Pocket

スバルから、シフォン(CHIFFON)の新型が2016年12月13日に発売されました。

「ワクワクが広がる。」をテーマに、ベーシックながら装備が充実しているシフォンLスマートアシストから、カスタムモデルまで、充実した5種類のグレードが用意されています。

本記事では、そんな新型シフォンの最新の値引き相場と安く買うためのコツをくわしくご紹介していきます。

値引き額を知る前に、シフォンの価格を確認!

subaru-chiffon1
(出典:https://www.subaru.jp/

新型シフォンを購入される方にとって、値引き額が最も気になる点かとは思います。

ただその前に、通常の車両価格について知っておかなければ、その値引きが高いか安いか判断することができません。まずは、こちらを押さえましょう。

シフォンの販売価格

  • Lスマートアシスト:1,285,200円
  • Gスマートアシスト:1,420,200円
  • カスタムR:1,617,840円
  • カスタムR Limited:1,652,400円
  • カスタムRS Limited:1,749,600円

基本はシフォンと、シフォンカスタムの2つに分かれています。

スバル新型シフォンの最新値引き相場は?

シフォンの値引き相場

  • 本体価格:10万円
  • オプション含む値引き:13万円

シフォンカスタムの値引き相場

  • 本体価格:15万円
  • オプション含む値引き:18万円

値引きの限界目安

  • オプション含む値引き:20万

スバルの新型シフォンは、ダイハツからのOEM車両であり、販売先はスバルユーザに特化していることが特徴です。

そのため、大幅に値引きして他社の顧客を奪うといった戦略は立てていません。

新型シフォンの最新の値引き額の現状は、シフォンの場合は5万円~13万円。
シフォンカスタムであれば、限界で20万円程度まで値引きが可能です。

新型シフォンの値引き交渉は競合車探しから!

シフォン値引き

スバルの新型シフォンは、軽トールワゴンに分類されており、ダイハツのタント(タントカスタム)のOEM供給者に該当します。

そのため、新型シフォンの最も近い車はダイハツのタントです。

しかし、ダイハツタントとシフォンは車名やエンブレムが異なるものの、車両は同じです。
そのため販売価格や値引き額は、ほぼ同程度となってしまいます。

値引き交渉で使用するには、シフォンと値引き割合が異なる競合車を探さなければなりません。
そこで、タント以外の競合車をご紹介します。

ホンダN-BOX

同じような軽トールワゴンであるホンダのN-BOXは、スバルシフォンと比べると値引き額は大きい傾向にあります。

それを理由に、値引き交渉に持ちかけるのは有効な手となります。

スペックはほぼ同じで人気が高く、最適な競合車といえます。

スズキスペーシア

スズキのスペーシアも新型シフォンと同様の軽トールワゴンとなっています。

燃費は最大32.0とシフォンを大きく上回っています。
これを理由に、シフォンの値引きを交渉してみるのがおすすめですよ。

シフォンの値引き交渉の手順を徹底解説!

subaru-chiffon2

値引きを大きくしてもらうためには、値引き交渉をしっかりと行う必要がります。

しかし、ただ時間をかけて粘っていても、思った通りの値引きをして貰えるとは限りません。
ここでは、ディーラーとの値引き交渉のコツにを解説します。

値引き額は足で稼ぐ!

値引きを最大限に受けようと思ったら、競合車との比較を行わなければなりません。

例えば、紹介したN-BOXとスペーシアで見積もりをとる場合、本命のスバルのほかに、ホンダかスズキのディーラーをまわる必要があります。

そこで入手した見積もりを元に、シフォンの値引き交渉をしていきましょう。

基本は競合車とシフォンのどちらを買うか迷っていることを伝えればOKです。

見積もりをとるのが面倒な場合、競合車の大体の見積もり額を聞いてメモしておきます。

本体の次はオプションで

本体価格の値引きが納得できるところまでできれば、次はオプションの値引き交渉を行います。

最初からオプション値引きを持ちかけてしまうと、本体価格に組み込まれてしまうため、タイミングをずらして交渉してください。

なお、ディーラーが値引きに応じてくれるのは、ディーラーオプションです。

そのため、同じ価格でメーカーオプションとディーラーオプションが用意されていた場合、ディーラーオプションを選択したうえで、値引きの交渉を行いましょう。

スバル新型シフォンを値引きする際の注意点

新型シフォンはOEMであるがゆえに利幅が大きくないという点から大きな値引きは期待できない側面があります。

しかしながら、今回ご紹介した工程を踏まえれば十分に値引き可能です。

また、車両本体の値引きを重視するのではなく、ディーラーオプションの値引きを重点的に行うことも値引き限界を引き出すコツになります。

少しでもお金をかけたくない場合、必ず交渉はするようにしましょう。

最初からゴネるだけゴネてしまうと、後の関係に支障をきたす可能性もありますので、あまりに無茶な値引き交渉を行わないように注意して下さい。

ディーラーの下取り価格には要注意!

ディーラーの下取りは便利ですが、安い下取り価格を提示されることが殆どです。

そのため、必ず複数の業者に事前見積もりを取っておきましょう。

そうしないと値引きができたとしても損をしてしまう恐れがあります。

下取りをする際は、なるべく多くの買取業者から見積もりをもらっておいて、それをディーラーに見せるようにしましょう。

今ではネット上の車一括買取査定サービスを使えば、家に居ながらにして複数の買取業者から見積もりを取ることが可能です。

もっとも定番のカンタン車査定では、無料で一瞬で査定結果を入手できます。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

車は大きな買い物なので、些細な工夫でお金を浮かすことができます。

今回挙げたポイントを意識して、さらに充実したカーライフをお送り下さい。

スポンサーリンク