Pocket

プレオプラスの維持費

プレオ プラス(PLEO+)はスバルから発売されている軽自動車fです。

ミライースのOEM車種であり、国土交通省が公表した燃費の良い軽自動車のベスト10にランクインするなど、コストパフォーマンスの高さが特徴です。

そんな、スバルの新型プレオ プラスの維持費は年間でどのくらいかかるでしょうか?
ザックリとまとめていきたいと思います。

新型プレオ プラス(PLEO+)の購入に必要な費用

新型プレオ プラスの車両価格は

・ベーシックグレードが89万円
・スマートアシストを搭載したハイグレードが122万円~

となっています。

なお、金利3%の自動車ローンで3年間支払いを行なうと、ベーシックグレードの場合は93万円。
ハイグレード車は127万円を支払うことになります。

結果として1年当たりの費用はそれぞれ31万円と42万円になるわけです。

プレオ プラスの維持費で必要な費用は?

維持費に分類されるのは主に「税金」と「燃料費」「メンテナンス費」の3つです。

それぞれの詳細についてチェックしていきましょう。

税金

プレオ プラスは660ccのエンジンを搭載した車であり、エコカー減税対象車です。
そのため、自動車税は毎年10,800円を支払います。自動車重量税は免税となります。

自賠責保険料は1年当たり11,870円が必要となります。

もし任意保険に加入すると、保障内容に応じて年間30,000円から70,000円前後の支払いが発生します。

プレオ プラスは低燃費!

プレオ プラスは燃費が非常に良く、お財布にはとても優しい車として知られています。

例えば年間1万キロを走ると仮定して計算してみましょう。

JC08モードによる走行テストによると、プレオ プラスの燃費は2WDモデルが35.2km/L、4WDモデルが32.2km/Lとなっています。
このデータに基づいて計算すると2WDモデルが年間284L、4WDモデルは年間310Lを消費することが分かります。

ガソリンの1L当たりの料金を140円として1年間にかかる燃料を計算すると、

・2WDモデルでおよそ40,000円。
・4WDモデルの場合はおよそ44,000円

が必要となります。

メンテナンス費用

プレオ プラスは燃費が非常に良いとはいえ、メンテナンスが不要というわけではありません。

法定点検や車検などを通して定期的にメンテナンスをする必要があります。

こちらは意外と細かくかかってくるので注意が必要。

例えば走行距離を1年に1万km前後と仮定すると、オイル交換は2回以上必要になります。
オイル4Lとフィルターの交換でおよそ10,000円の費用がかかります。

タイヤのローテーション代金を6カ月ごとに実施するとして毎回2,000円前後。
2年に1回タイヤ交換で20,000円から30,000円の経費が必要です。

さらに6カ月点検で10,000円前後の出費が定期的に発生します。
車検代金も少なくとも20,000円前後は必要と考えておくと確実です。

駐車場の料金は人それぞれ

自宅に駐車場を持っていない場合には毎月の駐車場代が発生します。
1台あたり10,000円から15,000円程度の費用が必要です。

ただ、駐車場料金は人それぞれであり、維持費は大きく変わってきます。

新型プレオ プラスの年間維持費はいくら?

以下の条件で、プレオ プラスの年間維持費を予想します。

あくまで個人差があるのでご注意下さい。

・新型プレオ プラスを3年のローンで購入した場合
・年間走行距離を1万kmとする
・4年目以降に必要となる年間の維持費をまとめる

税金

「税金」として必要になるのは「自動車税」が10,800円、車検の際に支払う「自動車重量税」は無料で「自賠責保険料」が11,870円です。
この他に任意保険料金を支払うことで30,000円程度が必要となります。

合計すると1年間で52,670円の費用が発生することが分かります。

メンテナンス費用

「メンテナンス費用」として発生するのは、

・「オイルとフィルター交換」で10,000円から15,000円
・「タイヤの交換およびローテーション代金」として1年あたり18,000円前後
・法定6カ月点検で20,000円程度
・車検代金として1年当たり25,000円から35,000円前後の費用がかかります。

これらを合計すると1年間で73,000円から88,000円程度になるイメージです。

※駐車料金は個人差があるので省略しています。

燃費

「燃料代」としてはベーシックグレードが40,000円、スマートアシストを搭載したハイグレードが44,000円程度を目安としておきましょう。

すべてを合計すると、年間261,670円から364,670円程度の出費になります。
1カ月当たりに換算すると22,000円から30,000円程度です。

これは軽自動車の中でもかなりの低水準であり非常にお得な金額です。

全体のまとめ

スバル新型プレオ プラスは、維持費の観点では「買い」と言えます。

税金も燃費も安いので、コストを抑えたい方には最適です。

もちろん維持費はケースバイケースなので、あくまで今回の数字は参考にとどめましょう。

プレオ プラスは燃費の良さに加えて、「アイドリングストップ」や「エコ発電制御」などの機能も充実し、環境にもお財布にも優しいエコカーなのです。

プレオ プラスを値引きして買う方法とは?

維持費が安いプレオプラスは値引きできる場合があることをご存じですか?

値引きにはシンプルな手順があり、基本情報を押さえておけば誰でもできます。

プレオプラスは低価格車ですが、値引きによってさらに安く買える可能性があります。

値引きや手順は下記の記事を見ておけば、簡単にできます。
事前に流れをつかんでおきましょう。
スバル新型プレオプラスの値引き情報!最新相場と値引きのコツ

 

スポンサーリンク