Pocket

2011年11月にデビューしたハイトール軽自動車・N-BOXですが、いよいよ2017年9月に待望のフルモデルチェンジをしました。

ホンダが力を入れたのがボディの軽量化と燃費向上、そしてスポ―ティな走り心地の強化です。
更に安全運転サポートシステムでも独自のアイテムを搭載し、全ての面で進化を遂げました。

そんな新型N-BOXの購入を考える方は、年間の維持費がどのくらいになるのかも気になるところだと思います。

本記事では新型N-BOXの年間維持費を徹底的に細かく分析していきます!

フルモデルチェンジで燃費が向上!

年間維持費を算出する前に、先ずは燃費面に注目しておきましょう。

新型N-BOXは、シャーシ・エンジン・内外装をスリム化する事で150キロのダイエットに成功しています。

ただし内装ではグレードの充実を図っていて、居住性・使い勝手の良さをレベルアップさせているために、60キロ程重たくなっています。

相殺すれば90キロのスリム化となっています。

軽量化したにも拘わらず、剛性面ではパワーアップをしている点は高く評価できます。
さらに新型N-BOXのエンジンスペックもアップされています。

燃費の向上は維持費の節約に貢献

注目は燃費で、N-BOX(2WD)[NA]のJC08モードは27.0km/Lまで高められていますから、維持費用の節約には大きく貢献しているのです。

ノンハイブリットのバージョンでこのレベルまでくれば、軽自動車として納得できる水準です。

それでは、早速新型N-BOXの年間維持費用を項目別で算出してみましょう。

新型N-BOXの項目別の維持費について

新型N-BOXの年間維持費には主だって次の様な項目があります。

  1. 燃料費(ガソリン高騰の中で走行距離によっては最もコストの嵩む費用)
  2. 各種税金(自動車税、重量税、自賠責保険)
  3. 任意保険
  4. 他の維持費用(駐車場代・車検代・メンテナンス費用・修理費など)

実際に新型N-BOXの年間維持費を、0.66リッター直列3気筒DOHCのN-BOX(2WD)[NA]で年間走行距離1万kmをサンプルにして計算してみます。

※あくまで数字は目安であり数字の正確性を保証するものではなくご注意下さい。

1.燃料費

  • 公式燃費(JCO8モード) 27.0km/L
  • 実燃費(街乗りモード) 16.1km/L(平均値として)

この平均実燃費から年間走行距離1万㎞に掛かるガソリン代を計算しますと、軽油ガソリン単価を105円/Lとして以下の様な数字になります。

目安:1年間の燃料費:65,220円

※ただし、クーラーやエアコンの使用度の低い春と秋は平均19km/Lと、反対にクーラーやエアコンを頻繁に使用する冬と夏は14km/L程度で、このあたりの使い方でさらに燃費節約は可能になってきます。

2.各種税金の年間費用

マイカーに掛かる税金の内訳は、自動車税と重量税と自賠責保険です。

・自動車税:10,800円

・重量税:2,500円(4WDなどのエコカー減税率が下がるグレードもあります)

・自賠責保険:13,185円(2年で26,370円÷2で計算)

目安:税金の年間総額は26,485円程度

軽自動車のためエコカー減税が適用されますのでお得感がありますね。

新型N-BOXはミニバン型軽自動車ですが、ミニバンと比べても税率面で優遇されている点は抑えておきましょう。

3.任意保険

実例として26歳以上補償、12等級(車両保険付き)

目安(初年度):47,430円/年

※この保険料価格はあくまでも平均的なプランを元にしています。
ですから保険会社やプラン内容によっては価格が大きく変わってきますのでご注意ください。

また初年度以降の保険料率の割引によっても年間の支払額が変わってきます。

4.その他

①駐車場料金 96,000円(全国平均は8,000円/月)

②車検代 30,000円(2年車検代金60,000円÷2=年間の車検代金)

③メンテナンス費用等 25,000円/年

*オイル交換代として 3,240円×2回
エレメント交換代 900円

*タイヤ代 9,000円(3年毎の交換として)

*その他にも高速道路などの料金や洗車代や修理に部品交換などが発生してきます。

新型N-BOXの実質年間維持費とは

以上で大まかな年間維持費用の詳細を計算してきました。

もちろん費用項目の中には、もう少しコストカットができるモノもありますので、それぞれで工夫してみてください。

1年間のトータル年間維持費の目安:平均290,000円

この様に新型N-BOXの維持費を考える時に、軽自動車のメリットとなるエコカー減税や低燃費走行の有利性を得る事ができます。

トータルして30万円弱ならば決して大きな負担ではありません。

こうしてみていくと、やはりお金をかけない場合は新型N-BOXのような軽自動車がおすすめと言うことができます。

N-BOXは総合面でもお得感が高い車種

新型N-BOXは軽の中で燃費が突出して良いわけではありません

確かに32km/Lもの低燃費を弾き出している軽自動車はありますが、それでも新型N-BOXの燃費効率は充分に合格点だと言えるでしょう。

新型N-BOXはボディ剛性がアップしている事、安全サポートシステムも信頼性が高い事で、小さなぶつかり事故やボディのキズ・凹みがつき難いと言えます。

そういった意味で修理費の面でも若干の優位性がありますね、

人気ナンバーワン軽自動車だけあって、総合力が高く、さまざまな面でお得感が感じられます。
内訳を見てもN-BOXの人気の理由がよく分かります。

ホンダ新型N-BOXの最新の値引き情報はこちら!

新型N-BOXの値引きをすると得をするのをご存じですか?

N^BOXの値引きには簡単なやり方があり、誰でも実行することができます。

実際に値引きすることで、数万~数十万円も安く購入できます。

値引きについては下記の記事を見ておけば、簡単にできます。
ぜひ流れをつかんでおきましょう。
ホンダ新型N-BOXの値引き情報!最新相場と値引き方法

 

スポンサーリンク