Pocket

新型シエンタの値引き情報

新型シエンタの気になる値引き情報や最新相場をまとめました。

ミニバンで1,2を争う燃費を持ち、コンパクトでありながら7人乗りできるシエンタはトヨタの中でもトップクラスの人気を誇ります。

マイナーチェンジ後は5人乗りモデルも追加され、ますます多様性が広がりました。

本記事では、新型シエンタの値引き相場や限界額、値引きの交渉方法が一目で分かるように解説していきます。

お得になるための全ての情報が詰まっていますので、保存等してご確認ください。

トヨタ新型シエンタの最新値引き相場

シエンタの値引き
(出典:http://toyota.jp/

値引き相場に関しては、偏りが生まれないように、専門誌やWEB情報をはじめ、全ての媒体の数字を「平均化」して算出しています。(ガソリン・ハイブリッド共通)

全ての平均化した数値のため誤差がなく、数字に振り回されることはありません。

マイナーチェンジ後のシエンタは人気が爆発していますのでその点は注意しましょう。

本体価格の平均相場

  • 18万円

10万~20万円まで開きがありますが、平均化すると18万円前後になります。

なお、「G」や「G Cuero」「FUNBASE G」といった上位グレードの方が、値引き額が大きくなる傾向があるようです。

オプション値引きの平均相場

  • 4万円

オプション値引きは本体値引きと比べると難しく、10万以上の値引きができたという声がある一方で、5万円以下も非常に目立ちました。

値引きの目標額

  • 本体価格+オプション値引きで20万円

20万円は多くの人が実現し、達成可能な数値なので目指してみましょう。

ただ、注意したいのは2018年9月のマイナーチェンジ以降、シエンタは爆発的に売れていることから、値引きが辛口な傾向にあります。

数字はあくまで目安として、臨機応変に対応していきましょう。

値引き限界額

  • 本体価格+オプション値引きで35万円

シエンタの値引き限界額は、オプションも含め35万円になります。

あくまで限界額なので、こちらを目指す必要はありません。

シエンタの値引きしやすい時期は存在する?

シエンタ値引き時期

決算月とボーナス商戦は値引きしやすい

一般的に決算月である3月、9月はノルマが課されるため値引きしやすいと言われます。
また、ボーナス商戦である7・8月、12月も値引き交渉しやすい環境とされています。

ポイントは値引き額が変わるのではなく、「値引き交渉がしやすくなる」という点です。

ディーラー側も力を入れて売ろうとするので、値引きが自然ともちかけやすく、初心者の方には特におすすめと言えます。

それ以外のところでは、必要以上に時期は気にしなくても問題はありません。

新型シエンタの納期

sienta-nebiki2

シエンタの納期は、発売直後は3~4ヵ月待ちでしたが、1~2ヵ月に落ちついています。

売れ筋のグレードは「Gグレード」であれば1ヵ月程度が相場です。
人気色やグレードは1ヵ月程度が見込まれ、2ヵ月を見ておけば安心でしょう。

ライバル車のフリードよりも納期が早く、すぐ車が欲しい人はシエンタはおすすめです。

納期の実例

  • 8月頭に契約 → 9月初旬に納車(タイプG)
  • 11月2日契約 → 12月初旬に納車(タイプG)

新型シエンタを値引きする上での競合車

シエンタの競合車
(出典:http://www.honda.co.jp/

値引き相場を知っても、実際に値引きできなければ意味がありません。

シエンタには明確な競合車がいるため、値引き交渉は比較的容易です。
シエンタを購入するのではれば、競合車は必ず確認しましょう。

シシエンタの競合車は?

  • ホンダ新型フリード
  • スズキ新型ソリオ

シエンタの競合車は「フリード」と「ソリオ」です。

特にフリードは、シエンタの明確なライバル関係にありおすすめです。

どちらもハイブリッドタイプがあるので、ガソリン車の場合はガソリン車、ハイブリッド車ではハイブリッド車を競合させて下さい。

別系列店同士の値引きは本当に有効か

シエンタの値引きにおいて、「トヨタの別系列店で競わせる」という方法がネット上で提唱されていることがあります。

トヨタには以下の系列店があり、それぞれが違う会社です。

  • トヨペット店
  • ネッツ店
  • カローラ店

確かにこの方法で値引きすることは可能ですが、あまりおすすめはできません。

トヨタ自動車は2018年9月27日、国内で販売するトヨタ車の全てを全系列店で発売することを発表し、変革期の最中にあります。

今までのやり方が通用しなくなる可能性があり、現在は様子見が吉と言えるでしょう。

新型シエンタの値引きの交渉方法と手順

シエンタの値引き方法

それでは、シエンタの値引きの手順をご紹介します。

値引き交渉は生ものであり、ディーラーや販売店によってケースバイケースです。
予想外のことも起こりますので、その点は注意して下さい。

競合車を引き合いに出して値引き交渉する

まず「競合車」と「シエンタ」の両方で迷っていることをディーラーにきちんと伝えます。

注意点としては、競合車の「フリード」は本体価格が高く、シエンタの値引きが引き出しにくい場合があります。

そのため「安い方を買いたい」というスタンスでなく、「自分が気に行った方を買いたい」というスタンスで臨むことが大切です。

具体的な値引き額をたずねる

値引きに応じてくれれば購入するという意思を見せれば、成功率は高まります。

その上で、具体的にいくら値引きして貰えるかたずねてみましょう。

値引き額に納得できない場合は保留しよう

値引きで納得できないき額が提示された場合は、保留するようにしましょう。
難しいと感じた場合は、購入の意思は見せつつも一度退店して下さい。

保留をした上で、改めて購入意思を見せて値引き交渉をすれば、意見が通ることがあります。
値引きは2度目の見積もりからが本番です。

保留しても難しい場合は、そこが販売店の限界値ということになります。

シエンタの値引き交渉のポイント

シエンタの値引きのポイント

競合車に関しては、販売店に足を運び見積もりを入手しておきましょう。
面倒な場合は、価格などの情報をメモしておくだけでも構いません。

こうした一手間が、競合車と迷っているという信憑性につながります。

なお、他社の見積もりをディーラーに見せる必要はありません。

あまり良い行為とは言えず、単に他社の見積もりを見せて値引きを求めるのは心証を悪くする恐れがあります。

オプション値引きの注意点

オプションの値引き交渉は、最初の段階でその旨を伝えてはいけません。
最初にオプション値引きの話をすると、本体価格の値引きに組み込まれてしまいます。

あくまで、本体価格の話が終わった後、オプション値引き交渉を行って下さい。

下取り価格は安く見積もられるので注意!

新車の購入時に最も注意しなければならないことは何か?

それが、ディーラーの下取り価格になります。
何も知らないと驚くほど安い価格で下取りされ、損をしてしまう恐れがあります。

最近は、他の下取り会社の価格を見せても、安く見積もられるケースも出ているほどです。

ディーラー下取り対策は簡単にできる

ディーラー下取りをお願いする場合、最善の準備はしておきましょう。
やることはシンプルで、他の下取り会社の見積もりを沢山入手しておくだけです。

店頭に足を運ぶことは大変なので、ネットの一括査定を利用しておきましょう。

かんたん車査定」は、複数会社からの下取り価格の見積もりが短時間で手に入ります。

下記にて、無料で今すぐ査定をすることが可能です。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

車の価格が落ちないうちに、今すぐ見積もりだけは確認しておきましょう。

できる限りのことをしておくことで、損失を最大限防ぐことも大切です。

やれるだけのことをしておけば、シエンタ購入で後悔することはありません。

新型シエンタの乗りだし価格の目安

購入に向けて、新型シエンタの乗りだし価格の目安をまとめておきます。

今回はシエンタでも定評のあるガソリン車の「G」と「X]で算出しています。

本体価格に加え、最低限のオプションと諸経費を加えて計算しました。

乗りだし価格の目安(ガソリン車)

220万円~250万円

比較的安いガソリンタイプXの場合は220万円前後。

一番人気であるガソリンタイプGの場合は250万円前後が目安となります。

実際はさらにここから、値引き分を差し引くことができますよ。

乗りだし価格のオプション内訳

・カーナビ
・サイドバイザー
・フロアマット
・LEDヘッドランプパッケージ
・ナビレディパッケージ
・スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ
・スマートエントリーパッケージ

新型シエンタのリセールバリューをチェック!

最後に、値引きの準備ができたらリセールバリューをチェックしておきましょう。

新型シエンタは、色やグレードによって売却時の価格が異なります。

車は資産価値がありますので、リセールバリューを押さえておくとお得です。

以下では、価値の高い色とグレードをくわしくご紹介します。

リセールバリューの高い色

1位 ホワイトパールクリスタルシャイン(白色)
2位 ブラックマイカ(黒色)
3位 エアイエロー(黄色)
4位 シルバーメタリック(灰色)
5位 センシュアルレッドマイカ(赤色)

人気色とリセールバリューの高さは比例しますが、定番色に加えて、エアイエローやレッドマイカも人気があります。

ただし、迷った場合はホワイトとブラックが絶対に外れがなくておすすめです。

リセールバリューの高いグレード

  • 1位 トヨタシエンタG(2WD)
  • 2位 トヨタシエンタX(2WD)
  • 3位 トヨタシエンタハイブリッドG(2WD)
  • 4位 トヨタシエンタハイブリッドX(2WD)
  • 5位 トヨタシエンタX(4WD)

基本はGグレードがおすすめ

新型トヨタシエンタはガソリン、ハイブリッド共通でベーシックな方からX、G、そしてG Cueroの3グレードとなっています。

価格が安いベースグレードのXはリセールバリューでは2位となっていますが、中古車市場ではGに比べ流通量がかなり少なくなります。

Xだとスマートキーが装備されないなど、Gに比べて装備がかなり貧弱に感じられることが原因と考えられ、基本的にはGグレードがおすすめです。

FUN BASEは微妙

2018年9月のマイナーチェンジで「FUN BASE」というグレードが登場しましたが、これは2列シート5人乗り仕様で、ライバル車であるホンダフリード+に対抗したものです。

ただし、左右跳ね上げ式を採用したフリードと異なり、もともとシエンタの3列目は2列目にダイブインしてフラットな荷室にすることができたため、3列目を廃止したことによるメリットは大きくありません。

あえて2列シートを選ぶ必然性に欠けるため、価格が4万円ほど安いことを考慮してもリセールバリューの面ではマイナスとなるかもしれません。

あえて4WDを選ぶ必要はない

ガソリン車にも4WDが用意されますが、割高で燃費も低下することから雪国などで本当に必要な方以外は選ぶ理由はないでしょう。

リセールバリューのランキングでも4WDについてはXのみがランクインしており、4WDでコンパクトな7人乗りが欲しい、という方が安価なベースグレードを購入しているということがうかがえます。

リセールバリュー1位のGグレードの主要装備をチェック

最後に、もっともリセールバリューが期待できるGグレードの主要装備を掲載します。

装備も充実していますので、ぜひチェックしてみて下さい。

  • 185/60R15タイヤ&15×5½Jスチールホイール
  • シート表皮(上級ファブリック〈ブラック/ダークブラウン〉)
  • 運転席アームレスト(左側)
  • 助手席シートバックポケット
  • ワンタッチスイッチ付デュアル[両側]パワースライドドア(挟み込み防止機能付)
  • スマートエントリー(運転席・助手席・バックドア/スマートキー)
  • マルチインフォメーションディスプレイ
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール+ステアリングスイッチ
  • 本革巻きシフトノブ+サテンメッキシフトベゼル
  • オートエアコン
  • プロジェクター式ハロゲンヘッドランプ
  • リヤコンビネーションランプ
  • LEDサイドターンランプ付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー
  • Toyota Safety Sense(予防安全)

シエンタは値引きやグレード選び次第で、かなりお得になる車です。

ぜひ、本記事を参考に、後悔しない買い物をしていきましょう。

 

スポンサーリンク