Pocket

nvanの内装

2018年7月に発売が開始され、順調すぎるほど販売台数を伸ばしている商用車が、ホンダのN-VANです。

NVANは、ホンダの人気商用車であったバモスの後継車種として、これまたホンダを代表する人気軽自動車N-BOXをベースとして開発されました。

外観はN-BOXのように仕上がっていますが、内装の方はどうなのでしょうか?

今回は、N-VANの内装の良い点・悪い点を画像つきで徹底的に解説していきます。

運転席&インパネまわりを総合チェック!

nvan運転席
(出典:https://www.honda.co.jp)

まず、N-VANの運転席側をチェックです。

ステアリングホイールは、全モデル共通してウレタン製になります。軽自動車でも、現在はグレードによっては本革巻きもありますが、やはりそこは商用車。余計な高級感は必要ないと判断されたようです。

しかし、STYLE FUNのグレードには、ステアリングホイールにシルバーの装飾が加えられています。そう考えると、多少はグレードによる差別化を意識はしているようですね。

それに、ウレタン製とはいえ、そこまで安っぽさは感じません。触れたときの質感もよく、何よりステアリングスイッチの多さに驚きます。

いわゆる運転支援システムが充実していることの表れですが、この辺にホンダの気合の入り方を見ることができます。軽の商用車とはいえ侮れません。

スピードメータなどの計器類をチェック

運転席の前方に設置されているスピードメーターは、スクエア型でシンプルなデザインです。

しかし、その横にはタコメーターも設置されており、シンプルでありながら充実した内容になっています。見た目もスッキリしていて、シンプルさが逆にオシャレに感じるつくりです。

また、メータの横には、マルチインフォメーションディスプレイが採用され、平均燃費や航続可能距離、さらにはN-VANの現在の状態などを、ボタン1つで表示してくれます。

運転席やインパネは商用車と思えないほど、よくつくられています。

室内空間の居住性を徹底チェック

nvanのインテリア
(出典:https://www.honda.co.jp)

次にN-VANの内装の肝である、室内空間の居住性をチェックしていきます。

乗り心地より荷室空間の広さを優先

まず、乗り心地に関してですが、結論からいうと、N-NANは商用車である以上、普通乗用車ほど、助手席、後部座席に乗り心地を求めてはいけません。

N-VANは、あくまで運転手が荷物を最大限積めるよう、考えぬかれて設計されています。

そのため、運転席には運転手がストレスを感じないように、厚みのあるシートを採用。そして窮屈に感じないように、ある程度余裕を持ったスペースを確保しています。

助手席の乗り心地は今一つ

しかし、助手席への負担は多く、助手席側は運転席よりも乗り心地は悪いといえます。座面のクッション性も低く、スライド機能も備わっていません。

しかし、これは後述するN-VANの最大の強みである、荷室空間の広さを担保するのに必要な措置であり、この部分が普通の軽自動車とは一線を画すところです。

リクライニング機能は付いているのは大きい

nvanのリクライニング
(出典:https://www.honda.co.jp)

ただ一応、助手席にもリクライニング機能は備わっており、最大で約30度の角度調整をつけることが可能となっています。

気休め程度と言えばそれまでですが、あるのとないのでは大きな違いです。このあたりに関しては、試乗などを通じて確認して見ることが一番でしょう。

助手席はフルフラット可能で利便性が抜群!

nvanのフルフラット
(出典:https://www.honda.co.jp)

また、助手席は前方に180度完全に倒すことが可能です。つまり、フルフラットな状態で助手席を格納することが可能なのですが、運転手にとっては、非常にありがたい機能です。

もし運転中に、何かしらの作業が必要になったさい、車を路肩に止めて、助手席をフルフラットにすれば、簡易的な作業場を確保できます。

これらを考えると、助手席の乗り心地を犠牲にしているのも仕方ないと納得できます。

こういったところは、運転手の利便性を最大限に考えた、N-VANならではの内装のつくりといえるでしょう。

後部座席の乗り心地はどうなのか?

また、後部座席も助手席と同様、乗り心地の考慮はあまりされていません。平均的な体格の大人の男性が2人、後部座席に座ると、足が運転席や助手席にあたることがあります。

また、クッション性も助手席同様、皆無に等しく、リクライニング性能もついていません。

そう考えると、仲間や友人とN-VANで長距離ドライブとなると、注意が必要。それもそのはずで、実はN-VANは、お一人様を想定して設計されているという事実があります。

運転手以外の乗り心地を犠牲にしても、大量の荷物が積める軽商用車、それをN-VANのデメリットと捉えるか、メリットと捉えるかは、読み進めて判断してみてください。

荷室を含めた全体の収納力をチェック!

nvanの荷室
(出典:https://www.honda.co.jp)

同乗者の乗り心地を犠牲にしている分、NVANの内装はとても広い設計になっています。

全体の収納力は軽商用車で最高クラスの評価ができます。

通常モードでの荷室の広さ

まず、通常モードでの荷室の広さを計測してみます。

通常モード、すなわち4名乗車時における、N-VANの荷室の広さは以下です。

  • 荷室開口高 525mm
  • 最小幅 900mm
  • 奥行き 720mm
  • 高さ 905mm

数値を見てもピンとこない人もいるかもしれませんが、通常時でこの広さは魅力的です。また、N-VANの特徴である低床と高天井が、このN-VANの荷室をより広いものにしています。

後部座席格納時の荷室の広さは圧巻!

nvanの荷室の広さ
(出典:https://www.honda.co.jp)

そして圧巻なのが、後部座席を格納し、フラットな状態にした場合の荷室の広さです。

後部座席格納時

  • 最小幅 905mm
  • 奥行き 1550mm

通常時と比較すると、2倍もの奥行きを確保することが可能です。ちなみにライバル車種である、ハイゼットキャディーと比較すると、奥行き、幅、高さは1mほど差が出ています。

この時点で、商用車の一番の目玉である、積み込み性能はライバル車より圧勝です。

助手席まで倒すと部屋ができる!

また後部座席、さらに助手席までもフルフラットで格納すると、助手席側には最大で2635mmの広さの収納スペースが出現します。

ここまで広い内装スペースを確保できるN-VANなので、自転車の積み込みや、ゴルフバッグ、さらにはキャンプ道具までぎっしりと積み込むことが可能です。

公式には、N-VANにはダンボール箱であれば71箱。ビールケースなら40ケースが積み込める計算になっています。

セカンドカーやアウトドア車に最適

また、積載重量も最大で350kgまで可能という優れものです。

多人数でのドライブには向かないかもしれませんが、圧倒的な積み込みが可能なN-VANです。家庭でのセカンドカーとしての役割を見事に果たし、アウトドアが好きな人のメインカーとしても威力を発揮してくれます。

商用車として完成度が高く、日常使いができるのはかなりのお得感がありますね。

シートアレンジと車中泊について検証

nvanのシートアレンジ
(出典:https://www.honda.co.jp)

N-VANは先述したように、後部座席と助手席をフルフラットにすることができます。

そのため、内装を広々とした空間に変身させることが可能です。アウトドアが好きな人や、車で旅行する人にとっては、車中泊も可能な優れたキャンピングカーになり得るのも、N-VANの大きな魅力といえます。

運転席はフルフラット不可。しかしオプションを使えば可能!

残念ながら運転席はフルフラットにはできません。しかし、運転席を最大限にリクライニングさせて、その上にオプションであるマルチボードを設置すると、運転席との段差は解消される設計になっています。

さらにその上に、マットを引くと、あら不思議、立派なお部屋が誕生です。

N-VANの内装の広さであれば、大人2人が横になっても、余裕がある状態です。そのため、N-VANでのんびり夫婦で旅行というのもありかもしれませんね。

シートアレンジを使えば、便利に、いろいろな楽しみ方ができます。

N-VANで便利な機能や装備はこれだ!

nvanの装備
(出典:https://www.honda.co.jp)

さて、N-VANのインパネ周りやシート性能、荷室の広さなどを解説していきましたが、N-VANには、そのほかにも便利な機能や装備が盛りだくさんです。

ここでは、そんなN-VANの見逃せない便利機能、装備に関して解説を行なっていきます。

何気に嬉しいピラーレス

まず、助手席側がピラーレスという点、実はこのピラーレスというのが結構嬉しい特徴です。ピラーレスとは、前席と後部座席の間に設置されている柱のようなパーツがないことをいいます。

昨今の軽自動車は、このピラーレスを売りにしている軽自動車も多いです。御多分にもれず、N-VANもこのピラーレスを採用しています。

ピラーレスだと嬉しい点は「荷物が積みやすい」「人の乗り降りが楽にできる」といった点でしょう。特に小さな子供を抱える家庭では「あるある」ですが、子供がイヤイヤ状態の場合、車に乗せるのは一苦労です。

泣き叫び、暴れまわる子供を狭い入り口から車内に入れるのは、なかなかの重労働。しかし、ピラーレスならば、入り口が広いから簡単に中に放り込むことができます。これって意外と嬉しい特徴なんですよね。

グローブボックスがない!

そして特筆すべきは、通常ですと助手席側に設置されてある、グローブボックスがN-VANにはない、ということです。

グローブボックスとは、車検証や整備記録などを保管しておくスペースですが、N-VANは荷室の広さを大きく確保するため、あえてグローブボックスは設けていません。

代わりに、運転席の後ろ側にファスナー付きの収納スペースがありますので、そこに車検証や整備記録を収納します。

一見、不便に見えますが、これもN-VANの商用車として最大限のパフォーマンスを発揮するための策と考えれば、逆にそのストイックさに感心してしまいます。

小技を効かせた機能が嬉しい

N-VANには内装にUSBジャックがあらかじめ2個設置されているのも地味にポイントです。今の時代、スマートフォンやパソコンを車で充電するのは当たり前の時代ですからね。

他にも、コンビニ袋を下げるための装備がついていたり、インパネ部分にはティッシュが置けるスペースが用意されているなど、小技の効いているところもあり、とにかく運転手の利便性を考えた商用車、それがNVANです。

収納性や利便性ではN-BOXを上回る軽バン

全体をまとめると、NVANは商用車としての完成度が高く、レジャーとしても非常に使える軽バンということができます。

現行の商用バンでは最高評価の位置づけですが、さらに日常用にも購入できます。

N-BOXをベースに作られていますが、オーナーの目的次第ではN-BOX以上におすすめできる優良車です。

座り心地こそ劣りますが、荷室空間と利便性を優先した結果であり、大きな問題はありません。

強烈なメリットが多く、内装という観点でもN-VANはおすすめの一台と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク