Pocket

swift-option

スイフトといえば、スズキが販売しているハッチバック型のコンパクトカーです。
走行性に評判が高く、世界的にも人気が高い車として知られます。

2017年には、7月にフルハイブリッドの新型、そして9月には新型スイフトスポーツが販売されました!

ところで、購入の際に悩むのが、オプションを付けるべきかどうか?
どんなオプションがあるのか…、どのオプションをつければいいのか…、なんて、迷ってしまいますよね。

そんなあなたのために、この記事では、必ずつけるべきオプションをご紹介します。
そのおすすめオプションとは、

1.「セーフティパッケージ」
2.「全方位モニター用カメラパッケージ」

の2つです。

このオプションを装備すれば、安全性能が一気に上がるので、安心感がまるで違います。
他にも、いろいろな便利機能が付いてくるのも魅力です!

ここでは、上記のおすすめオプションがなぜ必要か? 解説していきます。

また、質問の多いスピーカーやカーナビ選びについても触れています。
この記事を参考にしながら、しっかりと検討してみてくださいね。

スズキ・スイフトのおすすめオプションを解説!

この記事での、スズキ・スイフトのおすすめオプションは、

  • 「セーフティパッケージ」
  • 「全方位モニター用カメラパッケージ」

上記2つは、主に安全性能に関する必須のオプションとなります。

それぞれ、メーカーオプションなので、注文時にのみお申し込みができます。
以下、詳しく解説していきます!

セーフティパッケージ装着車

車両本体価格+ ¥96,120-

装備一覧

  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト機能
  • SRSカーテンエアバッグ
  • フロントシートSRSサイドエアバッグ
  • アダプティブクルーズコントロール
  • リアシートベルトフォースリミッター&プリテンショナー(左右2名分)
  • 運転席センターアームレスト

上記のように安全面が充実した内容になっていて、僅か9万円プラスするだけなので入っておいた方が良いでしょう。

装備を詳しく解説

a.ディアルセンサーブレーキサポート

レーダーと単眼カメラを用いて、前方への衝突・誤発進や車線逸脱を防いだり、お知らせしてくれる安全装置です。

これら安全技術は、国土交通省と自動車事故対策機構が実施している「JNCAP予防安全性能アセスメント」において、2016年度の最高ランクを獲得しています。
安全技術の性能が高いことが、データとして証明されているのです。

より安全性を確保するためにも、必ず利用しましょう。

b.ハイビームアシスト機能

周囲の明るさや、前方にいる歩行者や車を認識して、自動的にロービーム・ハイビームのON/OFFをしてくれます。

最近ではハイビームを推奨する声が高まってきていますから、これは便利で嬉しい機能ですね。

c.SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグ

カーテンエアバッグが頭部、サイドエアバッグが胸部の事故衝撃を和らげてくれます。

d.アダプティブクルーズコントロール

ACCスイッチを押すと、搭載されているミリ波レーダーが機能。先行車との距離を測定し、一定の距離を保ちながら走行してくれます。

高速道路などの長距離運転時には、ドライバーの負担軽減となりますよ。

e.リヤシートベルトフォースリミッター&プリテンショナー(左右2名分)

衝突時の衝撃を緩和してくれるシートベルトが、リヤシートに装備されます。
後ろに人を乗せる時でも安心ですよ。

f.運転席センターアームレスト

アームレストがあれば、片腕を休ませることができるので、運転がより快適になります。

全方位モニター用カメラパッケージ装着車

車両本体価格+ ¥58,320-

装備一覧

  • フロントカメラ
  • サイドカメラ(左右)
  • バックカメラ
  • フロント2ツイーター&リヤ2スピーカー
  • ステアリングハンズフリースイッチ

上記のオプションセットも、低価格であると便利なので非常におすすめです。

装備を詳しく解説

a.フロントカメラ、サイドカメラ、バックカメラ

上記3つのカメラを駆使することで、俯瞰しているような映像を見ることが可能となります!
駐車がかなり楽になることはもちろん、死角となる部分も映像で確認することが出来るので、事故の防止に役立ちます。

全方位モニターの利用には、専用のナビゲーションを装着する必要があります。
ただしこの専用ナビゲーションですが、ナビとしての機能はいまいちといった声もあります。

ネックもありますが、モニターでの安全確認を重視したい人にはおすすめです!

b.フロント2ツイーター&リヤ2スピーカー

ツイーターとは、高音域を中心に出力してくれるスピーカーのことです。通常のスピーカーとは違った高音質が楽しめます。

また、リヤ2スピーカーによって後部座席にもスピーカーが装備されますので、さらに音の広がりを感じることができますよ!

スピーカーに関しては、こちらを利用するのがおすすめです。

c.ステアリングハンズフリースイッチ

ステアリングに、音量調整やメニューなどのスイッチが装備されます。
いちいち手を離さずとも操作できるので、運転時の負担を減らしてくれる、便利な装備です!

上記のオプションは、以下のグレードで装備可能となっています!

装着可能グレード一覧

ガソリン車:「XL」「RS」「RSt」
ハイブリッド車:「HYBRID SG」「HYBRID ML」「HYBRID RS」
※HYBRID SLは標準装備となります。

「セーフティパッケージ」も「全方位モニター用カメラパッケージ」も、コストパフォーマンスを考えたら、入っておくことがおすすめ。

メーカーオプションとなり、後から取り付けることはできないので注意しましょう。

グレードの詳細については下記でもまとめているのでご確認下さい。
新型スイフトハイブリッドのおすすめグレードは?価格・装備を解説!

カーナビとスピーカーのおすすめは?

最後に、スピーカーとカーナビのおすすめオプションは何か?迷われる方は多いと思います。

まず、カーナビについては、メーカーオプションが断トツでおすすめです。
「全方位モニター」対応ナビゲーションと呼ばれ、安全な駐車を実現する「全方位モニター」はとても重宝します。

メーカーオプションだと保証期間が3年間と長く、地図データも無料で更新されます。
価格は本体価格のみで100,440円から購入可能と割安感があります。

スピーカーはケンウッドが人気

スピーカーを単独で購入したい場合は、ディーラーオプションがおすすめです。

いくつかブランドがありますが、スイフト愛用者から評判の良いケンウッドがおすすめ。
左右2個セットで13,932円となっています。

ドライブレコーダーもあると良い

最近、注目を集めるドライブレコーダーですが、純性ナビですとwi-fi接続タイプが37,260円、ナビ接続タイプが34,560円となっています。

トラブルに巻き込まれた際に証拠を記録してくれるなど、重要な役割を果たしますので、頻繁に運転する方はつけておくことを強くおすすめします。

スイフトにおすすめオプションを装着して、安心・安全なドライブを!

以上、スイフトのおすすめオプションをご紹介しました。

「セーフティパッケージ」「全方位モニター用カメラパッケージ」は、国土交通省から最高ランクを獲得しているほど、安全性能が高いです。

近年は、車の事故が多発しており、安全性を考える上でおすすめのオプションです。

安全性能ではなく、運転席のアームレスト・ワンランク上のスピーカーなど、便利なオプションまで付いてきますから、お得感がありますよ。

新型スイフトの最新の値引き情報はこちら!

新型スイフトの値引きをすると何十万円も得をするのをご存じですか?

スイフトの値引きにはシンプルなやり方があり、誰でも実行することができます。

実際に値引きすることで、何十万円も安く購入できます。

値引きについては下記の記事を見ておけば、簡単にできます。
ぜひ流れをつかんでおきましょう。
新型スイフトハイブリッドの値引き情報!最新相場を徹底解説

 

スポンサーリンク