Pocket

セレナe-POWERの値引き1

日産が満を持して2018年3月に発売されたセレナe-POWERは、今までにない走りの機能、大きな燃費向上を実現しているのが特徴です。

あまり競合車も見当たらず、販売店も値引きには強気になりがちです。

そこで、値引きの最新相場をご紹介した上で、上手に値引き交渉をするコツをまとめ、少しでも安く買う方法をお伝えしていきます。

セレナe-POWERの価格を確認

グレードは「X」「XV」「ハイウェイスター」「「ハイウェイスターV」」の4つ。

値引きする上で元の価格を確認しておきましょう。

  • 「X」:2,968,920円
  • 「XV」:3,128,760円
  • 「ハイウェイスター」:3,178,440円
  • 「ハイウェイスターV」:3,404,160円

「ハイウェイスター」のグレードの価格は高くなりますが、最新の口コミではその分だけ値引き額が高い傾向にあります。

セレナe-POWERの値引き相場の最新レポート

セレナe-POWERの値引き2

値引き相場の目安

  • 値引き相場:10万~15万

最新のセレナe-POWERの値引き相場は、厳しめとなっています。

実際の口コミを平均しても10万円前後、良くて15万円と言えるでしょう。

予想を超える人気ぶり

日産のメインモデルであるセレナにe-POWERを搭載したことで、発売後も多くの注文が入り、予想以上の人気ぶりとなっています。

新型車であることに加え、類似車もみあたらず販売店も値引きには強気です。

オプション込みで総額が高くなってしまった、と言う声も多いですが大幅な値引きが期待できないため、仕方ない側面があります。

値引き限界額

  • 値引き限界額:20万

多くの口コミでも、20万円の値引きを超えることは稀となっています。

そのため20万円は限界額の一つの目安と言えます・

一部で大幅な値引き成功例もありますが、例外的と考えた方が良いでしょう。

セレナとは値引き相場が異なる

セレナの通常のガソリン車などは相場で30万円以上の値引きが可能です。

一方で、セレナe-POWERの場合は他のグレードの相場とは異なり、10万円程度の値引きが妥当となっています。

競合車が少ないこともありますが、セレナe-POWERはあらゆる面で進化しながらも、元の価格は高くないので、値引きしにくい側面があります。

逆に言えば、値引きできなくてもお得感のある車と言えます。

セレナe-POWERの値引きがしやすい時期は?

セレナe-POWERの値引き3

発売初期は大幅値引きは期待できませんので、受注が落ち着いてくる頃がベストです。

もちろん、すぐに車を買い替える必要がない人に限定されますが、待てば相場は下がっていくので、お得に購入できるでしょう。

多くのモデルは発売から半年ほどすると値引き幅も大きくなってきます。

ボーナスと年末時期は値引きしやすい

ボーナス時期、年末時期というのは、これらに合わせた商戦をスタートし値引きに応じやすくなりますので、交渉が楽になります。

値引きしやすい時期

  • 8月(ボーナス時期)
  • 9月(決算時期)
  • 12月(ボーナス時期)
  • 3月(決算時期)

値引きが苦手ならこの時期を見計らいましょう。

ただ、値引き幅が大きく変わることはないため、自分が買いたいと思ったタイミングで値引きをしてしまって問題ありません。

セレナe-POWERの値引き方法は大きく分けて2つ

セレナe-POWERの値引き4

セレナe-POWER(イーパワー)の値引き方法は2つあります。

  1. 日産系列店同士でセレナe-POWERを競合させる
  2. 競合車と比較して値引きを狙う

系列店同士で競合させる

セレナe-POWERは独自のe-POWERシステムを持っていますので、どうしても競合車が少ないという点があります。

そのため、日産系列店同士での競合がもっとも確実です。

「系列店の中でもっとも安くしてくれるところから買う」というシンプルな手段です。

系列店と言っても別会社同士で競合させる必要があるのでその点だけ注意しましょう。

お店が別会社かどうか見分ける方法は?

別会社か見分ける方法に関しては、

・お店の名前をネット検索して、会社概要を確認する

ことが確実です。

ここで、会社名が違えば、別会社だと分かります。

競合目的で別の県まで足を運んでみる価値もありますよ。

競合車はステップワゴンハイブリッド

もし他のモデルと競合させるのであれば、ステップワゴンハイブリッドが最適です。

ステップワゴンはハイブリッドモデルを投入し、売上好調なため、競合車に向いています。

電気自動車という観点で見てしまうと、セレナe-POWERは独自のシステムと性能を持っていますので、なかなか比較が難しい車です。

そのため、タイプが全然違う車を持ってきて、どっちにしようか迷っているということを匂わせましょう。

セレナe-POWERを値引きする上でのポイント

セレナe-POWERは現在のところ、他社ではほとんどライバル車がいません。

そのため、

先ずは日産系列店同士でセレナe-POWERを競合させるのがおすすめです。

もし、近くに系列店がない、という場合は競合車で競わせましょう。

この場合は、ステップワゴンハイブリッド、トヨタ3兄弟のノア、ヴォクシー、エスクァイアなどがおすすめです。

これらは機能ではセレナに劣る分、車両価格が安いので、十分交渉材料になるでしょう。

セレナe-POWERの値引き交渉の流れ

ここでは日産系列店同士で値引きする場合の方法を解説します。

基本は以下のポイントだけ押さえておけば大丈夫です。

いきなり値引きの話はしないこと

セレナe-POWERは売上が良く、唐突に値引き交渉をしてもあしらわれる恐れがあります。

値引きについては、ディーラーと会話を重ねてから切り出すようにして下さい。

実際に値引きすることになったら

実際に値引きをすることになったら、どこまで下げられるか、オプションを付けての値引きはいくらになるかを尋ねます。

その後、別系列店の価格を伝え、どのくらい下げられるかを交渉していくと良いでしょう。

もしいい返事が得られなかったら、その時点で保留にします。
そして、他の販売店を2つか3つ回って、もっとも値引き額の高いところを探りましょう。

担当者や店によっても値引き価格は違うものですので、足で稼ぐことも大切です。

車購入時の下取りは安く見積もられるので要注意!

最後の注意点は、セレナe-POWERを買う時に下取りを出す時です。

下取りを出してくれればその分安くできると担当者から言われても、うのみにせず、事前に車の見積もりを出しておきましょう。

なぜかというと、ディーラーの下取り価格は安いのが常識だからです。

そのため、事前に車の見積もりを出して、それをディーラーに見せましょう。

インターネット上で複数見積もりが手に入る「かんたん車査定」の利用が最もポピュラーです。

下記にて、無料で今すぐ査定をすることが可能です。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

こうした事前の見積もりはもはや必須です。

下取りをすると値引きが大きくできるという説明があっても、その分を下取り価格から引いていることが多く、注意しておきましょう。

スポンサーリンク