Pocket

フリードのオプション

新型フリードは家族向けの車として、収納や便利な機能が充実したミニバンです。

また、グレードが豊富にラインナップされていて、それぞれの予算に応じて機能などをかんたんに選べるというメリットがあります。

そんな新型フリードにおいて、おすすめの人気オプションをまとめました。

カーナビも含めて、このページで必要な情報が全て分かります。

新型フリードにオプションは必要ない?

フリードオプション
(出典:http://www.honda.co.jp/

フリードは装備が充実していますので、それほどオプションの必要性がないと考えられがちですが、決してそんなことはありません。

また、ホンダの車では社外製ではなく、純正オプションを購入時につけてもらった方がお得になることが多々あります。

フリードは純正オプションがおすすめ!

純正(メーカーオプション、ディーラーオプション)はもともとの品質が良く、社外製品と比べても取りつけが簡単です。

ただ、以下でフリードのカタログを見ることもできますが、数が非常に多く、迷ってしまうという方も多いことでしょう。
フリード アクセサリーカタログ

そこで、本記事では人気の純正オプションを中心に、厳選してご紹介していきます。

新型フリードで必要なオプションとは?

純正ドライブレコーダー

フリードオプション

今では万一のトラブルを避けるために必須であるドライブレコーダーですが、純正での購入がおすすめです。

ドライブレコーダー:30,240円

基本、ナビも純正を購入することがおすすめですが、ナビ連動タイプのドライブレコーダーを選んでおくと、取り付けがスムーズかつ便利です。

ドライブレコーダーは必ず必要になるので、購入しておきましょう。

ラゲッジマット

フリードは最初から装備が付いていますが、全グレードにおいて購入時にオプションを付けておく便利、というものもあります。

その代表がラゲッジマットです。

ラゲッジマット:10,800円(スタンダードタイプ)

ラゲッジマットは、フロアの傷つきや汚れを防いでくれる定番のアイテム。
価格も安く、購入して絶対に損がありません。

社外製品で良いものを安く買えるようなイメージがありますが、購入時のディーラーオプションとした方がお得です。

Cパッケージは非常におすすめ!

フリードには様々なオプションがついたパッケージがあり、特に人気なのがCパッケージです。

車の快適性がグッと高まり、必要なオプションがまとめてつけられるのでおすすめ。

Cパッケージの内容

このCパッケージの内容は、

  • プラズマクラスター技術搭載 フルオートエアコン
  • ロールサンシェード
  • UV・IRカット機能付 ガラスコーティング
  • コンフォートビュー

となっています。

ロールサンシェードは直接日光を防ぐため、夏にかなり重宝します。

コンフォートビューとは、フロントガラスの視認性を上げ、冬にガラスが凍り付くのを防いでくれるという便利な機能です。

Cパッケージの価格

まとめて装備しても標準価格で48,600円ですのでお得感があります。

ただ、フリードの上位グレードでは標準装備となっていることがありますので、事前に確認しておきましょう。

新型フリードの見た目を高めるオプション

エアロバンパーは迫力と高級感が高まる

また、予算に余裕があれば、エアロバンパーがおすすめです。

エアロバンパーはフロント部分につけるパーツで、かなりエクステリアのイメージが変わりスポーティーな感じになりますので、お金に余裕があればおすすめです。

フリードのオプション3

フリードオプション
(出典:http://www.honda.co.jp/

エアロバンパー:66,960円

さらにエアロバンパーのオプションではビーム付となっており、夜の走行時の視認性を上げてくれますので、走りやすさという面でもプラス材料となります。

7万円近くするオプションですが、余裕があったらぜひとも欲しいパーツとなります。

ワンポイントで上質感を高めるならインテリアパネル

見た目を良くした場合、インテリアパネル(ドアスイッチパネル)を付けると良いでしょう。

このディーラーオプションはワンポイントで高級感が出ますし、価格もお手頃です。

フリードのオプション2
(出典:http://www.honda.co.jp/

インテリアパネル:17,280円

室内空間は、アイテム一つでがらりと雰囲気が変わるのでおすすめですよ。

フリードでおすすめのカーナビはどれ?

後付けできるディーラ―オプションで決まり

ホンダに関しては、迷うことなく純正ナビ(ディーラーオプション)がおすすめ。

ホンダインターナビ(internavi)が搭載されていて、上記であれば後付けも可能。

ただ、インターナビが搭載されたディーラーオプションは、大まかに4つありますが、それぞれ見て行きましょう。

  • エントリーインターナビ → △
  • ベーシックインターナビ → △
  • スタンダードインターナビ → ◎
  • プレミアムインターナビ → ◎

エントリーインターナビは、カーナビとして最小限の装備しか搭載されていませんが、価格が105,840円と割高な印象です。

ベーシックインターナビも、地図更新、CD録音、車種専用音響チューニングがついておらず、127,440円となっています。機能のわりには少し高いと言えます。

安さ重視ならスタンダードインターナビがおすすめ

安さを重視するならば、7インチのスタンダードインターナビがベスト。

スタンダードインターナビは、地図更新3回、CD録音、車種専用音響チューニングといった必要な機能はすべて搭載されて165,240円となっていて、コストパフォーマンスが高いです。

音にこだわるならプレミアムインターナビ

機能面でスタンダードインターナビを上回る性能を持ち、音楽にこだわる人に向けてDIATONE SOUND機能が用意されています。

再生音源を自動判断し、最適な音響効果を実現し、例えMP3のような圧縮音楽でも、圧縮前の音楽のような音楽が再現されます。

新型フリードのおすすめ人気ランキング!

最後に、いろいろ便利なオプション、お得なオプションがありますが、実際に人気の高いオプションをランキングでご紹介します。

一位 純正カーナビ(ホンダインターナビ)

改めてホンダ純正カーナビは新型フリードでは人気が高いオプションです

前述した通り、ホンダインターナビが搭載されていることが特徴。

ホンダインターナビは最新の「通信型ナビ」であり、慣れるまで時間はかかりますが、かなりの優れものです。

実際に使い慣れないという声もありますが、本当に最先端で必要な機能がすべて揃います。

ホンダインターナビの設置をすることでバックモニターも楽に装着できますし、こだわりがない限り、社外品よりも純正オプションを選ぶ人がほとんどです。

カーナビはデザイン的にフリードのインテリアとよく調和し、スムーズに利用できますよ。

ニ位 Cパッケージ

上位ランキングを見てみると、一位はやはりCパッケージとなります。

Cパッケージは、車内空間の快適性をぐっと高めるパッケージですし、セットになっている分お得感があるのがうれしいところ。

担当者もこのオプションをすすめてくることが多く、値引き材料にすることができるということもあって人気が高い商品です。

三位 ドライブレコーダー

フリードオプション
(出典:http://www.honda.co.jp/

近年、急激に売上を伸ばしているのがドライブレコーダーです。

さまざまな車のトラブルがニュースとなる中で、必要不可欠と言える存在であり、爆発的に人気を高めています。

ホンダインターナビの連動型があり、取り付けもスムーズです。
価格は3万円前後ですが、トラブルを回避できることを考慮すれば安いと言えるでしょう。

社外品も充実していますが、やはり純正が安心できておすすめです。

フリードのおすすめオプションとナビの結論!

新型フリードでは、快適性や見た目を向上させたい場合にオプションをつけると良いでしょう。

いくつかのオプションパッケージの中でも、Cパッケージはお買い得で車内の快適性が上がりおすすめです。特に女性やお子様がいると重宝します。

カーナビやドライブレコーダーについては、純正がおすすめ。

カタログを見るとオプションの数に驚かされますが、本記事で上げたものさえ押さえておけば問題はないでしょう。

新型フリードの最新値引き情報!

オプションが充実するフリードですが値引きできることをご存じですか?

値引きにはシンプルな方法があり、知っておけば誰でも実行できます。

実際に値引きすることで、何十万円と安く購入できるケースがあります。

値引きについては下記の情報を見ておけば、簡単にできます。
一度流れをつかんでおきましょう。
新型フリードの値引き情報!最新相場と値引き方法

 

スポンサーリンク