Pocket

payment4

こんにちは。ぎぶさんです。

新車を買うのはそれ相当の覚悟と資金力が必要になります。

自動車の場合は何百万円といったお金が必要なため、現金一括で買うという方法以外に自動車ローンを使って買うという方法もあります。

現金一括で購入するのと自動車ローンを使って購入するのとでは、双方にメリット・デメリットがあり、値引きにも影響してきます。

今回はメリット・デメリットを通じてどちらの方がお得なのか?検証していきます。

現金一括のメリットとデメリット

payment5

現金一括支払いは、最も単純明快な買い方ということができます。

自動車と現金を交換ですので後腐れなく買い物が可能。

見積書を書いてもらった金額を用意し、銀行振込やディーラーに現金を持ち込んで、あとは納車を待つだけです。

現金一括のメリットとは?

最大のメリットは、まず買う時のやり取りが非常に簡単である点です。
求められた金額を払って商品を手にするだけなので、難しく考えずに買うことができます。

また、カーライフを存分に楽しめるというメリットもあります。
ローンを使って購入するのと違って、購入後は車両代金の支払いを考える必要がありません。

お金があればそのお金を後付けパーツとかガソリン代などに充てることもできます。

その車を自分の物にすることができ、好きな時に売却することも可能です。

現金一括のデメリット

一方、デメリットですがはっきり言ってデメリットらしいものは見当たりません。

しいていえば資金力、経済力、そしてまとまった現金を用意することができる能力が必要となってしまうことでしょう。

結論からすると、支払い能力がある場合においては現金一括がおすすめです。

ローン払いのメリットとデメリット

payment2

ローン払いのメリットとは?

メリットは資金力がなくてもある程度の経済力と信用があれば誰でも新車を買うことができるという点になります。

低金利でお金を借りれますので、非常にお得感がありますね。

新車を一括で買える余裕がないという場合は、ローン払いでも全然問題はありません。

ローン払いの審査について

自動車ローンは借金であり、申し込みをすると経済力の他に信用度というものを含めた審査が行われます。

仕事の内容や年収、他に借金はないか?過去に債務整理とか滞納など金銭的な事故がなかったかどうかなども審査されます。

この審査をパスすることができなければ、自動車ローンでお金を借りて車を購入することができませんので最低限の条件をクリアしなければなりません。

ローン審査はそれほど厳しくない?

ただ、審査が比較的柔軟な信販系や自動車メーカー系、ディーラー系の自動車ローンでは購入した車を担保として押さえられる形となります。

つまり貸す側もリスクが低くなり、ほとんどの方が自動車ローンを利用することができるといっていいでしょう。

ローン払いのデメリット

対してデメリットですが、まずは毎月返済に追われる形になります。

自動車ローンを組むときに返済できる計画を立てたうえでお金を借りているので、返済に追われて四苦八苦することはありません。

ただ、毎月ある程度の金額を返済するプレッシャーが完済する時まで続くので、そういうことが苦手な方にはおすすめできません。

名義が自分にならないことも!

信販系やメーカー系、ディーラー系の自動車ローンを使って購入した場合ですが、名義が自分ではなく自動車ローンを組んだ企業となります。

表面上は自動車ローンを使って購入した方の車のように見えますが、現実的にはその車は買った人のものではなく自動車ローンを組んだ企業のものです。

買った方はそこから車を借りているにすぎない、レンタル料を払って乗りまわしているということもできます。

残価型ローンについても知っておこう

自動車ローンには「残価型ローン」というものもあります。

頭金が必要なく、月々の支払いが安くなるメリットがある一方で、制限が多く注意が必要です。

以下のデメリットがあり押さえておきましょう。

  • 支払い期間終了後に乗ると二重利息が発生することがある。
  • 将来の下取り価格が決められてしまう。
  • 走行距離を超過すると追加負担金が必要。
  • 事故で車に傷が有ると追加費用が必要。
  • 車の改造・カスタマイズはNG。

あまり車に乗らない場合は検討の余地がありますが、基本的にはおすすめできません。

現金一括払いを利用して車の値引きは可能か?

payment3

現金一括払いはディーラーに非常に喜ばれます。

売買契約をしたらすぐに現金が入ってくるわけですからお金の巡りも良くなります。

手続きも簡単に済むため営業マンが余計な仕事をする必要がなく、人件費を有効に使うことができるので尚さらです。

現金一括払いの方が断然値引きしやすい

自動車ローンで買うより現金一括で買ってもらった方がありがたいので、現金一括払いでは値引きを引き出しやすくなります。

現金一括で購入する場合、最初に告げずに相手が渋った場合に、「現金一括で購入する」ということ交換条件にしてみてください。

間違いなく値引きが優位に進められるはずです。

ローン払いを利用して値引きは可能か?

自動車ローンを使って購入した場合も、値引きをしてもらうことはもちろん可能です。

だからといって多くの値引き額を引き出せるかというとそうではなく、やはり現金主義が一番強いことを考えれば、現金一括より不利と言えます。

ローン払いは値引きで不利

自動車ローン払いにした時は値引き交渉に少々苦労する可能性があります。

1万円の値引き額のアップをしたとしても、月々の返済にしてみれば僅か数百円の違いでしかありませんので、そういった視点でディーラーが攻めてくるからです。

「値引き額をアップしたとしても月々の返済額はほとんど変わりませんよ、それなら気持ちよくこの金額で買ってください」といった感じです。

「自動車ローン払いでないと車が買えない」というところから足元を見ているので、こちら側の要求が受け入れられにくい形になります。

ギリギリ予算はあるが現金一括とローン払いで迷う場合

現金一括払いかローン払いかで、もっとも迷うケースが以下です。

ギリギリの予算はあるものの、思い切って現金一括で払うか、ローン払いにするか迷っている。

ここからは個人的な見解ですが、予算がギリギリの場合はローン払いで良いかと思います。

というのも貯金が一気になくなってしまうのは不安なものです。

確かに現金一括の方がメリットがありますが、ローン払いも低金利ではあります。

ローン払いも大きなデメリットはないため、心の余裕を考慮するとローンが良いでしょう。

現金一括払いというのは、あくまで予算に余裕があるときにおすすめです。

現金一括とローン払いはどっちがお得?

金銭的にも現実的にも現金一括で購入した方が得をすることになります。

現金一括であれば利子も何もつかず、額面通りの金額だけで済みますが、自動車ローン払いとなると、仮に300万円の借入で5年返済、金利2%で計算すると、だいたい15万円ぐらい多くのお金を払う必要があります。

現金一括で購入すると所有者は自分ですので、数年後に売ることを考慮しても現金一括が融通が効きます。

ローン払いも低い金利でお金を借りられるというメリットはありますが、お金に少しでも余裕がある場合は現金一括にすることがおすすめです。

スポンサーリンク