Pocket

エスクァイアの口コミ

こんにちは!

高級感持つ新型エスクァイアは、数あるミニバン車の中でも人気の高い車です。

内装や設備のレベルも高く、ワンランクもツーランクも上のバンと言えるでしょう。

今回はエスクァイアについて口コミを分かりやすくまとめると共に、ノア・ヴォクシーとの違いについても解説していきます!

新型エスクァイアの見た目の口コミは?

エスクァイアの見た目
(出典:http://toyota.jp/

新型エスクァイアの見た目の最大の特徴は、その存在感のあるフロントグリルになります。

全体的にはとても重厚感があり、大きく見える外観となっていますので注目を浴びやすい一台に仕上がっています。

質感やメッキの量もノア・ヴォクシーを上回り、より高級感が高まっています。

口コミでもこうした点を口にする意見が多く聞かれました。

見た目に関する口コミ

「ノア・ヴォクシーと比べてもメッキが太くて、存在感がある。」

「初めて見た瞬間に惚れてしまいました。見た感じすぐに高級バンという雰囲気が漂っているのがすごいところ。ブラックが一番映えるな、とすぐ思ったのですが、実際に納車の際に見てみるとすごい存在感でいいですね。」

「ドアに重厚感があって、驚くほど遮音性に優れている。」

「最初の印象は、大きいな、という感じでした。ただ、実際に乗ってみると乗りやすくて取り回しもよかったです。」

新型エスクァイアの内装や利便性の口コミ

姉妹車よりも豪華なつくり

新型エスクァイアは、姉妹車のヴォクシーやノアをベースにしているモデルですが、その大きな違いの一つはインテリアです。

内装は変わらないという声もありますが、姉妹車よりも豪華で高級な造りになっています。

合成皮シートの質感やパネル類にもこだわり、快適な車内空間を実現。

ハンドルも軽くて押しやすく、ネイルをした女性であっても運転しやすいなど、驚くほど細部まで追求された作りとなっています。

シートアレンジが多彩

エスクァイアのシートアレンジ
(出典:http://toyota.jp/

シートアレンジが多彩で、4人、5人、6人まで自由自在。

スペースを大きく確保したり、セカンドシートを前方にすることで、停止中に子供のケアもできるなど、かなり効率的に空間を利用できますね。

会社の重役クラスの専用車として選ばれることも多いですが、本質的にはファミリーカーとしての機能が優れている車です。

収納が少ない点はデメリット

荷室は確保されている一方、運転周りの収納が少ないという声が見られました。

助手席にシートバックテーブルはあるものの、小物を置くスペースが少ないのはエスクァイアのデメリットになります。

ただ、この点は後付けコンソールボックスを付けることで、解決することが可能です。

内装に関する口コミ

「乗った瞬間から静粛性が素晴らしく。高級車に乗っている感覚が味わえる。」

「外観からして高級感が漂っていますが、車の中に入るとさらにすごい。乗った瞬間にリッチな気持ちになれて、車の中にいるのが楽しくなります。」

「シートの乗り心地がすごいです。どの列にいてものんびりと過ごすことができて、長時間のドライブでも疲れることがありません。広々とした感じで、便利だと思います。

実燃費に関する口コミや評判は?

大きめのバンとしては優秀

エスクァイアは大きく分けると、ハイブリッド、ガソリン4WD、ガソリン2WDとなります。

当然のことながら、ハイブリッドが一番燃費が良く、リッター当たり16キロから17キロ程度となっています。大きめのバンとしては優秀です。

ガソリン車では、4WDで11キロ台前半、2WDで11キロ台後半となります。
2WDと4WDの違いがあまりありませんが、より安定して走れる4WDがおすすめです。

ライバル車との燃費の序列

  • 街乗り:エスクァイア=セレナ=ステップワゴン
  • 郊外 :セレナ>エスクァイア=ステップワゴン
  • 高速 :エスクァイア=セレナ=ステップワゴン

他車と比較しても、燃費はほぼ変わらない内容となっています。

このクラスとしては充分な燃費性能という点だけ押さえておけば大丈夫でしょう。

実燃費に関する口コミ

「このクラスの車だと10キロを切るのは当然と思っていましたが、ハイブリッドにしなくても10キロオーバーなのでびっくりです。意外と燃費がいいなという印象です。」

「ハイブリッドにしましたが、16キロくらいの燃費です。バンだとこのくらいの燃費なのでしょうが、ガソリン車との価格差を考えると、もう少し燃費が良かったらと思います。」

「渋滞などでアクセル踏まない時はECOモードがあって、燃費を抑さえるのに便利。」

エスクァイアの走りと乗り心地は?

エスクァイアの走り
(出典:http://toyota.jp/

新型エスクァイアは全体的に安定した走りができるという評判が目立つ車です。

姉妹車のノアとの違い

ノアではスカスカ感があったが、エスクァイアでは一切感じられないという口コミがあるように、姉妹車でも乗り心地に差はあります。

男女問わず視界が確保され、安定感があり、乗り心地は抜群。

カーブの際にちょっと振られる、急にハンドルを切るとふらつく、という声もありますが、おおむね評判は良好でした。

エスクァイアの走りの口コミ

「重心がちょっと高めという感じで、急にハンドルを切るとふらつく感じがあります。しかし、それ以外は快適で安心して乗れます。子供も酔うことがありません。」

「サスペンションがいいのか、ほとんど揺れもないですし、ガタガタしている道路でもあまり感じません。お客さんを乗せる時などは、快適に乗せられるので最高ですね。」

エスクァイアの価格は安いという声が多い!

エスクァイアは欠点の少ない車ですが、唯一価格帯は気になるところかもしれません。

新型エスクァイアは、グレードによって270万円台から330万円台の価格が設定。

なお口コミでは、高級バンとしては安いという声が目立ちます。

ノア・ヴォクシ―との価格の違い

  • エスクァイア:2,657,782円
  • ノア・ヴォクシー:2,284,691円

ベースモデルで換算した場合は20万円近くの価格差がありますが、長く乗るのであればそれだけの価値は確実にあります。

エスクァイアはノア・ヴォクシーよりも高級感が一段増しているため、その点を重視する場合はおすすめできます。

ガソリン車かハイブリッドか

ガソリン車とハイブリッド車で20万円から30万円程度の差が出てきます。

ただ、実燃費については、リッター当たり5キロ程度と大きな差が生まれないので、20万円から30万円を上乗せする価値があるかどうか考えた方が良いでしょう。

価格に関する口コミ

「高級バンで、しかもハイブリッド車なのに300万円は安いと思って、即決めでした。オプションもオートリアヒーターなどを値引きで付けてもらってお得でした。」

「他のバンも200万円台後半はするので、質の高さから考えると300万円弱というのはかなり安いかと思います。見た目にも高そうなので、お得感がありますね。」

質の高さで選ぶならエスクァイアがベスト

新型エスクァイアの口コミを見ると、全体的に高評価が目立ちます。

インテリアもエクステリアも質感が高く、走りの満足感が高いのが特徴と言えるでしょう。

車内で快適に過ごせるため、ファミリーカーとしても、社用車としても利用しやすく、幅広い用途で活躍してくれそうです。

ノア・ヴォクシ―よりもおすすめ?

ノア・ヴォクシ―と比べても、高級感は一段と増しており、実際の走りの質を考えてもエスクァイアの方が評価できます。

ミニバンの売れ筋ジャンルでTOPを独占する3車ですが、質の高さを重視するのであればエスクァイア一択と言えるでしょう。

エスクァイアは必ず値引きして購入しよう!

エスクァイアは値引きして購入する方が絶対にお得な車です。

新型エスクァイアは、高級バンであるため値引き幅も大きい傾向にあります。

これまでにも大幅値引きができたという事例が数多くあります。

値引きの方法はシンプルで、相場を押さえてライバル車と競合させるだけ。

エスクァイアの値引きはレポートをまとめているので、一度目を通しておきましょう。
エスクァイアの値引き相場レポート!限界まで安くするコツは?

 

スポンサーリンク