Pocket

展示車の値引き

意外と知られていない、展示車や試乗車の購入や値引きについてまとめました。

自動車の購入時、通常はディーラーで新車を買うか、中古車販売店で中古車を買うかのどちらかでしょう。しかし実際には他の手段があり、それがいわゆる新古車です。

新古車とは中古車のように生産からそれなりに年月が経っているが、個人としての登録がされていないものを指します。

そうしたものが生まれる理由は、『試乗車』や『展示車両』というものがあるからです。
このページではこの2つについて解説していきます。

展示車とは一体何か?

展示車とは

ディーラーに行くと、必ず1台はショールームに飾られている車があります。

ディーラーがその時に一押ししている車が並んでいることが多いですが、それが展示車です。

展示車の役目は車を直接見てもらうこと、実際にシートに座って雰囲気を味わってもらいたいことで、その車で公道を走るわけではありません。

ですので、この車は車両として登録されていないのです。

劣化が殆どない状態の車

所有者はディーラーですが、公道を走るための新車登録をしていないので、車検証も自賠責保険証書もありません。ただ単に車の形をした工業製品が置かれているだけとなります。

エンジンを掛けられることもほとんどなく、公道を走ったこともないため、走行距離もわずか数十キロ程度です。

各部品の劣化もほとんどない状態になっています。

試乗車とは一体何か?

試乗車は、客に運転をさせ、その車の走行性能や乗り心地、使い勝手などを体感してもらうためにディーラーが用意したものです。

客が運転して公道を走るため、ディーラー名義で新車登録がされ、車検証もありますし、ナンバープレートもついている、自賠責保険にも加入しているといった形で、一般の車を同じような状態になっているものです。

展示車の購入や値引きは可能か?

eehibition car2

展示車両は新しいモデルが出たり、他に目玉商品となる車が発売されると役目を終わります。

役目が終わるとその車は、営業用の車となったり、ディーラーの従業員が購入したり、代車として使われるほかに、お得意様などに新古車として売られることとなります。

展示車は事前の準備で値引きや購入は可能

一般の方がディーラーに飛び込んでいきなり「展示車両ください」とか「ここに飾ってある車を売ってください」といって買うことはできません。

仮にできるとすれば、その展示車両がいつ展示されないようになるのか? その後に売る先が決まっているのかなどを聞いて、買えるようならその時に購入するという形となります。

展示車の値引き価格は?

その際の金額ですが、公道を走っておらず、登録上は新車の扱いとなりますが、長い間展示されており、不特定多数の人間が触ったり、シートに座ったりしています。

全くの新車として売るわけではないので、最初からかなり安い金額をつけて売られることになります。とはいっても原価を切ることはないので、新車で購入する時の最大限の値引きがされたぐらいの金額となります。

展示車の値引きの方法と注意点

場合によっては心無い客によって傷つけられたりしていることもあるため、時に原価を切ることもありますが、それでも高いと思った時はその点を突けば多少の値引きは可能。

ただ、そういったことを含めて価格設定がされているので、それ以上の値引きを求めるのは難しいでしょう。

基本的にこういった車はその方が買わなくても他の行き場がありますので、あまり過酷な値引きを求めると買うことができなくなる場合があります。

試乗車の購入や値引きは可能か?

試乗車

試乗車は既に新車登録がされているので、一般的な中古車販売店で販売されている中古車と同じ扱いを受けます。購入後もディーラー名義から個人名義に名義変更を伴います。

展示車ほどの状態の良さは期待できない

一般の中古車と違うのはディーラーできちんと整備されている、清掃がされているといった点です。その車を運転して買うかどうかを決めるわけですから、自動車としては万全の状態になっています。

ただ、試乗車だけでなく、営業車としても使われることがありますので、不特定多数の方に運転されており、走行距離もそこそこ進み、展示車両よりは確実に距離を重ねています。

試乗車を購入することは難しい?

試乗車を買うのは一般の方では難しい側面があります。新車を買いに来た人で資金的に厳しい人に納車日限定ですすめることもありますが、自動車メーカーや他のディーラーから借り受けている場合は返却しなければなりませんので、買うことはできません。

試乗車が購入できる場合と値引きできる場合

買える場合は、程度の良い中古車と同程度の価格で売られることが多いです。
こちらも事前に問い合わせてみましょう。値引きに関してはシートが汚れている、ボディに傷がついているといったものがあれば、それに対して値引きできます。

ただ、この試乗車も限定された人間に限定された時に売りの出されるものですので、買うことができるといったこと自体が稀となっています。

展示車を購入するメリット・デメリット

展示車は年式的には多少古くなっているかもしれませんが、登録上は新車の扱いです。

走行距離も伸びていませんし、車検証の名義も汚れていないまっさらの新車と同じですので、値段の折り合いと車の状態が良ければ良い買い物ができるでしょう。

状態は新車とあまり変わらない

車の状態もすこぶるいい傾向にあります。エンジンもほとんど掛けられていないので、痛みはありませんし、トランスミッションやドライブトレーン、サスペンションなどもほとんど負担がかかっていないので壊れていることは稀です。

細かい点で状態が悪くなってるので注意

ただ、ずっと同じところにおかれているため、タイヤが変形していることがあったり、ファンベルトなどゴム製品の経年的な劣化から変に形がついてしまっている場合があります。

展示車両は見栄えの良いところにおかれることが多いので、直射日光などによる紫外線のダメージが出ていることもあります。

こういったことが我慢できれば、安く購入できる展示車両はいい商品と言えるでしょう。

試乗車を購入するメリット・デメリット

試乗車は乗り回されているので、エンジンやトランスミッション、ドライブトレーン、サスペンション、タイヤなどにあたりがついているため、慣らし運転をしないで済みます。

ディーラーにてずっとメンテナンスされているので、故障なども起きていないでしょう。

走行距離もそれほど伸びていないことですので、同じ中古車として買うにしてもこの辺が一般の中古車販売店で買うのと大きく違うところです。

中古車よりは状態が良い

ただ、やはりいろいろな方に運転されているので、使用感はあります。

中古車を買うという思いで購入するのであれば納得がいくものですが、新車の代わりとして安く済ますことができる試乗車を買うといった場合では、少し気持ち悪く感じるかもしれません。

展示車と試乗車と中古車ならどれがおすすめ?

展示車や試乗車は気軽に買えるものではなく、事前に調査や問い合わせした上で、運が良ければ購入できるものです。まずは、色んなお店で探りを入れてみましょう。

おすすめは展示車の購入!

やはり一番いいのは展示車で、車体もほぼ生産ラインを下りた時のまま、登録上も新車と同じ扱いですので、中古車と比較するよりむしろ新車と変わりありません。

入手するには展示車両がいつ展示されなくなるのか?その後に売る先が決まっているのか?などをリサーチして交渉する必要がありますが、それだけのメリットはあります。

引き取り手は多いので、値引きは必要最低限に留めるようにしましょう。

値引きしやすいのは中古車

ただし、何度も言いますが、展示車を買うことができる方は限定されますので、もしそういったチャンスが巡ってきたら過度な値引きは禁物です。

その意味では、中古車が最も値引きはしやすいと言えるでしょう。

車の購入前は必ず自分の車の見積もりを用意しておきましょう!

車の購入を考えている方は、必ず自分の車の見積もりを用意しておきましょう。

ディーラー下取りに代表される下取り価格は、安く買い叩かれることが常です。
こんなに自分の車は安いの?と驚くくらい安くなることもあります。

それを避けるためには、自分の車の見積もりを用意し、ディーラー等に見せる必要があります。

インターネットであれば一瞬で複数の見積もりが入手可能です。

代表的な一括査定の「かんたん車査定」では数分で、無料で下取り査定額が確認できます。

下記にて、無料で今すぐ査定をすることが可能です。

↓かんたん車査定の公式サイトは下記より

こうした金額を確認しておき、下取りの際に伝えるようにしましょう。
そうすることで下取り価格を引き上げられることがあります。

思わぬところで損をしないよう注意してください。

スポンサーリンク