方法ひとつでかなりお得にできる状況ではあります。

また、新車の値引き交渉ではオプションをどれだけつけて、併せて安くしてもらえるかも大事な点です。
新型スイフトスポーツでも同様で、うまくオプションと組み合わせれば15万円以上、さらには20万円近くまで安くできる例もあります。

スイフトスポーツの値引き限界額

値引きの限界額については下記の通りです。

値引き限界額:30万円 (本体+オプション割引の合計)

あくまで限界額であり、基本的には先に挙げた値引き相場を目安にしてください。

そして、余裕がある場合はオプション値引きも検討してみましょう。

スイフトスポーツのオプション値引きの注意点

オプション値引きをする場合、どんなオプションをつけるか?が問題になるわけですが、ポイントは2つあります。

必ず自分が必要なものを選ぶ

いくら安くしてもらえるといってもあまり必要ないものを買ってしまえば結局は損です。
車を値引きしてもらうために必要ないオプションを買ってしまうのは本末転倒。

交渉の際には店側から「このオプションをお付けすれば合計金額で○○万円値引きさせてもらいます」といった話も出てくるかもしれませんが、金額に乗せられずワンクッションおいてよく考えてから判断を下しましょう。

オプションの種類に注意

たとえばカーナビの場合、純正品は市販のものに比べてかなり高くつきます。
いくに値引き額が高くなったとしても市販のカーナビで安く済ませた場合よりも全体の金額が高いケースは少なくありません。

オプションは全体的に純正品のほうが高いわけですが、この場合は純正品を選ぶメリットが高いものを選ぶのが鉄則です。

オプションは品質や耐久性が高いものを選ぶ

具体的にはドアバイザーやフロアマットなど「品質」や「耐久性」が問われるものです。

こうしたものをとうまく組み合わせて値引き交渉に持ち込めれば安く購入できるうえに品質の高いものをゲットするチャンスが得られます。

このあたりの取捨選択と駆け引きは値引き交渉のポイントであり、醍醐味でもあるので店側の話を聞きながら交渉していきましょう。

値引き交渉に大切なのは「競合」

本体価格の値引き相場は10万円~14万円程度が基本ラインとなっています。

かつては10万円を突破することも難しい時期もあっただけに、かなり相場が緩くなったとも考えられます。

値引きの際には、定番ですが他のメーカーのライバル車との競合させるのが有効です。

競合させる時のポイント

「○○社の○○とどちらを買おうか悩んでいる」と相手にアピールして「自社の車を買ってもらおう」と思わせて下さい。こちらが基本です。

実際にライバル車を検討しているかどうかは問題ではなく、あくまで「フリ」をするだけでも問題ありません。わざとらしく振舞わないよう注意も必要です。

また、車を購入する意思があることが伝わると、値引きを有利に進められます。

競合させる車はなんでもよいというわけではなく、新型スイフトスポーツとできるだけ「かぶる」車を選ぶことがポイントです。
性能や価格面、イメージが似通っていてよく比較される車種を選びましょう。

新型スイフトスポーツの競合車

新型スイフトスポーツの競合車は以下の通りです。

  • トヨタ新型ヴィッツ
  • ホンダ新型フィット
  • 日産新型ノート
  • その他、コンパクトカー

その際にはできるだけお店の近くにそのメーカーのお店がある車種を選ぶとよいでしょう。
「ここでダメならその足であっちの店に行こう」と店側に思わせるわけです。

店も日ごろからライバルを意識しているでしょうから、交渉もスムーズに運びます。

隣県越境のテクニックは有効

なお、この点に関しては「隣県越境」と呼ばれる県をまたいで競合させるテクニックも非常に有効とされています。

たとえば神奈川県の店で交渉するときには東京都の店を意識させるとライバル心をかきたてて交渉に応じてくれやすくなるというわけです。

県境に住んでいる方は頭に入れたうえでお店を選んでみるとよいかもしれません。

値引きの時期には注意

3月、9月の決算シーズンや車の販売が落ち込む12月は値引き交渉しやすいといわれています。

ただし、安く買える時期には納車が遅れてしまうことも多く、1~2ヶ月、さらに3ヶ月以上待たされてしまうこともあります。

また、雑誌やネット上で言われるほど値引きの時期における優劣はありません。

自分自身が買いたいと思った時に買ってしまうことが間違いなくベストです。

まとめ

今後新型スイフトスポーツはさらに値引きをしやすい環境になっていくと予想されています。

それだけに今回取り上げたような情報をうまく取り入れたうえで店側と交渉してみてください。

オプション込みで20万円を越えたら大成功、ぜひそれくらいの値引きを実現したいところです

車の下取り価格で絶対に損しないためのコツは?

値引きが上手くいっても、車の下取りで損をする人が後を絶ちません。

ディーラー下取りは安く買い叩かれてしまうことは常識ですが、そのことを知らずに損をしている方が大勢います。

車の購入では値引きと同じくらい、下取り価格を上げることが大切です。
大幅に上げられるとは限りませんが、必ずできる限りの準備をしておきましょう。

やることは簡単であるため覚えておきましょう。

事前に下取りの見積もりを複数用意しておくだけ

車の下取りで安く買い叩かれないためには、事前に複数の下取りの見積もりを用意します。

複数のお店に足を運ぶのは大変なので、ウェブで一括見積もりを入手ると便利です。

かんたん車査定」は多くの方が利用しており、無料で一瞬で一括見積もりが入手できます。

下記にて、無料で今すぐ査定をすることが可能です。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

最近は、ディーラー側もこうした情報が入っているため過度な期待はできませんが、やれることをやっておけば後悔することはありません。

最低限の準備だけは必ず行っておきましょう。

スポンサーリンク