Pocket

インサイトのオプション

2018年12月に発売が開始されたホンダの新型インサイトは「クルマとしての本質価値を追求して誕生した」と開発者は語っています。

そして、そのクルマとしての価値をさらに高めるアイテムとして、ラインナップされているのが純正オプションです。

今回は、全く新しい形を見せた新型インサイトのおすすめオプションについて余すことなくご紹介していきます!

オプションの決定版となっていますので、保存してじっくりご確認ください。

新型インサイトの人気オプションランキング5!

新型インサイトに人気オプションランキング
(出典:https://www.honda.co.jp)

今回の新型インサイトは、大きく分けて二つのオプションスタイルが用意されています。

  • スポーティーな走りを追求したスタイルである「Black Sports Style」
  • 高級感や快適性を追求する「Premium Sporty Style」

以下よりご紹介するランキングを参考にしつつ、自身の求めるスタイルはどちらかを思案してみてください。

第5位 ブラックエンブレム (Hマーク2個+車名)

ブラックエンブレム
(出典:https://www.honda.co.jp)

  • 本体価格 ¥13,500-

一見、地味に思えるエンブレムオプションですが、ブラッククローム調のエンブレムは、ワンポイントオプションとしては最適です。

たかがエンブレム、されどエンブレムとマニアの方が言うように、エンブレム一つで愛車の雰囲気は大きく変わります。

新型インサイトは先代とは変わり、スポーティーなスタイルが特徴。そのため、ブラックエンブレムを装着するだけで、カッコよさが際立ちます。

第4位 オールシーズンマット  縁高タイプ/樹脂製/ブラック

オールシーズンマット
(出典:https://www.honda.co.jp)

  • 本体価格 ¥9,000-

新車を購入した場合、当たり前ですが車内を汚したくありません。そんな時に必須のオプションが、このオールシーズンマットです。

オールシーズンマットは、オールシーズン使用できるフロアマット。防水性に優れているため、雨で足元がベチャベチャになっても、車内を汚さずに使用できます。

もしマットが汚れても、簡単に汚れを落とすことができます。また、別売りオプションのフロアカーペットマットとの同時装着も可能!

通常はフロアカーペットマットを使用、汚れそうなタイミングでオールシーズンマットを装着、という使い分けもできます。

安価であり、ぜひ手に入れておきたいオプションです。

第3位 18インチアルミホイール MS-040 グリントブラック

18インチアルミホイール
(出典:https://www.honda.co.jp)

  • 本体価格 1本¥42,000

新型インサイトに装着したいという声が多かったのが、このアルミホイールです。

新型インサイトは、これまでとは一線を画す存在で、別次元のインサイトと呼ばれています。

そんなインサイトには「やはりアルミホイールがよく似合う」との評判です。この純正アルミホイールは、インサイト開発者の「スポーティーさをシンプルに表現したい」という思いから、オーソドックスなスタイルの5スポークがベースになっています。

余計な装飾がなく、インサイトの魅力を引き出してくれますよ。

第2位 ドアエッジプロテクションフィルム

ドアエッジプロテクションフィルム
(出典:https://www.honda.co.jp)

  • 本体価格 ¥5,000-

ドアエッジプロテクションフィルムは、ドアエッジの保護を目的とした保護シールです。

なぜ、このシールがランキング上位に入ったのかというと、実は自動車で地味に傷つきやすい箇所が、このドアエッジだからです。

最初のうちはドアの開閉にも慎重になりますが、日数が過ぎてしまうと、気が抜けてドア近くの障害物に気づかす、エッジ部分に傷をいれやすくなります。

万が一、エッジ部分を障害物に当ててしまった場合でも、傷の心配をしなくていいように、このシールをつけておきましょう。

第1位 ハイグレードスピーカー 4スピーカーセット

ハイグレードスピーカー
(出典:https://www.honda.co.jp)

  • 本体価格 ¥28,000- 

ホンダといえば音響システム。ホンダといえばハイグレードスピーカーシステムといっても過言ではないほど、ホンダの音へのこだわりには目を見張るものがあります。

ホンダが提供するハイグレードスピーカーは、アルパイン製のスピーカーを使用。アルパイン製のの特徴として、中高音域の再現が秀逸。

簡単にいうと、繊細な音を再現するのがとても得意なスピーカーであり、音楽を原音に近い状態で聴かせてくれます。

また、インサイトに標準装備されているインターナビには、インサイトの車体に合わせて臨場感を演出する「マルチウェイ・タイムアライメント」システムが採用。

つまり、ハイグレードスピーカーとインターナビを組み合わせることで、車内をコンサート会場のような臨場感あふれる空間になります。

新型インサイトでおすすめのカーナビはこれ!

新型インサイトのカーナビ
(出典:https://www.honda.co.jp)

おすすめカーナビについてですが、新型インサイトにはあらかじめカーナビが純正装備品としてついています。

人によっては「純正カーナビは嫌だ」という人もいるかもしれません。しかし、ホンダの純正カーナビには、ホンダのナビゲーションシステムである「インターナビ」が提供されていて、多くの機能を無料で使えるメリットがあります。

そのため、新型インサイトには、ホンダ純正ナビがおすすめです。

ホンダ純正カーナビに対応!インターナビとは?

ホンダ純正カーナビに対応しているインターナビは、全国のインターナビ装着車の交通情報をリアルタイムで収集し、ドライバーに確実な交通情報を提供するシステムです。

そのため、目的地到着までの時間を正確に把握したり、ドライバーのニーズに合わせた最短ルートを「素早く」「正確」に提示してくれます。

通信費用無料、アプリのダウンロードを行えば、スマホでもインターナビを使用できますので、旅行先でのレンタカーでも使用できますよ。

純正カーナビの方がリセールバリューがいい

純正カーナビを使用するメリットとして、リセールバリューの優位性も挙げられます。

リセールバリューとは、下取り価格のこと。仮に新型インサイトを下取りに出す際、社外製カーナビを装着しているより、純正カーナビ装着の方が下取り金額は高くなります。

今回のインサイト必須クラスのオプション!

新型インサイトの注目オプション

今回の新型インサイトのオプションの中で、ランキング圏外にはなったものの、注目度が高いオプションを2つご紹介します。

新型インサイトは、オプションでスタイルが変わってきます。しっかりと吟味して、自分好みのインサイトを作り上げましょう。

フットライト LEDイルミネーション ¥10,000-

フットライト
(出典:https://www.honda.co.jp)

さりげなく人気があったのが、このフットライトです。

フットライトは、ドアの開閉時や、スモールランプ点灯時に、上品で優しい光を足元に照らしてくれるオプションになります。

夜間の乗降時サポートや、落し物を探す際にも活躍してくれるはずですよ。

リアバンパープロテクター ¥12,000-

リアバンパープロテクター
(出典:https://www.honda.co.jp)

新型インサイトには、そこまで荷物を積まない、という人もいるかもしれませんが、レジャーや買い物に出かけることはあるはずです。

そんな時、気になるのがトランク収納時の傷入れです。

荷物収納時に、一番傷が入りやすいのは、リアバンパーの部分になります。目立たない箇所といえばそれまでですが、できれば傷は入れたくないもの。

リアバンパープロテクターを装着しておけば、多少のバンパーへの負荷は気にする必要はありません。低価格なのでぜひ入れたところです。

インサイトでおすすめのパッケージオプションは?

新型インサイトには、パッケージオプションというものが存在します。現在、ラインナップされているパッケージオプションは二つです。

  • 「光のアイテムパッケージ」
  • 「新車パッケージ」

この二つの中でも、特におすすめしたいのが光のアイテムパッケージです。

光のアイテムパッケージ (本体価格¥48,450-)

光のアイテムパッケージは以下で構成されています。

  • 「インナードアハンドル&ドアポケットイルミネーション」
  • 「フットライト」
  • 「サイドステップガーニッシュ」

先述したフットライトと同様に、フロントドア左右に埋め込まれたLEDが、サイドステップに設置された「INSIGHT」のロゴと共鳴するかのように、スモールランプと共に車内を優しく照らしてくれます。

実際にパッケージオプション装着車を見た感想ですが、自己主張しすぎず、それでいて地味ではない、高級感が感じられる仕様になっていました。

車の乗降時にもこだわりや楽しみを持ちたい、という人には、是非ともつけてもらいたいオプションといえます。

新型インサイトのオプションはこう選ぼう!

新型インサイトのオプション選びですが、中途半端に社外オプションをつけるよりも、純正を選択した方が素直にいい、というイメージを持ちました。

特に、カーナビやスピーカーの出来はかなりのものです。保証期間も純正は長いですし、故障時の対応もスムーズです。

今回のランキングを参考にして、新型インサイトのオプションを検討してもらえると幸いです。

オプションを生かし、自分だけのインサイトをつくりあげてください。

新型インサイトを値引きして買う方法は?

オプションが充実するインサイトは、値引きできる場合があるのをご存じですか?

新型インサイトは発売されて間もないですが、既に値引き成功事例が出ています。

それなりに価格はしますので、値引きはトライしたほうがお得でしょう。

値引きの方法はシンプルで、相場を押さえてライバル車と競合させるだけです。

購入を検討している方は、最新情報もチェックしておきましょう。
インサイトの最新値引き情報!

 

スポンサーリンク