Pocket

ミラトコット

こんにちは。ぎぶさんです。

新型ミラトコットは2018年6月25日に発売された注目の軽自動車です。

これまでの軽になかった、飾らない自然なスタイルが話題となっています。

本記事では、そんなミラトコットの評価と実際の評判をまとめました。

見た目や内装、燃費、走りなどを項目ごとに詳しく評価していますので、購入を検討している方は参考にしてみて下さい。

最後にはメリット、デメリットも一覧でまとめています。

新型ミラトコットの全体評価

ミラトコット
(出典:http://www.daihatsu.co.jp/index.htm

コンセプトが明確で優しい価格帯

まずデザインに大きな特徴があり、女性向けでありながらあえて可愛らしさを抑え、ナチュラルな四角デザインを採用しています。

こだわりが感じられる一方、スマートアシストも装備し上級グレードでも140万円台でおさまる金額も評価でき、男性も乗りやすい車に仕上がっています。

それでは、実際に見た目や内装、燃費、走りはどうなっているのか?
口コミを交えて見ていきましょう。

ミラトコットの見た目の評価と評判は?

ミラトコッとで圧倒的な口コミを集めているのが見た目のデザインです。

先代のミラココアが明確に女性をターゲットにしていたのと比べるとシンプルなデザインでより実用性が高まっています。

エクステリアの完成度は高い

ダイハツ女性チームが作った、時代の空気感をとらえた自然体で優しいデザインは完成度が高いと評価を集めています。

発売当初はシンプル過ぎるのでは?と賛否両論もありましたが、コンセプトが理解されてからは好評価が大半を占めています。

最近では男性からも支持を集め、「シンプルで愛着がわく」ということをキーワードにデザインされているため、乗る人を選びません。

見た目の口コミ

これまでの女性向けの車と違って、明らかに丸みを強調せずに、四角いデザインにしているのが自然体で良いと思う。派手さはないがセンスがあって、バランス感覚が絶妙。

カラーバリエーションが豊富で、他の車では見られない上品な色が好みです。セラミックグリーンやサニーデイブルーなど、ナチュラルだけど、高級感があって気になります。

ダイハツ・ミラトコットの内装の評価

ミラトコット
(出典:http://www.daihatsu.co.jp/index.htm

運転席のインパネは樹脂が多く使われていますが安っぽさは無く、価格を考えれば十分なほどの質感があります。

ウインドウも広く、各窓が水平を基調として作られているため視界も良好。
運転が苦手な方でも安心できる設計が徹底されています。

シートリフターもLグレード以外は完備されているため、体格に合わせて運転ポジションを調整できるため身長も気になりません。

荷室はミライースと比べると見劣りする?

荷室は一般の軽自動車と同レベルですが、リアシートが可倒式になっていてそこそこ大きな荷物も入ります。ただ、ベース車両となったミライースと比較すると収納面では見劣りする、という口コミもありました。

これはデザインを優先した結果と言えますが、それでもゴルフバッグが余裕で2個は入りそうで実用性は問題ないでしょう。

内装や利便性はかなり緻密に設計されており、不満を抱くことはありません。

内装の口コミ

電気スイッチ式で開け閉めが楽なバックドアをはじめドリンクホルダーやショッピングフックなどもありました。
サンバイザーに鏡がついていたり、充電に使えるUSBスロットを2個装備など、本当に細かい所まで気がきいている。

フロントウインドウにはUV&IRカット、フロントのドアウインドウにはスーパーUV&IRカットガラスが使用されているので、日焼けを気にする人でも安心できるのが良いです。

天井が高く確保されていて、間口が広いので乗り降りしやすい。
座席シートもパイピングが施されているため崩れにくそうなのが良い。

ミラトコットの燃費に関する評価は?

ミラトコットの燃費

軽自動車のカタログ燃費ランキング

1位:スズキ アルト:37.0km/L
2位:スズキ アルトラパン:35.6km/L
3位:ダイハツ ミライース:35.2km/L
4位:ダイハツ ムーヴ:31.0km/L
5位:ダイハツ キャスト:30.0km/L
6位:ダイハツ ミラトコット:29.8km/L
7位:スズキ ワゴンR:26.8km/L
8位:三菱自動車 eKワゴン:25.8km/L
9位:日産 デイズ:25.8km/L

低燃費が多い軽自動車の中でも、燃費は上位にあり良い部類に入ります。

燃費は向上

  • ミラトコット:29,8km/L
  • ミラココア:29.0km/L

ミラトコットと入れ替わりでカタログ落ちしたミラココアが29.0km/Lでした。
ミラトコットの場合、2駆(FF)のモデルだと29.8km/Lと、向上しているのが分かります。

燃費はより改善され、現在の軽自動車の水準でいうと比較的良いといえそうです。
もちろんエコカー減税対象車となります。

実燃費ではライバル車のラパンに劣る

  • ミラトコット:17.76km/L
  • アルトラパン:18.50 km/L

ミラトコット(FF)の実燃費は、17.76km/L。
なお、ライバル車であるアルトラパン(FF)の実燃費は、18.50 km/Lとなります。

ライバル車と比較すると実燃費は劣るということになります。

ただ、JC08燃費がアルトラパン(35.6 km/L)、ミラトコット(29.8km/L)と開きがあるのに対して、実燃費では大きな差はみられません。

ミラトコットの走りに関する評判は?

運転のしやすさに関しては、デザインと共に高評価が集中していました。

駐車がしやすく買い物に便利!

ボンネットの先端が見やすく、後方やサイドの視界が確保されているため駐車が非常にしやすいという声が多く、ちょっとした買い物に向いています。

ミライースのようなハンドルの重さもなく、女性でも快適に運転ができると評判です。

パワーはやや弱い。タイヤノイズにも注意

デメリットとしては、ベースモデルとなったミライースよりパワーやトルクは弱いという声はいくつか見られました。

また、ロードノイズに関してはデメリットも挙がり、特にタイヤノイズが気になるという口コミもありました。この点は試乗して確認しておきましょう。

ただ、走りや運転のしやすさについては概ね高評価と言えると思います。

走りの口コミ

視界がとにかく確保されていて、とても運転しやすい車。駐車時やUターン時も手間取ることが少なく、ステアリングが結構軽いので、取り回しがラクです。

ロードノイズの中でもタイヤノイズが気になった。ただ、この価格帯で考えれば仕方がないのかもしれない。

新型ミラトコットは安全装備が大充実!エアバックは標準装備

トコット

ミラトコットの中でもとりわけ高く評価できるのが安全装備の充実ぶりです。

軽自動車としては珍しく、スマートアシストⅢによる自動ブレーキが装備されています。

特筆すべきなのが、軽自動車初のSRSサイドエアバッグ、カーテンシールドエアバッグを標準装備している点。

価格を考えるとかなりのお得感がありますね。

ダイハツのミラトコット、女性向け車種のデザインとしてはナナメ方向なんだけど、必要な走行性能と安全装備を持たせた街乗り用の格安軽自動車としては完成されている。(引用:ツイッター)

安全装備が充実し、苦手な人が多い車庫入れや駐車時も安心。

加えて、車速感応ドアロックも標準装備され、子供を乗せる方にもおすすめです。

新型ミラトコットの価格はお得感あり

ミラトコットの価格帯

ミラトコットはローグレードモデルにオプション無しで、乗り出し120万円程です。
アナザースタイルパッケージというオプション装備車でも144万円程度。

しかも、全車カーテンエアバック装備となっています。

200万オーバーも珍しくない昨今の軽自動車としては安い価格帯と言えるでしょう。

ミラトコットの価格の口コミ

ダイハツの営業努力には素直に拍手を送りたい。軽自動車は人気で中古でも高くなっている傾向がありますし、素性のよくわからない中古車を買うよりはよっぽど安心だと思います。

ミラトコットはCMも話題沸騰!?

最後に、ミラトコットはちびまる子ちゃんをモチーフにしたCMも話題となっているのでご紹介したいと思います。

主演は吉岡里帆さん。
たまちゃん役の奈緒さんや、花輪君役の高橋一生さんも出演しています。

ほのぼのしていてトコットの雰囲気に合っていると評判をあつめています。

ダイハツ新型ミラトコットのメリットとデメリットのまとめ!

改めてダイハツ新型ミラトコットの評価ポイントをまとめると以下の通りです。

一言で言えば、デザイン性と乗りやすさ、安全性を重視する人におすすめの車です。

メリット

  • 時代にマッチしたシンプルで自然体なデザインが好評。
  • 内装に安っぽさはなく、細かい点まで利便性が高い。
  • 天井が高く運転席は体格に合わせて調整可能。
  • 燃費はよい部類に入る。。
  • 前方、サイド、後方まで視界の確保が徹底。乗りやすく駐車しやすい。
  • 安全装備が充実。国内初の全車カーテンエアバック装備つき。

デメリット

  • 収納はミライ―スと比べると弱い。
  • 実燃費は競合のアルトラパンと比べると若干劣る。
  • パワーやトルクは弱め
  • ロードノイズの中でも特にタイヤノイズが気になる。

全体としてはメリットが多く、デザイン性の高さ、乗りやすさ、安全性が高い評価ができる軽自動車です。価格が安いのも高ポイントですね。

ただ、パワーはそれほどありませんので、高速やレジャーというよりも日常向けということができるでしょう。

発売から日が経ちましたが、かなりおすすめできる水準にあるというのが結論です。

ミラ トコットの値引き情報はこちら!

新型ミラ トコットは値引きして購入できることをご存じですか?

一般的に軽自動車の値引きは辛口で知られています。

一方、ミラ トコットでは値引き事例も出てきており、十分に値引きは可能と言えます。

やり方は簡単で、相場を押さえてライバル車と競合させるだけ。

以下で値引き相場とコツをまとめていますので、ご確認してみてください。
ミラ トコットの値引き相場レポート!限界まで安くするコツは?

 

スポンサーリンク