Pocket

2017年9月に発売されたスズキ新型スイフトスポーツ。

走行性と燃費性能を兼ね備えたスポーツモデルとして口コミで高い評判を得ています。

コンパクトカーのスイフトをベースにスポーツモデルとして開発されているためデザインや乗り心地にも配慮されて、長距離での移動はもちろん、市街地の使用にも適しています。

評価が出揃いつつある今、口コミを通じて良い点と悪い点を整理しました。

新型スイフトスポーツのエクステリアについての口コミは?

スイフトスポーツの口コミ
(出典:http://www.suzuki.co.jp/

スポーツモデルであるため運転しやすく、すでに定評のあるスイトシリーズですから口コミでも低い評価は見られません。

初の3ナンバーボディも好評で、外観についてもノーマルスイフトと比べても「格好良さが断然増した」と評判です。
今回が初採用となるチャンピョンイエローのボディカラーも人気です。

一方で、旧型と比較した場合に気になる点もありました。

旧型と比較してもエクステリアに大きな変化なし

特徴としては全幅が拡張した一方で車内の幅は変わっていないこと。

つまり大きくなったけど広くはなっていないということになります。
これは幅が広がったのがフェンダー部分が広がったためによるもので、新型のメリットはほとんどありません。

視界に関して気になる口コミも

また、視界に関しては注意すべき点もあり、斜め後方のピラーが太くなってしまった結果、視界がやや悪化してしまっています。
それほど気になるものではありませんが、口コミでも指摘する声が一部で見られました。


「大きくなったので広々として視界もよくなったと思ったのですが…代わり映えがなくかえって視野が狭くなったような気も。
ただ大きくなったといっても小回りが利くので運転しにくくなったといったことはありません」


「視野が狭くなったということですが、気になりませんでした。
むしろここまで性能がアップしてもコンパクトで小回りが利く性能をキープしているのがすごいと思います」

新型スイフトスポーツの内装の口コミと評判

スイフトスポーツの評判
(出典:http://www.suzuki.co.jp/

コンパクトカーとなると気になるのがやはり快適性です。

この点において新型スイフトは非常に高い評判を集めています。

車内の幅が旧型と変わっていないと書きましたが、元々すわり心地が良いことに加え、シートは新たに開発されたセミパケットシートを採用することで長時間の運転・移動でも体に負担をかけることなく快適に乗り続けることができます。

体のフィット感も抜群!足元の狭さは口コミで賛否も

さらに着座位置の高さを調節するためのリフターもあり、身長や体型を問わずシートがフィットする点も魅力です。

ただ足元はちょっと狭く、大人が4人乗ると窮屈な感じをしてしまうかもしれません。
この点は口コミの評判でも賛否両論が出ていました。


「旧タイプよりもずっと快適に気持ちよく座ることができるようになりました!足元が窮屈との評価もありますが、コンパクトカーなのですから多少は仕方がないでしょう。
高速道路を利用して長距離の移動に使ったりもするのですが、肩や腰が痛くなることもなく気持ちよく運転できています」


「ちょっと足元が窮屈かな…膝の位置がちょっと気になります。
それ以外は問題なし。
コンパクトカーの限界なのでしょうか」

なお、スイフトシリーズは荷室がちょっと狭いとの評判もありますが、この新型スイフトスポーツでも基本的には同様で、とくに奥行きに欠けているのが難点といえば難点です。

新型スイフトスポーツの燃費性能の評判は?

コンパクトカー&スポーツモデルの最大の懸念材料といってもいいのが燃費性能。

気持ちよく加速してくれるのはいいけど燃費が食うのでは…と思う方も多いでしょう。
新型スイフトスポーツの燃費性能は基本となる「JC08モード」でのデータで「16.4km/l」となっています。

長距離や高速道路向き

この点に関してはどこで走らせるかではっきりと評価が分かれる状況になっています。
簡単に言えばスポーツモデルらしく速度を出して長距離を運転する高速道路では評価が高い一方、市街地ではちょっと物足りないとの評判も見られました。

実際のところこのあたりの口コミはどうなっているのでしょうか。


「日常での使用がメインですが、買い物などでの利用ではちょっと燃費性能が気になりますね。
アイドリングストップを備えていないのが原因らしいのですが。マツダのデミオなど他のメーカーの競合車に比べると若干見劣りします。
ただ休日のドライブなどでは逆に燃費と走行性能のバランスが取れているので非常によい車だと思います」


「スポーツタイプなんだから高速で飛ばさなきゃ!というわけで休日に高速道路を飛ばしています。
高速道路での燃費性能はリッター20kmを超えるレベルということで、さすがにスポーツモデルらしく高いレベルに感じます。
他の競合車に比べると燃費性能が低いなんて評価もありますが、加速性やハンドリングのよさ、GT性能などを考えれば十分許容範囲内。
燃費だけでは判断できない魅力を持っていると思います」

走行性に対しての反応はどんな感じ?

スイフトスポーツの口コミと評判
(出典:http://www.suzuki.co.jp/

さすがにスポーツモデルということもあってハンドリングは良好、車両も非常に敏感・正確に反応してくれます。
とくに坂道や急カーブなどで威力を発揮してくれると口コミでも評判です。

非常ボディが軽い点も新型スイフトスポーツの特徴ですが、その軽さからは信じられないほど安定していると評判です。

走行性能は文句なしにトップクラスと言えるでしょう。


「すばらしいですね。
やっぱりスポーツモデルということでアウトドアでその魅力を堪能できます。
車が体の一部のように…とはちょっと大げさですが、こちらの意のままに動いてくれる感じがします」


「全体的なバランスがすばらしいと思います。
正確なので安心、というだけでなく何よりも運転していて楽しいです。
こちらのハンドルさばきに正確に反応してくれるのでカーブを曲がるのが楽しみなくらいです」

安全装備ではスズキの「デュアルセンサーブレーキサポート」が搭載されており、赤外線レーザーと単眼カメラの2つのセンサーで歩行者や車両を察知して自動ブレーキを作動されることができます。

さらに車線から外れそうになったときにパワーステアリングに力を与えて車線内に戻す「車線逸脱抑制機能」もついています。


「幸いこうした機能が役立つ機会はまだありませんが、機能がついているというだけでも安心して運転ができます」

など安心を与えてくれる点も高く評価されています。

新型スイフトスポーツの価格への口コミは?

価格はおおむね手ごろでコストパフォーマンスが高いとの評価が得られています。

低価格でありながら、燃費・走りの質が高く、お得感があるとの口コミが殆どでした。


「ライバル車に比べても割安ですし、この実燃費でこの価格ならコストパフォーマンスも良好です。
今すぐにでも買いたいレベルです。」


「クオリティを考えた場合、どう考えても安いと思います。」

新型スイフトスポーツの口コミと評判まとめ

スイフトスポーツは、低価格であることに加え、非常に完成度の高い車種であり日本カーオブザイヤーも受賞しています。

今回はデメリットに関する口コミもご紹介しましたが、大きな欠点は見当たりません。

「迷わず買えるコンパクトカー」と言っても過言ではなく、走りを重視する方には非常におすすめの車種と言えるでしょう。

スポーツモデルのコンパクトカーとしては非常に高いポテンシャルを備えていることは口コミや評判を見ても明白です。

2018年以降を代表する車の一つになることは間違いありません。

新型スイフトスポーツの値引き情報はこちら!

新型スイフトスポーツの値引きをすると非常に得なのをご存じですか?

スイフトスポーツの値引きには簡単なやり方があり、誰でも実践することができます。

現在は実際に値引きすることで、数万~数十万円も安く購入することが可能です。

値引きについては下記の記事を見ておけば、簡単にできます。
ぜひ流れをつかんでおきましょう。
新型スイフトスポーツの値引き情報!最新相場と値引き方法のまとめ