Pocket

スズキ新型ハイブリッドの気になる値引き情報や最新相場をまとめました。

2017年にハイブリッドモデルも追加され、更に進化したスズキハイブリッドは、スポーティーな見た目と低燃費が、世界的に人気を集めています。

そんなスズキハイブリッドの現在の値引き相場はどうなっているでしょうか?

このページでは、平均値引き相場、目標値引き相場、更にスイフトハイブリッドの値引きの手順も分かりやすく解説しています。

スズキ新型スイフトハイブリッドの値引き相場

swift-nebiki
(出典:http://www.suzuki.co.jp/

値引き相場に関しては、偏りが生まれないように、専門誌や価格ドットコムをはじめ、あらゆる媒体の数値を「平均化」して算出しています。

スイフトには強力なライバル車がいることからも、比較的値引きしやすい側面があります。

本体価格の平均値相場

本体価格の平均値引き相場は10万円となっています。

5万・10万・15万円が目立ちますが平均化すると10万円前後になります。

オプション値引きの平均相場

オプション値引きの平均相場も10万円です。

オプション値引きは本体値引きと比べると難しく、5万円以下も目立つ一方、大幅値引きに成功している方もいます。

スイフトハイブリッドの値引き目標額は?

スイフトハイブリッドの値引き目標額は、15万円となります。
平均より若干上ですので、10万円でも合格ラインと考えられます。

オプションを含めた値引き目標額は20万円になります。

スイフトハイブリッドの値引き限界額は?

スイフトハイブリッドの値引き限界額は、オプションも含め30万円になります。

あくまで限界額なので、こちらを目指す必要はありません。

スズキスイフトハイブリッドの注意点!

2017年7月に追加されたフルハイブリッドモデルに関しては、見た目・燃費・維持費の全ての面で評価が高く、新モデルのため若干値引きしにくい側面があります。

競合車が多いので値引き交渉はしやすいですが、最新モデルは注意が必要です。

スイフトハイブリッドの値引きしやすい時期は存在するか?

一般的に決算月である3月、9月はノルマが課されるため値引きしやすいと言われます。
また、ボーナス商戦である8月、12月も値引き交渉しやすい環境とされています。

ただ、実際のところはそれほど大きな差はないため、さほど気にしなくて問題ありません。

発売時期に注目

スイフトハイブリッドに関しては、2017年1月にハイブリッドタイプが登場し、2017年7月にフルハイブリッドモデルが発売されています。

現在、新しいフルハイブリッドモデルである「SL」「SG」グレードが売り出し中であるため、フルハイブリッド以下のグレードに関しては、値引き交渉がしやすいと言えます。

スイフトハイブリッドの納期は?

ziki

スイフトハイブリッドの納期については、AT車・MT車などで細かい違いはあるものの、平均すると1~2ヵ月程度となります。

人気色やグレードの場合は1ヵ月程度が見込まれますが、2ヵ月を見ておけば確実です。
下記に、実際の例をまとめておきます。

スイフトハイブリッドの納期の例

・1/28に契約 2/25引き渡し

・1月頭に契約 2月末納車

・2/22契約 3月中旬納車

スイフトハイブリッドを値引きする上での競合車とは?

値引き相場を知ったとしても、実際に値引きできなければ意味がありません。

ただ、スイフトハイブリッドは強力な競合車がいるため、値引き交渉はしやすいということができます。スイフトを購入するのではれば、競合車を必ず確認しましょう。

スイフトハイブリッドの競合車

  • フィットハイブリッド
  • ヴィッツハイブリッド
  • ノートe-POWER

スイフトハイブリッドの競合車には、人気コンパクトカーがズラリと並びます。

その点で、スイフトハイブリッドは販売で苦戦する部分もあるため、値引き交渉に持ち込みやすいメリットがあります。

中でも高い人気をほこるフィットハイブリッド。
2017年1月に発売されたヴィッツハイブリッドは競合車としては理想的な存在です。

スイフトハイブリッドの値引きの手順

最後に、スイフトハイブリッドの値引きの手順をご紹介します。

注意事項としては、値引き交渉は非常に生ものであるため、ディーラーや販売店によってケースバイケースになることが多々あります。

ここで挙げた方法はあくまでもベースと考え、不測の事態にも備えるようにしておきましょう。

人気コンパクトカーを引き合いに出して値引き交渉する!

スイフトハイブリッドは完成度の高い車ですが、売上に関してはフィット・ヴィッツ・ノートに遅れを取っています。

その意味で、人気車を引き合いに値引き交渉することは効果的です。
具体的には、競合車とスイフトの両方で迷っていることをディーラーに伝えましょう。

具体的な値引き額を提示する

「~万円までで考えているのですが、どうでしょうか?」と具体的な値引き額を提示します。
ここについては、上記で明記した値引き相場を元に交渉して下さい。

値引きに応じてくれれば購入するとハッキリ伝えておけば、成功率は高まります。

値引き額に納得できない場合は保留する

先方から納得できない値引き額が提示された場合は、落ちついて保留するようにしましょう。

保留をした上で、改めて購入意思を見せて値引き交渉をすれば、意見が通ることがあります。

保留しても難しい場合は、そこが落とし所ということになります。

スイフトハイブリッドの値引き交渉の注意点!

競合車に関しては、販売店まで足を運び、見積もりを入手するようにしておきましょう。
どうしても難しいと言う場合は、価格などの情報をメモしておいて下さい。

オプション値引きの注意点

オプションの値引き交渉をする場合、最初の段階でディーラーにその旨を伝えてはいけません。
最初にオプション値引きの話をすると、本体価格の値引きに組み込まれてしまうためです。

あくまで、本体価格の話が終わってから、オプション値引き交渉を行って下さい。

下取り価格は安く見積もられるので注意が必要!

新車の購入時に最も注意しなければならないことは何か?

それが、ディーラー下取り価格は非常に安く見積もられるということです。
何も知らないと驚くほど安い価格で下取りされ、損をする可能性があります。

最近では、他の下取り会社の価格を見せても、安く見積もられてしまうケースも出ています。

ディーラー下取り対策は最善の準備を

ディーラー下取りをお願いする場合、最善の準備をしておきましょう。

具体的には他の下取り会社の見積もりを入手する必要がありますが、できる限り沢山の見積もりを入手しておきましょう。

店頭に足を運ぶことは大変なので、ネットの一括査定を利用すると便利です。

かんたん車査定」は、複数会社からの下取り価格の見積もりが短時間で手に入ります。

下記にて、無料で今すぐ査定をすることが可能です。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

ディーラー下取りで安く買い叩かれないためにも、ネットの下取り査定を用意しておき、必ずディーラーに提示して下さい。

できる限りのことをしておくことで、損失を最大限防ぐことができます。

車の値引きは何十万円と得になるので、面倒でも必ず行うようにしましょう。

スポンサーリンク