Pocket

新型シエンタ「G“Cuero(クエロ)”が、2017年8月1日に新登場しました。

シエンタ「G“Cuero”」とは、今までのシエンタの上級グレードである「G」がベースとなった特別仕様車のこと。

特別なLEDランプパッケージが標準装備されたり、内装に高級シートや本革が使用されたりと、さらに上級感のあるシエンタなのです!

ここでは、そんなシエンタ「G”Cuero”」の特徴や魅力に触れながら、

  • エクステリア、インテリア
  • 燃費
  • 購入価格
  • 年間維持費

について、評価を交えながらご紹介していきます!

シエンタを購入の際には、是非参考にしてみてくださいね。

新型シエンタG“Cuero(クエロ)”の特徴とは?

ベースグレードの「G」との違いは?

新型シエンタ「G“Cuero(クエロ)”」では、Gグレードだとオプションになる以下の装備が、標準装備となります!

  • LEDランプパッケージ
  • toyota Safety Sense C
  • 先行車発進告知機能

さらに、「G”Cuero”」にしか搭載されない装備も!

  • フロントドアトリム(ドアの内側面)が上級のファブリック巻きに
  • オレンジステッチ加工(シフトノブ、ステアリング)
  • UVカット機能付きガラスが高遮音性に(ガソリン車のみ)

上級のGグレードよりも、さらに充実・上級の装備がついてくる、といった感じですね。

専用のオレンジステッチ加工もおしゃれですし、フロントドアトリムが上級ファブリックになるのも、より高級感を味わえます。

新型シエンタのエクステリア・インテリアは?


(出典:http://toyota.jp/

新型シエンタ「G“Cuero(クエロ)”」の外観と内装についても評価していきましょう。

エクステリアの評価

新型シエンタ「G”Cuero”」では、「LEDランプパッケージ」が標準装備されます!

LEDランプパッケージとは、以下のものが装備されます。

  • LEDヘッドランプ
  • フロントフォグランプ
  • リヤコンビネーションランプ

LEDランプパッケージのないGグレードと比較してみましょう。

  Gグレード G”Cuero”
ヘッドランプ ハロゲン LED
フォグランプ オプション 標準装備(ハロゲン)

「G”Cuero”」のLEDランプパッケージには、ライトを自動点灯・消灯してくれるコンライトが付いてきます。これはとても便利ですね!

※Gグレードでも「LEDランプパッケージ」を選択することは可能。
ただし、¥105,000-ほど追加で料金がかかります。

インテリアの評価

「G”Cuero”」では、内装が以下のような専用装備になります!

  • 本革巻きシフトノブ・ステアリング
  • オレンジのステッチ加工(シート表皮やシフトノブ、ステアリング)
  • シート表皮が上級に(専用の上級ファブリック+合成皮革)

まさに、高級な装備が揃っていますね。

オレンジステッチ加工によって、大人の落ち着いた感じも楽しめますよ。

新型シエンタG“Cuero(クエロ)”の燃費を評価!

新型シエンタ「G”Cuero”」の気になる燃費を、Gグレードと比較してみましょう。

ベースグレード G

HYBRID   (2WD・7人乗り) 27,2km/L
ガソリン車    (2WD・ 7人乗り) 20.2km/L
ガソリン車   (2WD ・6人乗り) 15,4km/L

 

特別仕様車 G”Cuero”

 HYBRID G”Cuero”   (2WD・7人乗り) 27,2km/L
ガソリン車 G”Cuero”    (2WD・ 7人乗り) 20.2km/L
ガソリン車 G”Cuero” (4WD ・6人乗り)  15,4km/L

エンジン性能が変わっていないので、燃費はGグレードと変わりません。

燃費に関しては、大きな違いはないということは抑えておきましょう。

燃費を重視する方ならば、ハイブリッド車が断然おすすめです。

新型シエンタの車両価格を評価!

新型シエンタ「G”Cuero”」の車両価格は、以下のとおりです。

特別仕様車 G”Cuero” 車両価格一覧

HYBRID G”Cuero”   (2WD・7人乗り) ¥2,465,855-
ガソリン車 G”Cuero”  (2WD・ 7人乗り) ¥2,116,327-
ガソリン車 G”Cuero”   (4WD ・6人乗り) ¥2,257,709-

ちなみに、Gグレードにオプションを追加すると、G”Cuero”とほぼおなじ装備とすることは可能です。

ですが、「G”Cuero”」よりも、およそ2万円ほど高くなってしまいます。

これらの上級装備が標準で付いてきて、おまけに専用の装備(オレンジステッチ加工など)が装備されるので、より高級感を味わいたいなら「G”Cuero”」が断然お得ですね!

ライバル車との価格を比較

また、ライバル車(ミニバン・HYBRID・上級グレード)との車両価格を比較してみましょう。

  • ホンダ・フリード(HYBRID EX)      ¥2,656,000-
  • 日産・ラフェスタ(ハイウェイスター・G)   ¥2,464,560-
  • スズキ・ソリオ(HYBRID SZ)       ¥2,062,000-

車両価格に大きな差はありません。

一番のライバルと言われる「フリード」よりも、およそ20万円ほど安く買えます!

新型シエンタの年間維持費は?

特別仕様車である「G”Cuero”」の維持費は、ベースグレードである「G」と変わりません。

Gグレード(HYBRID)の年間維持費の概算は、以下のとおりです。

自動車税

¥39,500-

自賠責、重量税

約¥25,000-

ガソリン代

(年間走行距離1万キロ、リッター130円計算)

約¥48,000-

任意保険

(ソニー損保で概算。

条件:本人限定、30歳以上、年間1万キロ以上、車両保険なし)

¥46,000- 〜

その他

(駐車場代、メンテナンス費、車検費用など)

約¥100,000-

合計年間維持費:約¥258,500-

新型シエンタは、まさに最高級シエンタ!

新型シエンタ「G“Cuero(クエロ)”」は、これまでの最上級グレードである「G」よりも、さらに高級・充実感のあるシエンタ!

進化を遂げながらもお得感があり、ライバル車と比べても割安です。

「Gグレードよりももっと充実させたい!」なんて欲張りなあなたには、「G”Cuero”」がピッタリでしょう。シエンタを購入する際はぜひご参考にしてみて下さい。

新型シエンタの最新の値引き情報はこちら!

新型シエンタの値引きをすると何十万円も得をするのをご存じですか?

シエンタの値引きにはシンプルなやり方があり、誰でも実行することができます。

実際に値引きすることで、何十万円も安く購入できます。

値引きについては下記の記事を見ておけば、簡単にできます。
ぜひ流れをつかんでおきましょう。
新型シエンタの値引き情報