Pocket

note-epower 2

トヨタのプリウス販売台数を超えて、電気自動車を代表する車種になったと言っても過言ではない日産ノートe-POWERの値引き相場と、安く買うコツをご紹介します。

ノートでは値引きできるかできないかで、購入価格が大きく変わってきます。

購入を少しでも検討されている場合、最後までチェックしてみて下さい。

ノートe-POWERの最新値引き目標額と動向

note-epower3
(出典:http://www.nissan.co.jp/

日産ノートe-POWERは、次世代型の自動車ということもあって人気が高く、値引き交渉するのは簡単ではありません。

ディーラーに足を運んで値引きの交渉をする場合、大体いくらぐらいまでならディスカウントしてもらえるのか事前に相場をおさえておきましょう。

日産ノートe-POWERの値引き相場はいくら?

  • 本体割引:15万~20万(平均値は17万)
  • オプション割引:8万円
  • 本体+オプション値引き:25万

全国の日産ディーラーにおいて、本体価格から15万円~20万円の値引きができれば上出来です。
オプションも含めると25万円が値引きの目標金額です。

ただ、10万円以下のディスカウントしかしてもらえないところも多いので注意、
どこまで安くできるかは、購入者の交渉術に左右されてきます。

値引きを引き出すならオプション割引は必要

値引きの目標金額を目指す場合、オプション割引が必須となります。

ただ、最初にオプション値引きを持ちかけると、本体価格に組み込まれる恐れがあります。
こちらは本体価格の値引きが終わった後に切りだすのがコツです。

安く買うならグレードを落とすことも大切

日産ノートe-POWERはX、メダリスト、NISMOの3つのグレードがあります。

大きさや車内空間、装備などそれぞれ微妙に異なるものの、他の電気自動車と比較すると抜群の性能を持っていることは共通しています。安く購入したい場合、グレードを落としてXを選ぶのがコスパの面ではおすすめです。

ノートe-POWERの値引き交渉は競合車探しから!

note-epower4

数年前までは、ハイブリッドと言えばトヨタのプリウスをイメージする人が多かったのですが、近年では日産ノートe-POWERをはじめ、各社様々なハイブリッド車および電気自動車をラインナップさせています。

日産ノートe-POWERのライバル車種と言えば、トヨタのアクアが該当します。

ライバル車種を知り、それぞれのメリットやデメリットを理解しておけば、値引き交渉の際にも有利に交渉を進められる可能性が高くなります。

ノートe-POWERのライバル車はアクアが最適

日産ノートe-POWERとアクアを比較した場合、見た目のボリューム感では、日産ノートの方が人気があります。

燃費の面ではどちらも優秀なので甲乙つけがたく、どちらもリッターあたり37キロと一般の自動車に比べて驚異的な燃費を誇っているのが特徴です。

ライバル車の優れている点を出して交渉すること!

日産のディーラーで日産ノートe-POWERを少しでも安く買うために交渉する際には、ライバル車種が優れている点を出して、ライバル車種を買っても良いという危機感をディーラーに持たせることが大切です。

この点は、走行性能に関してはアクアの方がボディが130キロも軽量なためにパワフルで、加速性能がバツグンだという点をポイントにしてみましょう。

ノートe-POWERのディーラーとの交渉の手順を解説

日産ノートe-POWERはかなりの人気車種なので、何十万円も安くしてもらう事は難しいという点は念頭に入れておいて下さい。

しかし、ディーラーによっては15万円~20万円の値引きをしてくれる可能性があることを踏まえて、交渉に臨むと良いでしょう。

ライバル車と迷っていることを伝える

まず、トヨタのアクアも検討していて、どちらが良いか迷っているけれど価格で決めようと思っている、と伝えればディーラーは値下げ価格を提示してくれる可能性があります。

この時、ライバル車の見積もりを貰っておき、ノートの値引きを進めるのが理想です。

最初のディスカウント価格からひと押しする

最初に提示されるディスカウント価格は、最終的な値下げ価格よりも小さめのはずです。

そこからが勝負です。「あと5万円ぐらい安くなれば、今ここで契約書にサインしてもいい」と具体的な価格を提示すれば、時間をかけずに交渉は進みやすくなります。

最終的には買うという姿勢を見せることで値引きして貰いましょう。

交渉においては、一定金額以上のディスカウントは不可能になってしまうため、そのギリギリのラインを購入者が知っておくことが大切です。

値引きしてくれるのであれば買うという姿勢で臨むこと

値段を安くしてくれたら、その場で契約する気持ちでいることが大切です。。
買ってくれるか分からない人には、ディーラーも思い切った値下げはしてくれません。

ノートe-POWERの値引きに適した交渉時期は?

日産ノートe-POWERの値引きに適した交渉時期としては、新モデルが出る場合には、新モデル発売に際して旧モデルを売り払おうとするので、最も大幅値引きが期待できます。

また、モデルチェンジの時期でなくても、月末はディーラーの締めの時期に当たり、店舗ごとに売り上げを計算して本社へ報告しなければいけないため、1台でも多く販売しようと躍起になっています。

最後に、決算月の3月と9月も定番ではありますが、やはり交渉に適しています。

ノートe-POWERを値引きする際の注意点

日産ノートe-POWER の値引き交渉では、具体的にどのグレードが欲しくて、いくらまでなら出せるのかを自分の中ではっきりと持つことが大切です。

「ハイブリッドに興味があって」というのでは、「その予算だとこのグレードは無理なので、こちらのグレードにしたらどうですか?」と返されてしまいます。

このグレードが欲しくて、ライバル車についても調べていて、どちらにしようか迷っている、という点を強調しながら、できれば近日中に決めて契約したいのだということをディーラーに匂わせることが、値引きのポイントと言えるでしょう。

ディーラーの下取り価格に要注意!損をしないためのコツは?

ディーラー下取りをお願する場合、安い下取り価格を提示される恐れがあります。

そのため、必ず複数の業者に事前見積もりを取っておきましょう。

ディーラー下取りで失敗するとトータル的に損をすることになります。

安い下取り価格にされないためには、多くの買取業者から見積もりをもらっておいて、事前にディーラーに見せましょう。

ネット上の車一括買取査定サービスを使えば、複数の買取業者から見積もりが入手できます。
数分できるので、必ず行っておきましょう。

一括査定は最も定番の「かんたん車査定」にしておけば失敗することがありません。

下記にて、無料で今すぐ査定をすることが可能です。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

日産ノートe-POWERは日本トップクラスの人気車種です。

だからこそ、値引きは難しくもあり、方法次第で大きく結果が変わってきます。

今回挙げた方法であれば、大きく外れることはないのでぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク