Pocket

ノアの値引き相場レポート

こんにちは。ぎぶさん(@give333)です。

新型ノアは、ミニバンタイプに販売台数ナンバーワンを誇る人気車です。

トヨタでも積極的に販売攻勢をかけていますので、上手く交渉すれば大きな値引きを引き出すことが可能です。

価格も機能の割にリーズナブルなため、よりお得に乗れるように交渉していきましょう。

本記事では1番人気グレードである「Si」を中心に最新の値引き相場と、限界まで安くする値引きの裏技をご紹介します。

新型ノア/ハイブリッド 値引き相場レポート

ノアの最新値引き相場

値引き相場は実際の口コミから、カーメディア、雑誌の情報までを全て平均化することで、もっとも実態に近い数値を割り出しています。

なお、下記の数値はグレードSiから特別仕様車まで、平均化しています。

新型ノア/ハイブリッドの値引き相場

  • 車両値引き:30万円(平均)
  • オプション値引き:14万円(平均)
  • 車両価格+オプション値引き:34万円(平均)
  • 値引き限界:70万円
  • 値引き難易度:普通~簡単

新型ノアは発売当初、シェアを大きくするためにかなりの値引きが行われていました。

現在も値引きはしやすく、特別仕様車や上位グレードは、平均値を上回る可能性があります。

50万円以上の値引き報告が出ることもありますが、一般的にはオプション込みで34万円を目安にするのがおすすめです。

相場は下落基調か?

現在では売れ行きが安定していることや、常に高い人気が続いていることから、徐々に値引き相場が下がってきています。

今では合計30万円前半までが相場であり、ネット上では簡単だという声も目立ちますが、楽観視せずに相場を意識しましょう。

オプション割引で限界を引き出す

新型ノアは、オプションを付けることで、値引き額を大きくできます。

特におすすめなのが、ディーラー報酬額の高い以下のオプション。

  • ボディーコーティング
  • 上級ナビ

値引き限界を引き出す上で、オプション値引きは大切です。

自分の気になるオプションがあればつけて、値引き交渉をしてみましょう。

ただ、オプション値引きは、本体に組み込まれぬよう別々に切り出すことが肝心です。

まずは本体値引きの交渉をし、限界だと見極めを付けたら、オプションをつけて値引きをもちかけてみましょう。

値引き限界を狙うなら下取り査定アップも大事!

ディーラー下取り価格を引き上げて、ノアをお得に購入することも大切です。

値引きが成功しても、下取り査定が安いと元も子もありません。一工夫を入れることで、安値で買い取られるリスクを避けましょう。

やり方は最後にくわしく記していますので、ぜひチェックしてみてください。

新型ノアの値引きが期待できる時期をチェック

ノアの値引き時期

新型ノアは全体として値引き幅が大きいので、どのタイミングでも新車を値引いていただくことは可能です。

しかし、決算の時期などはより交渉がスムーズに進んでいくことが多く、無理せずに値引き交渉をしたいという人におすすめです。

  • 3月(本決算)
  • 9月(中間決算)

決算のタイミングとなる3・9月はどのモデルでも値引き幅が大きくなりますが、ノアの場合も安く購入できるチャンスです。商談会などのキャンペーンが行われている時は狙い目。

また、年末年始やボーナス商戦のタイミングも、キャンペーンが積極的に行われ、値引き交渉をするタイミングとして最適です。

  • 6月(ボーナスシーズン)
  • 12月(ボーナスシーズン)

店によって異なりますが、ノアは売り上げ総額を上げるための販売強化モデルとなりやすく、ボーナスシーズンは大幅値引きを狙える可能性が高まります。

ただ、値引きしやすい車種のため、値引き時期はそこまで気にしなくても大丈夫です。

新型ノアの値引き交渉方法は2つ

ノアの値引き交渉方法

新型ノアの値引きをする際には、二つの方法を組み合わせて交渉することができます。

ライバル車との競合(最もおすすめ)

一つ目は、ライバル車との競合を図るというもの。

新型ノアには多くののライバル車がいますので、それぞれの価格を調べてぶつけることで、交渉を有利に進めていくことができます。

他メーカーの中にもトヨタの中にも、同じような大きさ、価格帯、装備の車がいくつかあるので、比較対象が多いというのが一つのメリットです。

トヨタの別系列店での競合は微妙

もう一つの方法は、同じ新型ノアでもトヨタの別系列店で交渉をするもの。

ノアにはヴォクシーとエスクァイアというトヨタの姉妹車があります。これらは別系列のお店で販売されているので、値引き競合させることが可能です。

※2018年10月、トヨタの系列店が全て統合される話が出ました。それを考慮すると姉妹店がなくなるため、基本はライバル車と競合させるのが確実です。

新型ノア値引きはライバル車を引き合いに

新型ノアのライバル

新型ノアは、他メーカーでもライバル車が非常に多く、値引き交渉をする際には、積極的にそれらのライバル車の存在を出して交渉すると有効です。

基本的にはステップワゴン、セレナが鉄板なので、チェックしておきましょう。

ステップワゴンと競合させる!

他メーカーであればホンダのステップワゴンが、ライバル車として有名です。

若干、デザインコンセプトなどの点で違いは見られますが、価格帯も大きさも装備も似ているところが多いので、かなり強力なライバルです。

実際に販売店としてもステップワゴンを意識していることが多く、値引き交渉の材料とするのにもっとも向いています。

セレナと競合させる!

マイナーチェンジの進まないノアに対して、セレナはe-POWERモデルを出すなど、進化を続けています。

最先端の進化を続けるセレナに興味をもちつつ、ノアの値引きを持ちかける方法も有効になるでしょう。セレナe-POWERのカタログ燃費は26.2km/L。ノア(ハイブリッド)のカタログ燃費は、23.8km/Lとなっています。

「セレナの方が燃費が良いので迷っている」という切り口で値引き交渉するのもおすすめです。

ヴォクシーと競合させる

上記以外では、ヴォクシーを挙げることができます。同じトヨタの姉妹車ですが、系列が違う車ですので十分にライバル車となりえます。

ファミリーカーとして乗りやすい車ですので、どちらも同時に交渉を進め、より安くしてくれた方を買うというのもおすすめです。(2019年以降は統合の関係で厳しくなります)

新型ノアの値引き交渉の基本の流れ

ノアの値引き交渉の流れ

事前に情報を収集する

まずは、ライバル車となる他メーカーの車についても、実際に販売店などを回って、いくらくらいになるのかを聞いてみるようにしましょう。

この時、値引き額も含めた見積もり金額をメモするか、見積書を出してもらいます。

そして、見積もりが微妙な場合は、複数の店舗をまわるようにします。

あるていど情報を集めることができたら、ノアの販売店に足を運び、その情報を武器に交渉を進めていきます。

ノアの値引きのポイントはこれだけ!

ノアの値引きをする際にポイントになるのは、「ノアを購入したい意思を最初にハッキリと伝えること」です。条件さえ良ければ買うという姿勢を見せることが肝心です。

その上で「ライバル車の見積もりも取って迷っているが、ノアに決めたいので値引きしてもらえないか」と聞いていきましょう。

※この時、見積書を見せる必要はありません、心証が悪くなるのでやめましょう。

担当者は当然その交渉の中で、徐々に値引き額を増やしてくれますので、一回で交渉を終わりにするのではなく、粘ってみるとよいでしょう。

ノアの値引きはこれだけ押さえればOK!

全体をまとめると以下の通りになります。

  • ノアは値引きが狙いやすい車。
  • 値引きはライバル車を引き合いに出す。
  • 値引きのポイントはノアを購入したい意思を伝えること。

ノアは値引きしやすいため、ポイントを押さえてぜひ値引きにトライしてみて下さい。

値引き限界を狙うなら下取りアップも必須!

ノアの値引き限界を狙うなら、前述している通り下取り価格のアップも必須です。

ディーラー下取りは、下取りアップできる余地があり、損をしない工夫が必要です。

やるべきことはカンタンで、事前に一括見積もりをしておくだけ。
店舗に足を運ぶのは大変なので、ネットが便利です。

もっともポピュラーな「かんたん車査定」で複数の見積もりを入手しておくと良いでしょう。

下記にて、無料で1分以内に見積もりが手に入ります。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

車を高く売るためには、事前の見積もりはもはや必須です。

コツコツ準備をしておき、お得なカーライフを送りましょう。

新型ノアのリセールバリューをチェック

ノアのリセールバリュー

新型ノアは値引きと下取りで、お得に購入することが鉄則になります。

しかし、徹底的にお得を目指すのであれば、購入の段階でリセールバリューを考えておくことがおすすめです。リセールバリューとは、車の売り値です。

これを意識しておけば、車としての資産価値も高まりますよ。

リセールバリューの高い色は?

まずは、ノア/ハイブリッドの人気色ランキングを確認しておきましょう。

  • 1位 ホワイトパールクリスタルシャイン
  • 2位 シルバーメタリック
  • 3位 ラグジュアリーホワイトパール
  • 4位 ブラック
  • 5位 アバンギャルドブロンズメタリック

基本的には、定番の白・灰・黒がリセールバリューが高いことが分かります。
特に理由がなければ、人気上位の色を選ぶことがおすすめです。

リセールバリューの高いグレード

最後に資産価値の高いグレードですが、こちらも人気グレードを購入しておくことがおすすめ。ノアでもっとも人気のグレードは、

  • 2WD Si
  • 4WD Si
  • 1.8 ハイブリッド Si

となります。Siグレードが人気が高いので、迷った時はこちらがおすすめ。

ちなみにガソリン車とハイブリッド車では、ハイブリッドの方が査定が高くなります。

ハイブリッドは燃費に優れるため、長期で乗る場合はこちらの方がお得ですね。

ぜひ値引きとともに、車選びの参考にしてみてください。

スポンサーリンク