Pocket

新型RAV4のおすすめグレードランキング

こんにちは。ぎぶさんです!

本記事では2019年に復活を果たしたトヨタRAV4のおすすめグレードをまとめました。

新型RAV4のグレード構成は5つのシンプルなものとなっていますが、いずれのグレードも見るべき点が多く、迷われている方も多いと思います。

注目を集めるAdventure(アドベンチャー)をはじめ、珠玉のラインナップと言えるでしょう。

そんな新型RAV4の人気グレードを、ランキングを交えてご紹介していきます!

元祖シティ派SUVの新型RAV4について

新型RAV4について
(出典:https://toyota.jp/

グレードをご紹介する前に、カンタンにRAV4についておさらいしておきます。

94年にデビューした初代トヨタRAV4はセンターデフを備えた本格的な4WDシステムを備え、2リッターDOHCエンジンによる軽快な走りを実現。

RAV4はトヨタの世界戦略車

スタイリッシュななデザインが評判となって大ヒットを記録、現在に続く都会派SUVの草分け的存在となりました。若き日の木村拓哉さんが出演したCMも話題となったので記憶されている方も多いのではないでしょうか?

RAV4は00年に登場した二代目以降、トヨタの世界戦略車として海外市場をメインに開発され爆発的な人気車となっていきます。

今回は海外市場の流れも踏まえた上で、新型RAV4のグレードについて解説していきます。

トヨタ新型RAV4のグレードの見所は?

新型RAV4のグレード構成はとてもシンプルです。

エンジンは2リッターガソリンと2.5リッターハイブリッドの2種類、それぞれにベースグレードとなるXと上級グレードのGという構成となっています。

さらにガソリン車にはXをベースに専用のエクステリアとインテリアを採用したAdventureと、Gをベースにし装備をさらに充実させたG”Z package”が用意されました。

後述しますがこの二つはかなりおすすめです。

駆動は4WDが主流

最近のSUVはオフロード性能よりもファッション性を重視して選ばれることも多く、燃費や価格を考慮して4WD仕様自体を設定しない車種まであります。

しかし新型RAV4ではベースグレードのXでしか2WDを選べず、トヨタとしては4WDこそ新型RAV4の主流と考えているようです。

新型RAV4のおすすめグレードランキング

RAV4のおすすめグレードランキング

それでは新型RAV4のおすすめグレードをランキング形式で紹介していきましょう。

ここでRAV4のグレードの特徴が分かるようにまとめています。

全てがおすすめできるレベルに達しているため、ぜひ詳しくチェックしておきましょう。

6位 G(E-Four) ハイブリッド 3,817,800円~

新型RAV4のハイブリッドは2.5リッターエンジンにモーターの組み合わせでシステム出力222psと高い実力を備え、それでいて燃費は25.0km/ℓ(JC08モード:以下同じ)と高い経済性を誇っています。

しかし同じGグレードではガソリン車の320万2200円に対してハイブリッドは381万7800円と61万円もの価格差があります。

ガソリン車の燃費は15.2km/ℓとハイブリッドには劣りますが、それでもこの価格差を燃費だけで回収するのは難しいでしょう。

ガソリン車にはトヨタ初となる新型のダイレクトCVTが採用されるなど、技術的なトピックも多いことからハイブリッドはやや影が薄い印象です。

5位 X(FF) ハイブリッド 3,202,200円~

ハイブリッドのベースグレードがX(FF:320万2200円)です。

25.2km/ℓと燃費面では4WDに対してアドバンテージは大きくないものの、新型RAV4の中で最も低燃費なグレードとなります。

4WDはいらない、維持費はあまりかけたくない、という方におすすめのグレードです。

ちなみに一クラス下であるCH-RのGグレードが292万9200円なのでCH-Rでは後席や荷室が狭い、と悩んでいるユーザーは新型RAV4のこのグレードも検討してみてはいかがでしょうか。

4位 G(4WD) ガソリン車 3,202,200円~

4位はガソリン車の上級グレードがGです。

装備ではXに加えてタイヤが18インチになる他、本革巻きステアリングや8ウェイパワーシート、室内イルミネーションといった豪華装備が追加されます。

価格は320万2200円とXに比べて約37万円高ですが、装備内容を見れば十分納得できます。

ただし、それらの装備の全部が欲しいのでなければXをベースにオプションで必要なものを追加する方が良い場合もあります。

それぞれの装備について、要不要をしっかり吟味した上でGにするかXにするかを検討することをおすすめします。

3位 X (4WD) ガソリン車 2,835,000円~

新型RAV4の事実上のベースグレードとなるのがX (4WD)ガソリン車です。

ベースグレードといっても左右独立式のオートエアコンといった快適装備や3灯式LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ&LEDデイライトなどは標準装備で見た目にもベースグレードにありがちなしょぼさは皆無です。

もちろん安全装備は上級グレードとも共通のToyota Safety Senseを装備しているので、まず不満はでないレベルです。

それでいて価格は283万5000円と、ナビ(6スピーカーは標準装備)をディーラーオプションで追加しても本体化価格が300万円以内に収まります。

あまりお金をかけたくない方には特におすすめとなります。

2位 G”Z package”(4WD) 3,348,000円~

ガソリン車では最上級グレードとなるのがG”Z package”です。

Gとの価格差は約14万円と小さくはないのですが、タイヤがGの225/60R18から235/55R19と大径化され、キック式パワーバックドアやデジタルインナーミラーといった便利な装備を加え、4WDはより高度なシステムが採用されていることを考えれば納得できます。

価格が334万8000円となることから、上級ながら大幅な値引きも期待できる同じトヨタのハリアー(PREMIUMグレード:344万)と比較して迷うもいらっしゃるかもしれません。

しかし、ハリアーのベースは、実は国内で販売されなかった先代RAV4です。

当然、シャシーや4WDシステム、エンジンやCVTや安全装備に至るまで新型RAV4と比較すると見劣りがするのですが、カタログだけを見ていると違いがわかりにくいのも事実です。

ハリアーの豪華で都会的な雰囲気は魅力的ですが、車としての実力では新型RAV4の方が上であることは覚えておいた方がよいでしょう。

1位Adventure(4WD) ガソリン車 3,137,400円~

新型RAV4でいちばんのおすすめがAdventure(アドベンチャー)です。

フロントマスクがアウトドアギアをイメージした専用のデザインとなり、インテリアもカラーパネルを使用して明るい基調となるなど、他のグレードよりもカジュアルでアクティブなものとなっています。

2トーン仕様が選べるのもこのグレードのみで、明るいブルーのボディカラーにホワイトのルーフという組み合わせはどことなく初代RAV4を思い起こさせます。

特にブルーと白のコンビネーションはRAV4でも屈指のカッコ良さではないでしょうか。

新型RAV4は、オクタゴン(8角形)をモチーフにして、これまで以上にオフロードに強い車というイメージを強調したデザインになりましたが、それが最もよく表れているグレードといえるでしょう。

Xグレードをベースにしているため、大径タイヤなどの専用装備を追加しているにもかかわらず317万7400円とリーズナブルな価格を実現している点もポイントが高いです。

ガソリン車とハイブリッド車はどちらがおすすめ?

新型RAV4ではガソリン車、ハイブリッド車どちらでも4WDが選べますが、その性格は大きく異なります。

ハイブリッド車の特徴

ハイブリッドに用意されるのは電動4WDのE-Fourと呼ばれる従来のシステムをブラッシュアップしたもので、前後のトルク配分が幅広く、より緻密に制御できるようになっています。

しかし基本的には前輪駆動が基本で、雪道などでタイヤがスリップした時に駆動力を配分するという、いわゆる生活4駆というキャラクターが強いものです。

ガソリン車の特徴

一方、ガソリン車のAdventure及びG”Z package”にはダイナミックトルクベクタリングAWDと呼ばれる新しい4WDシステムがトヨタ車として初めて採用されました。

トルクベクタリングとは前後左右の駆動力を最適に制御するもので、悪路だけではなくオンロードでのコーナリングにおいても操縦安定性や旋回性能に効果を発揮するとされています。

ハイブリッド車の燃費、モーターによるスムーズな走りは魅力的ですが、積極的に走りを楽しみたい方にはガソリン車のAdventure及びG”Z package”がおすすめです。

新型RAV4のおすすめグレードまとめ

改めておすすめグレードをまとめると以下の通りです。

  • 1位 Adventure(4WD)
  • 2位 G”Z package”(4WD)
  • 3位 X (4WD)ガソリン車
  • 4位 G(4WD) ガソリン車
  • 5位 X(FF) ハイブリッド

新型RAV4の国内価格は北米市場での直接的なライバル車となるホンダCR-V(323万円~436万円)と同程度になると予想されていました。

しかしふたを開けてみるとベースグレードで260万円、ハイブリッドの最上級グレードでも381万円と非常に戦略的なプライスをつけてきました。

それでいて安全装備も夜間歩行者対応の自動ブレーキを含む最新のシステムが採用されるなど、手抜かりはありません。

国内市場に復活した新型RAV4、北米市場に続いて国内でも初代以来の大ヒットとなる可能性は大いにあるでしょう。

新型RAV4の値引き情報はこちら

5つのグレード構成の新型RAV4ですが値引き成功事例が出てきています。

人気の新型車のため値引きは辛口ですが、トライしてみる価値はあります。

やり方はシンプルで、最新の相場と競合車を押さえるだけ。

購入を検討している方はしっかりと確認しておきましょう。
トヨタ新型RAV4の値引き情報

 

スポンサーリンク