Pocket

mazda3の先行予約

2019年3月より先行予約が始まっている新型Mazda3ですが、購入を検討されている方も多いのではないでしょうか?

既に先行予約した人の口コミは多く出ており、値引き成功事例も出てきています。

本記事では新型Mazda3を先行予約購入する上での注意点と、最新の値引き情報についてまとめておきたいと思います。

Mazada3の先行予約状況と注意点

新型Mazda3は2019年3月より先行予約が開始されています。

なお、全てのグレードにおいて先行予約購入した方の口コミは出ている状況です。

通常と異なり注意点としては、Mazda3はグレードごとに発売日が違うことが挙げられます。

正式決定ではありませんが、リアルタイムの情報としては、以下の通りです。

  • 1.5ガソリン仕様(ハッチパック車)→5月末発売
  • 2.0ガソリン仕様(ハッチパック車)→8月頃の予定
  • 1.8Lディール仕様(ハッチパック車)→8月頃の予定
  • 2.0L SKYACTIV-X(ハッチパック車)→秋頃の予定

1.5ガソリン仕様が先行発売となる見込みですが、注目のSKYACTIV-X搭載モデルの発売は秋頃と言われており、納期は注意をしておきましょう。

いずれのグレードも、先行予約購入をした方の口コミは出ている状況です。

先行予約購入で値引きはできるか?

Mazda3の購入を決めた場合、気になるのは値引きできるか否か?という点になるでしょう。

結論からすると新型Mazda3は既に値引き成功事例が出ています。

Mazda3の値引きエリアの予想

  • 本体価格+オプション:5万~10万

口コミで上げられる値引き成功事例を平均すると上記のエリアとなります。

先行予約では値引きは厳しい印象もありますが、必ずしも無理ということはなく、同時期に発売が予定されていた新型RAV4も含め値引き事例は多く出ています。

ただし、通常よりも値引きしにくいことは事実であり、Mazda3では実際にゼロ円提示の報告も出ていました。

新型Mazda3の値引きのポイント

Mazda3の値引きについては大きく分けて3つのポイントがあります。

  • オプション値引きを行う
  • 別系列店で値引きを行う
  • 下取り価格を上げる

オプション値引きを行う

新型Mazda3は人気が予想される新型車となりますので、本体価格の値引きは厳しいことが想定されます。

しかしながら、ディーラーオプションについてはディーラーの裁量範囲がありますので、値引きは持ちかけやすいと言えるでしょう。

本体価格の値引きが難しい場合も、値引きできるオプションはないかたずねてみましょう。

ただ無駄な買い物にならないためにも、あらかじめ自分が購入したいオプションを頭でイメージしておくことが大切です。

別系列店で値引きを行う

マツダの新型車を先行予約する場合、競合させて値引きするのは難しい側面があります。

しかし、別系列店での値引き交渉は充分に可能と言えるでしょう。

既にご存じの方も多いと思いますが、マツダの販売店といっても別資本ところであれば競合させることは可能です。

資本が異なるかどうか見分けるカンタンな方法は、会社のホームページを確認して運営会社を確認することです。運営会社が異なれば資本が異なると言えます。

例えば、一件目の販売店で値引きをもちかけてみて値引き額が辛口だった場合に、もう一方の販売店に足を運び、より多くの値引きをしてくれれば契約するといった交渉をするのは有効と言えるでしょう。

新型車のため大幅値引きは期待できませんが、余裕のある方は意識しておきましょう。

下取り価格を上げる

最後に、もっとも気をつけたいことが下取り価格です。

ディーラーの下取り価格は安いと言われていますが、いわゆる一般的な買取相場よりも安くなってしまうのは非常に損です。

仮に値引きが難しくても、下取り価格は少しでも上げてもらうよう交渉するべきです。

ただ、多くの下取り会社に足を運んで見積もりを取るのは労を要します。

現在はインターネットでも無料で一括下取りができるため、代表的な「かんたん車査定」を利用して事前見積もりを取っておくことをおすすめします。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

その情報を元に下取りアップの交渉をすれば、結果は変わってくるかもしれません。
また、下取り価格の相場が分かっていれば、さまざまな手が打てます。

以上、3つがMazda3を上手に買うためのポイントとなりますが、車は大きな買い物なのでしっかりと準備をして購入していきましょう。

納期を安定させるためにも先行予約での購入は非常におすすめです。

 

スポンサーリンク