Pocket

「シャトル」は、ホンダが「フィットシャトル」の後続車として販売した、コンパクト型のステーションワゴンです。

5ナンバーサイズなので見た目は小さいですが、車内はとても広々。ラゲッジスペースも、ゴルフバックを4つも積めるほどの大容量。
燃費も、ハイブリット車で「34.0km/L」と驚きの低燃費となっています。

まさにフィットの良いところを集めた、コンパクトワゴン車となっています。

ここでは、新型シャトルハイブリッドを中心に、特徴、燃費、購入価格、維持費まで、辛口目線で評価していきたいと思います。

新型シャトルの特徴と評価

shuttle-hybrid1
(出典:http://www.honda.co.jp/

新型シャトルは、2017年9月にマイナーチェンジされました。
現行のシャトルと大きな変更点はありませんが、いくつかの特徴や追加装備などがあります。

マイナーチェンジされるシャトルハイブリッドには、大きく2つの特徴があります。

 「Honda SENSING」が標準で装備される

新型シャトルハイブリッドでは、「Honda SENSING」が標準で装備されています。

「Hond SENSING」とはホンダの安全運転支援システムのこと。ミリ波レーダーと車載のカメラを用いて、ドライバーの安全運転を支援してくれます。

Honda SENSINGの主な機能 一例

  • 衝突軽減ブレーキ
  • 誤発進抑制機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • 路外逸脱抑制機能
  • LKAS(車線維持支援システム)

「Honda SENSING」が装備されていることで、ドライバーのみならず歩行者や他の走行車の安全も守ってくれますから、頼もしい存在です。
特にファミリーカーとしてシャトルを活用するなら、大切な家族の命を守るためにも、是非ともつけておきたい装備です。

「安全装置はいらない派」でもご安心を。オプションで「Honda SENSING」を取り外すことが可能です。

新型のハイブリッドエンジンを搭載

現行のシャトルハイブリッドでは、「SPORT HYBRID i-DCDハイブリッドシステム」と呼ばれるエンジンが使用されています。

新型シャトルハイブリッドでは、このエンジンが改良されてさらに進化した、「新SPORT HYBRIDシステム」が搭載される予定となっています。
現在の燃費よりも、さらに低燃費になる点は高く評価できます。

以上より新型シャトルハイブリッドは、「安全重視」・「燃費向上」と評価できますね。

新型シャトルの見た目とインテリアの辛口評価

shuttle-hybrid4
(出典:http://www.honda.co.jp/

マイナーチェンジ後の新型シャトルハイブリッドですが、以前と変わりがなく、全長はフィットよりも445mm長いデザインとなっています。

ただ、辛口目線では人によってワゴンらしくない見た目という意見はよく見られます。

荷室はフィットよりも300mm伸ばし、後席も荷室も広々と充実。
マイナーチェンジ後も特に変化はありませんが、シートアレンジも多彩なので利便性も非常に優れたものになっています。

フィットと比べると重厚感が増した点は好みが分かれますが、平均点の高い評価になります。

新型シャトルの燃費の評価

上記の特徴でご紹介したとおり、新型シャトルハイブリッドでは新型の「SPORT HYBRID i-DCD」が搭載されます。

こちらはJC08モードの燃費で「36.0km/L」まで向上すると考えられます。
現行のシャトルハイブリット車のJC08モード燃費が「34.0km/L」ですから、2.0km/Lほど低燃費になるのは嬉しいですね。

新型シャトルの実燃費

実燃費は、現在のシャトルハイブリット車でおよそ「21km/L」となっています。
ですから、新型の実燃費は「23km/L」ほどになるでしょう。

街乗りで利用する際、満タンに給油すれば、ガソリンスタンドにほとんど立ち寄らなくても良いほどの低燃費ですから、こちらも高く評価できます。

ワゴン車でかつ低燃費ですから、家族全員で旅行をしたり、大きな荷物を積んで遠距離を走行したりする際には、非常に助かりますよね。

新型シャトルの乗り心地の評価

新型シャトルの乗り心地については試乗レビューにまとめているのでご確認下さい。
新型シャトルの乗り心地を試乗レビュー!メリット・デメリットは?

シートはしっとりとした上質な素材を使い、滑りにくく座り心地は良好。

静粛性に優れているので、エンジン音やモーター音が気になってしまうという方にも最適。

辛口目線で見た場合、後方の視界が見えにくいと感じることがありますが、慣れれば問題ないレベルと言えます。

新型シャトルの購入価格の評価

新型シャトルハイブリッドの車両価格

  • HYBRID 約208万円
  • HYBRID X 約230万円
  • HYBRID Z 約248万円

旧型のシャトルハイブリッドの車両価格

  • HYBRID 約200万円
  • HYBRID X 約220万円
  • HYBRID Z 約240万円

新型シャトルハイブリッドでは、現行のものと大きな変更点はありません。
ですから、「Honda SENSING」が装備された分の料金である、約8〜10万円分が上乗せされると考えられます。
(「Honda SENSING」を外せば、上記価格より7~8万円ほど安くなります)

現行のシャトルと比較すると、価格はほぼ据え置きですね。

なお、ライバル車のカローラフィルダーと比べても割安です。

新型シャトルの維持費の評価

エコカー減税を受けられる

新型シャトルハイブリッドは、現行のものと同じく、自動車取得税・重量税・自動車税が免税・減税となる「エコカー減税」が適用されます!

<減税額(現行シャトルハイブリッド)>
・自動車取得税    ¥55,600- 免税
・自動車重量税    ¥22,500- 免税
・自動車税(翌年度) ¥25,500- 減税
合計  ¥103,600- お得!

10万円近くも減税・免税の恩恵を受けられるのは、非常に経済的です。

低燃費でガソリン代が安い

新型シャトルハイブリッドは低燃費ですから、その分ガソリン代も安くなります。
他のライバル車との燃費や年間にかかるガソリン代を比較してみましょう!

年間ガソリン代 比較

(※1Lあたり130円、年間走行距離1万キロで試算)

新型シャトルハイブリッド      36km/L  ¥36,140-
・カローラフィールダーハイブリッド   33km/L   ¥39,390-
・アクセラ ハイブリッド       30.8km/L  ¥42,250-
・インプレッサスポーツ ハイブリッド 20.4km/L ¥63,700-

ライバル車の中でも燃費が良いですし、それだけガソリン代が節約できるのも好評価です!

新型シャトルの辛口評価まとめ

新型シャトルハイブリッドは辛口目線でも、欠点が少ないことが特徴です。

ホンダ フィットの上級仕様と言えるでしょう。また他にも、

  • LEDフォグランプ
  • ナビと連動したETC搭載
  • 運転席、助手席にシートヒーター

など、旧型のシャトルにはない装備もついてくるのも、魅力的でした。

基本的には、エクステリア・インテリアともに、現在のシャトルとはほとんど変わりません。
マイナーチェンジによる変化を求めていたファンには、少し物足りないかもしれません。

とはいえ、「Honda SENSING」が標準装備となり、さらに低燃費となった新型シャトルは、安全面に考慮された経済的なコンパクトワゴン車と言えるでしょう。

新型シャトルの値引き情報はこちらから!

シャトルハイブリッドの値引きをすると何十万円も得をするのをご存じですか?

シャトルハイブリッドの値引きにはシンプルなやり方があり、誰でも実行することができます。

実際に値引きすることで、何十万円も安く購入できます。

値引きについては下記の記事を見ておけば、簡単にできます。
ぜひ流れをつかんでおきましょう。
ホンダ シャトルハイブリッドの値引き相場

 

スポンサーリンク