Pocket

100%電気自動車である日産リーフは、2017年10月にフルモデルチェンジ!
「新型リーフ」として販売されました。

新型リーフは、「eペダル採用」「新技術・プロパイロットパーキング採用」などの進化した安全装備が搭載。
また、旧リーフよりバッテリー容量が増え、航続距離が2倍に増えるなど、魅力が満載です。

ところで、新型リーフを購入しようと思うと、気になるのが年間の維持費
電気自動車の税金はどうなるのか、また車検代や電気代はガソリン車とどう違うのか、気になりますよね。

ここでは、日産・新型リーフの年間維持費をざっくりと試算してみました。
購入の際の参考にしてみてください!

日産・新型リーフの年間維持費をご紹介!

新型リーフの維持費
(出典:http://www.nissan.co.jp/

日産・新型リーフを所有すると、以下のような維持費がかかってきます。

日産・新型リーフは「電気自動車」ですので、「ガソリン代」は「電気代」となります。

  1. 電気代(ガソリン代)
  2. 各種税金(自動車税、重量税、自賠責)
  3. 任意保険
  4. その他(駐車場代、車検代、消耗品費・メンテナンス代)

電気代は気になる方も多いと思いますので詳しく解説していきますね。
あくまで、目安としてご参考にして下さい。

それでは、新型リーフの年間維持費を概算してみましょう!

1.電気代

新型リーフの充電には、家庭での充電・店舗などでの充電、などがあります。

家庭での充電

日産・新型リーフは、家庭での充電が可能です。
家庭での充電だと、旧型リーフの場合、1km走行あたりで大体4〜5円(※)の電気代となるようです。

(※)地域や電力会社によって値段は変動します。

月々の家庭充電の平均は、1,000円〜1,500円ほどだとされています。

ただし、家庭で充電するようにするためには、200Vの専用充電設備が必要です。
工事では、おおよそ8万円〜10万円の費用がかかってきます。

日産のZESPプラン2へ加入する

新型リーフを購入すると、「ZESPプラン2(日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2)」に加入できます。

月々料金¥2,160-(税込)で、日産店舗やコンビニなどにある急速充電器が、無料で使い放題となります!
外出先で、充電が必要となった際にはとても安心なプランとなっています。

以上より、新型リーフが年間で必要な電気代をざっくりと試算すると、

  • 月の電気代  ¥3,160-(家庭での充電代¥1,000- + ZESPプラン2 ¥2,160-)
  • 年間電気代   ¥37,920-

となります。

通常のガソリン車と比べてもそれほどコストはかからないと考えられますね。

2.各種税金

自動車税

¥29,500-

新型リーフの排気量が「1,000cc以下」の区分に入るため、乗用車の自動車税では一番安い税金となります。

また、グリーン化特例が適用されるため、購入から翌年度の自動車税が減税となります。
全グレード(S、X、G)共通で¥22,000-減税されるので、納付額は「¥7,500-」です。

電気自動車は税金面で優遇されていることがよく分かりますね。

重量税

重量税は、グレードによって異なってきます。

グレード    重量税額(年間金額)   車両重量
S       ¥7,500-        1,490kg
X       ¥10,000-       1,510kg
G       ¥10,000-       1,520kg

なお、新型リーフは「エコカー減税」が100%適用されますので、購入時の重量税が、「S」なら¥22,500-、「X」「G」なら¥30,000-の免税が受けられます!

自賠責

1〜3年   ¥13,040-
4年目〜  約¥14,000-

3.任意保険

ソニー損保にて試算しました。
(※条件:30歳以上補償・本人限定・ブルー免許・車両保険なし・ネット割引1万円適用)

¥48,360- 〜

新型リーフの場合は、全グレード共通で、5万円ほどの任意保険がかかります。

4.その他

駐車場代

¥96,000-

全国平均である「¥8,000-/月」をもとに計算。
住んでいる地域によって、駐車場代は変動するため目安となります。

車検代

¥10,000 〜

新型リーフは電気自動車のため、車検の際は、ほとんど日産ディーラーでしか対応してもらえないでしょう。

ディーラーでの車検の場合、重量税などの法定費用以外に、「代行手数料」「印紙代」「部品代」などがあります。
それら合計の平均がおおよそ¥20,000-ほどですので、年間で¥10,000-ほどでしょう。

なお、「ZESPプラン2」に加入していれば、初回車検時の点検費用などが無料となります。

日産新型リーフの年間維持費まとめ

電気自動車として電気代も税金もお得あり!

<日産・新型リーフの年間維持費 まとめ(4年目以降)>

・電気代            ¥38,000-
・自動車税           ¥29,500-
・重量税            ¥10,000-(Sグレード ¥7,500-)
・自賠責            ¥14,000-
・任意保険           ¥50,000-
・駐車場代           ¥96,000-
・車検代(代行手数料など)   ¥10,000-

合計              ¥247,500-(Sグレード ¥245,000-)

新型リーフの年間維持費は、おおよそ25万円ほどかかることが分かりました!
この金額は、コンパクトカーの平均年間維持費に近いです。

3ナンバーの100%電気自動車が、コンパクトカー並の年間費で済むと思うと、お得だと言えるでしょう。

気になる電気代もそれほどかからず、税金面も優遇されていることも分かりました。

電気自動車を検討する場合、新型リーフは非常におすすめと言うことができますね。

新型リーフの最新の値引き情報はこちら!

新型リーフの値引きをすると得をするのをご存じですか?

リーフには値引きのコツや補助金精度があり、誰でも実行することができます。

実際に値引きすることで、数万~数十万円も安く購入することが可能です。

値引きについては下記の記事を見ておけば、全てが分かります。
ぜひ流れをつかんでおきましょう。
日産新型リーフの値引き情報!補助金と値引き相場を分かりやすく解説