Pocket

100%電気自動車に乗ってみたい。
そんなあなたには、日産・新型リーフがおすすめです!

電気自動車ですから、モーターによる力強い加速が味わえます。さらに、「eペダル」「プロパイロット」といった安全装備・最新技術も体感できちゃう!

新型リーフには、「S」「X」「G」の3つのグレードが存在します。
購入の際には、各グレードがどう違うのか、装備や価格の差などが気になりますよね。

そこで、新型リーフのグレードの価格や装備の違い、最後にはおすすめグレードをランキングでご紹介していきます。

日産・新型リーフ 各グレードの価格は?

日産新型リーフのおすすめグレード
(出典:http://www.nissan.co.jp/

それでは、日産・新型リーフの各グレードの価格をご紹介します!
※価格は税込

・リーフS (2WD):車両価格:¥3,150,360-

・リーフX (2WD):車両価格:¥3,513,240-

・リーフG (2WD):車両価格:¥3,990,600-

車両価格は「S」が一番安く、「G」が一番高いです。

以上のことより、新型リーフの基本グレードが「S」、最上級グレードが「G」、その中間が「X」となります。

この価格差は、標準装備の差となります。

日産・新型リーフ 全グレードの共通装備は?

最初に、全てのグレードで標準でついてくる装備をご紹介します。

<全グレード 標準装備>

  • eペダル
  • ブレーキアシスト
  • 車体振動抑制システム
  • イモビライザー
  • 車線逸脱警報
  • 車両接近通報装置
  • コーナリング安定性向上システム
  • スーパーUVカットグリーンガラス
  • ハイビームアシスト
  • 防眩式ルームミラー

基本装備だけでも、安全機能がそれなりに揃っていることが分かります。
特に、新型リーフの特徴ともいえる「eペダル」が全てのグレードに装備されているのは嬉しいですね。

なお、外装に関する装備の違いはありません。安全装備や内装に関して、グレードごとに違ってきます。

日産・新型リーフ 各グレードの装備の違いは?

それでは、各グレードの装備をみてみましょう。

基本グレードの「S」は、上記の標準装備が基本です。
以下は、「S」のみの装備となります。

「S」のみの装備!装備は少なめ

シート地:メッシュフラットトリコット
ステアリング:ウレタン
エアコン:ダイヤル式・デジタル表示、タイマー
サウンド:4スピーカー

次に、「S」の上グレードとなる「X」。
基本装備に追加して、以下の装備が付いてきます。

「X」のみの装備!かなり充実の内容

  • バックビューモニター
  • シートバックポケット(運転席&助手席)
  • 乗る前エアコン(リモート)
  • リモート充電
  • サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー
  • USB電源ソケット
  • ヒートポンプシステム(省電力暖房システム)
  • ETCユニット

シート地:織物(バイオPET)
ステアリング:本革巻ステアリング
エアコン:プッシュ式・ナビ画面表示
サウンド:BOSE(R)Energy Efficient Seriesサウンドシステム&7スピーカー

基本装備に、さらに上質・便利な機能が追加されていますね。

最後に、最上級グレードとなる「G」の装備をみてみましょう。

「G」のみの装備!大充実の内容

  • LEDランプ
  • ハロゲンフォグランプ
  • 電動パーキングブレーキ
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • BSW(後側方車両検知警報)
  • RCTA(後退時車両検知警報)
  • インテリジェント LI (車両逸脱防止支援システム)
  • インテリジェント DA (ふらつき警報)
  • プロパイロット、プロパイロットパーキング
  • ヒーター付ドアミラー
  • インテリジェントアラウンドビューモニター
    (移動物 検知機能付)
  • 215/50R17 91Vタイヤ
  • 17インチアルミホイール

シート地:織物(バイトPET)
ステアリング:本革巻ステアリング
エアコン:プラズマクラスター搭載フルオートエアコン(肌保湿・除菌機能付、プッシュ式、ナビ画面表示)
サウンド:BOSE(R) Energy Efficient Seriesサウンドシステム&7スピーカー

最上級グレード「G]で特に注目の装備とは?

最上級グレードの「G」には、たくさんの装備が追加されています!

特に注目したいのが、「プロパイロット」と「プロパイロットパーキング」。
「プロパイロット」とは、先行車と車間距離を取りつつ、追従走行・停止してくれるシステム。
「プロパイロットパーキング」は、新型リーフだけの最新技術! なんと自動で駐車してくれるシステムなのです。

「S」との価格差が約84万円あるのも、うなずけますね。

日産・新型リーフ おすすめグレードランキング!

それでは、日産・新型リーフのおすすめグレードを、ランキング形式でご紹介!

第1位 リーフ G(2WD)

新型リーフのおすすめグレード
(出典:http://www.nissan.co.jp/

新型リーフで一番おすすめしたいのは、最上級グレードの「G」です!
価格が一番高いですが、その分、最上級装備や便利な機能が十分に装備されています。

なんといっても、「プロパイロット」技術が搭載されているのが特徴です。
「S」ではこの装備を追加することはできません。「X」では「プロパイロットパーキング」などをオプションで追加することはできますが、「プロパイロット」を追加することはできません。

せっかくの新型リーフなのですから、「プロパイロットパーキング」が標準装備されているグレード「G」で、日産の最新技術を実感してみるのをおすすめします!

第2位 リーフ X(2WD)

新型リーフの中間グレードとなる「X」には、基本グレードとなる装備に、
・「本革巻ステアリング」などの上級素材
・「BOSE」サラウンド
・乗る前エアコンなどの便利な機能
が追加されます。

基本グレードでは物足りない・グレード「G」ほどのお金が出せない、なんて方には特におすすめですよ。

第3位 リーフ S(2WD)

新型リーフが欲しいけれども、なるべく出費を抑えたいなら、基本グレードである「S」を選択しましょう。

基本グレードとはいえ、「eペダル」「ブレーキアシスト」「車線逸脱警報」などの安全装備が付いてきますから、安心ですよ。

日産・新型リーフで最新の電気自動車を体感しよう!

以上より、新型リーフの一番のおすすめは、最上級グレードである「G」!
車両本体価格で400万円ほどかかりますが、上質なシートや便利な装備、「プロパイロットパーキング」といった最新技術が標準装備されています。
新型リーフの最新の技術を、十分に楽しめることでしょう。

予算がない・なるべく出費を抑えたいのなら、「X」「S」グレードも選択肢に入れてみるといいですね。

新型リーフの最新の値引き情報はこちら!

新型リーフの値引きをすると得をするのをご存じですか?

リーフには値引きのコツや補助金精度があり、誰でも実行することができます。

実際に値引きすることで、数万~数十万円も安く購入することが可能です。

値引きについては下記の記事を見ておけば、全てが分かります。
ぜひ流れをつかんでおきましょう。
日産新型リーフの値引き情報!補助金と値引き相場を分かりやすく解説