Pocket

shuttle-hybrid-honda

ホンダ新型シャトルハイブリッドの最新値引き相場から、安く買うための具体的な手順まで余すことなくご紹介しています。

知っておいた方が絶対にお得なので、ぜひ最後までチェックしてみて下さい。

最新の相場だけでなく、ライバル車や値引きのコツまで、必要な情報を全て掲載しているため、時間のない方は、保存をしておきましょう。

1.ホンダ新型シャトルハイブリッドの最新状況

shuttle-hybrid-gaikan
(出典:http://www.honda.co.jp/

ホンダから、シャトル(SHUTTLE)の新型が2016年8月5日に発売されました。

新型シャトルは、全タイプにインテリアライトがLED化され、ボディカラーも充実。
「HYBRID X」「HYBRID Z」は、ルーセブラック・メタリックカラーが追加されました。

さらに特別仕様だった「STYLE EDITION」も標準装備として搭載されています。

2.シャトルハイブリッドの最新値引き相場と値引き動向

shuttle-hybrid1

値引き平均相場:10~15万円

ホンダ新型シャトルハイブリッドは、ホンダのシャトルベースとした広い室内空間を有する一方で5ナンバーを維持し、EV走行モードも備えています。

人気と評価を兼ね備え、大幅な値引きはやや期待しにくい車種となっています。

最新の値引き相場としては、車両本体価格から10~15万円の値引きが平均相場です。
また、オプションを含めた場合の相場は16万~20万円前後です。

2017年下半期にマイナーチェンジ!

2017年7月~9月頃に、シャトルハイブリッド初のマイナーチェンジが行われる予定であるため、現行モデルは値引きを引き出しやすい状況です。

最新型より、安く購入したいというのであれば、まさに「今が買い時」になります。

次にどうすればシャトルを安く買えるか?詳しい手順を解説していきます。

2.値引きする前に車両価格を確認!

シャトルハイブリッドを購入される場合、そもそも通常の車両価格について知っておかなければ、その値引きが高いか安いか判断することができません。

購入を検討する場合、グレードと価格帯を再確認しておきましょう。

Xモデルは20万、Zモデルは30万円の値引き報告も出ています。

1.SHUTTLE HYBRID FF:1,995,000円 4WD:2,189,400円
2.SHUTTLE HYBRID X FF:2,195,000円 4WD:2,389,400円
3.SHUTTLE HYBRID Z FF:2,395,000円 4WD:2,557,000円

4.ホンダ新型シャトルハイブリッドの競合車は?値引きのコツはライバル車探しから!!

shuttle-hybrid2

ホンダの新型シャトルハイブリッドは、「ステーションワゴン」に分類されます。

競合車種はトヨタのプリウス、カローラフィールダーハイブリッド、マツダのアクセラスポーツ、スバルのインプレッサスポーツです。

ライバル車との競合は値引きの基本であり、お近くに販売店があるか確認しましょう。

a.トヨタ プリウス

価格  :2,429,018~3,394,145円
値引き:280,000円

b.トヨタ カローラフィールダーハイブリッド

価格  :1,625,891~2,474,182円
値引き額:250,000円

c.マツダ アクセラスポーツ

価格  :1,760,400~3,310,200円
値引き額:180,000円

d.スバル インプレッサスポーツ

価格  :1,922,400~2,592,000円
値引き額:160,000円

なお、どれをライバル車にするか?は自由で問題ありません。

5.シャトルハイブリッドのディーラーとの値引き交渉の手順を解説!

shuttle-hybrid3

ここでは、ディーラーとの値引き交渉の手順について、どのように情報を集め、どのように活用するのかを解説します。

競合車の価格と値引き額を調査し、競争意識を煽る!

値引きを最大限に受ける場合、最も効果的なのが競合車との値引き額の比較です。
先ほど紹介した競合車をメインに、できるだけ多くの見積もりを集め、その価格を武器に交渉してみてください。

「競合車が気になるが、思い切った値引きをするならシャトルを買いたい」
と伝えましょう。

なお、ディーラーには他社の見積もりは見せずに、口頭で価格や値引きについて伝えましょう。
他社であっても見積もりを見せる行為は、心証を悪くする恐れがあります。

1回目の交渉で満足する値引き額になるのは稀?

値引きの注意点として、1回目の交渉では満足する値引き額が提示さないことが多いです。

本気の値引き額を提示させるには、何度か交渉する必要があります。

例えば、1回目の交渉時は保留としておき、検討した上でシャトルハイブリッドを買いたい意思を示せば本気度が伝わります。

慣れていない場合は無理をしなくてもOK

ディーラーに何度か通い、他社で提示された値引き額をもとに、再度値引きの交渉を行う。
これを繰り返すことで、理想の値引き額を引き出すことができるのです。

ただ、値引きに慣れていない場合は、1回目で値引きを引き出すことができれば、それでも問題ありません。無理なく取り組みましょう。

最新型シャトルハイブリッドの情報を武器に!

ホンダのシャトルハイブリッドは、2017年にマイナーチェンジモデルが発売されるという情報がすでに出回っています。

つまり、ディーラーやメーカーとしても、現行モデルをできるだけ早めに売ってしまいたいと考えていると思われます。

この情報をもとに、インターネット等で最新のシャトルハイブリッドを調査し、この機能がない代わりに値引きをする、といった最新型との比較を行うことで、値引き額を上昇させることができる可能性があります。

5.ホンダ新型シャトルハイブリッドを値引きする際の注意点

シャトルハイブリッドは、マイナーチェンジモデルが発売されることが決まっているため、ディーラーからは最新型のシャトルを勧められることも考えられます。

もちろん、価格に折り合いがつけば、ホンダセンシングが搭載されている最新のシャトルハイブリッドも選択肢の1つとなり得ますが、値引き率は低下するでしょう。

その分、現行モデルのシャトルハイブリッドであれば、通常時よりも多くの値引きを受けられる可能性がありますので、安く購入するのか、高くても最新の車種にするのか、検討する必要があります。

ディーラーの下取り価格には要注意!損をしないために!

最後に、ディーラー下取りは便利ですが、安い下取り価格を提示される恐れがあります。

そのため、必ず複数の業者に事前見積もりを取っておきましょう。

ディーラー下取りで失敗するとトータル的に損をすることになります。

安い下取り価格にされないためには、多くの買取業者から見積もりをもらっておいて、事前にディーラーに見せましょう。

ネット上の車一括買取査定サービスを使えば、家に居ながらにして複数の買取業者から見積もりが入手できます。数分できるので、必ず行っておきましょう。

一括査定は一瞬で複数の見積もりが取れて、最も定番の「かんたん車査定」にしておけば失敗することがありません。

下記にて、無料で今すぐ査定をすることが可能です。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

ホンダ シャトルハイブリッドは非常に評価が高く、魅力的な車です。

だからこそ、値引きして購入できれば満足感が違います。

値引きに関しては今回挙げたポイントを活かして、上手に進めていきましょう。

スポンサーリンク