Pocket

新型リーフのリアルな口コミや評判が気になる方は多いのではないでしょうか?

日産から発売された電気自動車リーフは、独特なデザインであることから街中でも目を引く存在であり、充電して走行できる「次世代の車」として高い注目を集めています。

だからこそ、実際のリアルな評判は気になるところですよね。

そこで旧型と比較しつつ、口コミを通じてメリットとデメリットを解説していきます。

日産新型リーフとは?旧型から変わった点


(出典:http://www.nissan.co.jp/

リーフはフル充電で航続距離400kmをはじき出す100%電気自動車であり、2017年10月にフルモデルチェンジして新発売されました。

旧型とは比較にならないほど進化

初代と比べると一般的な車のデザインに近づいており、新システムのEペダルが全グレードに搭載されているのが大きなメリット。

外観はエアロダイナミクスボディが採用され、風の抵抗力を下げることで、旧型の2倍の航続距離を獲得。旧型とは比較にならないほど進化しています。

新型リーフの口コミと評判

車体のデザインに関しては初代と比べても高評価ですが、他の車を合わせて見ても好印象の口コミが非常に多くあります。

また、試乗で新システムを体験した人は、驚きと快適さが分かる口コミが目立ちます。

その反面、公表値より走行距離が下回るという声や、充電時間が長いと言ったデメリットの声も出ているので注意が必要です。
新型リーフの特徴や航続距離についてはこちらでくわしく解説しています。
新型リーフの特徴と航続距離を徹底評価!

見た目がカッコいいと口コミで評判!

デザイン性に関しての口コミを読んでいると、とにかく高評価が目立ちます。

新型の外観はシャープになっていますが、旧型と比べても圧倒的にカッコいいと評判です。

2018年7月に登場したニスモ仕様も含めて、近未来的なデザインは大好評。

初代が独特なデザインだったこともあり、一般的な車のデザインを好む人からすると新型の方が遥かに評価が高いです。

近未来的ながら日常に溶け込んだ見た目は、高級外車にもないカッコよさがあります。

後ろの収納は十分なスペースがあり、お子さんがいる家庭でも満足できる広さがあります。
機能美と収納が両立している点はポイントが高いですね。

新型リーフのEペダルとプロパイロットが大好評

Eペダルは、アクセルペダルのみで加速・減速・停止を行える機能です。ブレーキは補助的な役割とすることで運転を楽にしてくれます。

プロパイロットとは、自動走行とハンドル支援の機能を持っています。設定速度内での自動走行や自動駐車だけでなく、車道の中央線寄りを走行するようサポートしてくれます。

これらの新機能についても、とにかく便利と口コミで評判を集めています。

Eペダルはとても快適な運転を実現し、購入意欲を高める要素となっています。

自動走行は、初めて体験する時は怖さなどの不安もありますが実際に体験してみると驚きが大きいようです。

車が前を走っていると車間距離も計算しますし、駐車も正確で運転を快適にしてくれます。

バッテリー容量増加の一方で、充電時間は不満も?

バッテリーの容量が増えたことで、エアコンなどを使いながらの走行でも電欠を気にせず走れるようになったという口コミが良く見られます。

一方で、充電時間には不満の声が多くありました。普通充電の場合、3kWで16時間・6kWで8時間かかります。

急速充電もできますが、バッテリーの寿命を縮める原因にも繋がるので極力使いたくないという声もありました。購入される方は注意しておきましょう。

ネットの説明書が分かりやくて安心と評判!

電気自動車というだけでなく、Eペダルやプロパロットなどの新システムも搭載しているので使い方を知る必要があります。

新型リーフの取扱説明書はネットでも公開されているのでいつでも確認することができます。

電気自動車が初めて、という方でも安心して利用できるように配慮されています。

購入を検討している方のサポートもしっかりしていると評判です。

新型リーフの走行距離に不満を感じる口コミも?

400kmと言われているだけに実際にメーターの数値を知った人からは不満の声が多いです。

ですが、中には満足する数値まで伸ばせた人もいました。
走行方法で大きく差が出てくるようです。

走行距離に関しては、公表値の通りになるとは限らない点は注意が必要です。

ただ、旧型と比べると飛躍的に距離を延ばしており、かつ充電時間がそれほど変わらないことを考慮すると、充分に評価できるでしょう。

新型リーフは補助金やエコカー減税が口コミで評判

大きく進化した日産新型リーフですが、比較的買いやすいという声も見られました。

理由としては、国だけでなく自治体からも補助金が得られるケースがあること。
お得に買えるのですがこちらについては、最後の項目で詳しく触れています。

エコカー減税もメリット

自治体によって金額はさまざまですが、最大で15万円出るところもありお得感があります。

さらにエコカー減税の対象にもなりますので、車の維持費を大きく減らしてくれます。

細かいところだと、新型リーフの排気量が「1,000cc以下」の区分に入り、乗用車の自動車税では一番安い税金となります。

日産リーフの維持費はこちらの記事で詳しくまとめています。
日産新型リーフの維持費のまとめ!電気代や税金を年間で計算しました

国の後押しもあり、新型リーフは非常に買いやすい点も見逃せません。

2018年7月に追加されたリーフNISMOも評判!

2018年に新形リーフに追加されたNISMO(ニスモ)仕様ですが、こちらも高い評価を得ています。

圧倒的とも言える新型リーフの加速がさらにスポーティーに強化され、よりスタイリッシュになったと評判を集めています。

https://twitter.com/TAKA500C/status/1021741263240876035

高速での安定感はさらに高まり、225/45R18の大径・幅広タイヤによって乗り心地も向上。

NISMOのDNAを注入した100%電気自動車というのが売りとなっていますが、世界中を見渡してもこれだけの車は存在しないでしょう。

価格は新型リーフが315円~、リーフNISMOが403万円~と開きがあります。
それでも、走りを極めたい方にはリーフニスモもおすすめですよ。

日産新型リーフの口コミまとめ!

新型リーフのメリット・デメリットを見てきましたが、やはり旧型と比べて飛躍的に進化している点がポイントになるかと思います。

デザイン性や新システムなどの運転に関しては口コミで評判を集める一方、フル充電までの必要時間は不満の声がありました。

デメリットが少ない最先端の電気自動車

走行距離はさまざまな意見がありますが、旧型と比べると2倍近く伸ばしており、大きな問題は見られませんでした。

総合的に見ると電気自動車は新型リーフが第一選択肢で間違いないと言えるでしょう。

特に旧型からの進化が著しく、世界を代表する電気自動車です。

新型リーフをお得に購入する方法とは?

口コミで人気の新型リーフをお得に購入する方法をご存じですか?

リーフには補助金制度があり、値引きについても一部は可能です。

実際に値引きすることで、数万~数十万円も安く購入できることもあります。

補助金や値引きについては下記の記事を見ておけば、全てが分かります。
ぜひ流れをつかんでおきましょう。
日産新型リーフの値引き情報!補助金と値引き相場を分かりやすく解説

 

スポンサーリンク