Pocket

新型デミオは2014年度の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、ヨーロッパでも高い評価を集めるモデルです。

コンパクトカーで唯一のクリーンディーゼル車という事もあって販売実績も高く、マツダ独特のスタイリッシュな外観に魅了されているユーザーも大勢います。

ドイツのフォルクスワーゲン・ゴルフと肩を並べる人気を博し、国内外で人気のブランドと言えるでしょう。本記事では、そんな新型デミオの特徴やメリッやデメリットについて徹底的に評価していきます。

燃費面やスタイリング、インテリアに維持費用など、ぜひご参考にして下さい。

1.ヨーロッパ並みのスタイリッシュな外観は最高評価

新型デミオの外観の評価
(出典:http://www.mazda.co.jp/

新型デミオはフロントグリルからテールランプに至るまでグラマラスなボディラインを強調していて、コンパクトカークラスには見えない迫力をもったブランドです。

これはマツダ車に共通するシルエットで、特にデカ鼻のボンネットはハイブリット化する他のモデルでは見られない程のボリューム感で、古き良きスポーツカーを彷彿とさせるレトロ感が高く評価されています。

また新型デミオはコンパクトカーサイズのギリギリ、全長4,060mm・全幅1,695mmと3ナンバーに迫るワイド設計になっており、フィットやヴィッツなどと比べても、突き抜けて存在感を放っていると言えるでしょう。

コンパクトカーの中において外観は最高評価をつけることができます。

2.新型デミオの洗礼されたインテリアの乗車感は?

新型デミオのインテリアの評価
(出典:http://www.honda.co.jp/

新型デミオのインテリアに関しても上質でカッコイイと評判です。

基本はスポ―ティな大人スタイルで上質なアート空間を演出しています。

そしてコックピットの造りにこだわりがあり、シートは肌触りの良いグランリュクスにキルティング地で体全体をしっかりとホールドしてくれますし、インパネのデザインと機能性も質が高いものとなっています。

走る楽しみを与えてくれる設計は他のコンパクトカーにはない魅力でしょう。

内装の質感、乗り心地に関してもコンパクトカーでは群を抜いていると言えます。

足元空間や後部座席はやや窮屈で注意

新型デミオのデメリットとしては、リアシートはやや窮屈な感じで、足元空間が狭い点が挙げられます。

これは先代のデミオからの欠点で、スタイリングを重視するあまりに、リアシートの居住性が犠牲にされた結果です。
同様に、荷室はやや狭めで充実しているとは言えない点も注意が必要です。

ただし、問題になるレベルではなく、人によってはまったく気にならないという声もあります。
この辺りは実際に見学してみるのがおすすめです。

デミオは、2シーター・ドライブをメインとしたインテリア設計ということができるでしょう。

3.新型デミオの走行性能・実燃費の評価

新型デミオの走行性の評価

新型デミオのスポ―ティな走りに注目!走行性能は群を抜く

新型デミオは粘り強いクリーンディーゼルの高いトルクと、長めのホイールベースでガッチリと路面を掴む安定した走行性を実現しています。

もともとコンパクトカーはコーナーリングや加速性能を求めない車種なのですが、その点新型デミオはスポ―ティに走ってくれると若い男性ユーザーからも高く評価されています。
実際に高速道路でのスピードコーナーもラクラクとこなしますし、山道での上り坂もモタモタ感がありません。

もちろん街中のストップアンドゴーが頻繁な状況でも、スッと走り出すスマートさはさすがマツダだというべきでしょう。
こういった運動性能はフィットにもマーチにもありません。

価格が高い分だけワンクラス上の走りを実感させてくれるという訳です。

高速道路や長距離運転時の燃費はコンパクトカーで1,2を争う

実際に、主要なコンパクトカーの実燃費を計測した実験においては、デミオは長距離運転や高速時において1,2を争う成績を出しています。

また、街乗りにおいても上位の燃費を計測しており、総合的に見ても燃費は上位です。

デミオの燃費のランキング

総合燃費:フィットHVに次ぐ2位)

高速道路での燃費:フィットHVに次ぐ2位

新型デミオの燃費性能をe燃費から分析

新型デミオの燃費の評価

新型デミオには1.3Lガソリンと1.5Lディーゼルターボの2種類のエンジンが搭載されています。

それぞれの燃費性能をチェックしますと、ミドルグレードの13C(ガソリン/2WD/AT)がJC08モードで24.6Km/L、クリーンディーゼルのXD(2WD/AT)が26.4Km/Lと計測されています。

この時点で他のハイブリットコンパクトカーと大差はありませんが、先のドライビング性能のプラスαで相殺された評価がなされています。

また、実燃費をみるとちょっと様子が変わってきます。

試験走行やユーザー投稿から見るe燃費は以下の通りです。(あくまで一例です)

  • 13C(ガソリン/2WD/AT)で14.7~19.6Km/L、平均17.6 Km/L
  • クリーンディーゼルXD(2WD/AT)で15.8~21.1Km/L、平均19.8 Km/L

これをライバル車であるハイブリット系コンパクトカーと比較してみますと、

  • フィットGS(低燃費ガソリン車)は15.6~20.8Km/L 、平均19Km/L

ちなみに、新型デミオは市街地や渋滞路で燃費が伸びる部類ではありません。

しかし、ディーゼル車が得意とする高速走行ではトップの成績を発揮します。

ですから遠出のドライブや郊外の道路をスイスイと走る使い方であれば、ハイブリット車をしのぐ燃費性能を発揮してくれます。

4.新型デミオの販売価格や維持費に対する評価

新型デミオの新車購入価格は138~224万円で、ノーマルグレード13C・2WDはコンパクトカーではリーズナブルな価格帯と言えます。

ただ、クリーンディーゼル・ターボ車になると200万円を軽く超えてきます。

最近は小型車の価格アップの傾向が強く、他のメーカーでも200万円オーバーのグレードを用意してきますから、決して高いという事はできないでしょう。

維持費は平均値より安め

そこで新車購入後の維持費ですが、新型デミオ・ディーゼルの場合はトータルで35万円前後掛かってきます。
これは平均値よりも安めと言えます。

それはディーゼルが軽油で走るからで、軽油はガソリンよりも25円ほど安い事が理由になっています。
ちなみにデミオ・ディーゼルにはクリーンディーゼル減税もあって、税金面での優遇もハイブリットに引けを取っていません。

マツダ新型デミオの評価のまとめ

新型デミオの評価を詳しく見てきましたが、基本的に車好きでコンパクトカーを求める方には最適なブランドです。

外観、走行性能、長距離運転時の燃費はコンパクトカーでトップ。

目立つほどのデメリットも見当たりませんでした。

デメリットとしては収納性の低さ、足元空間と後席にやや窮屈さを感じる点になります。

自動車本来のデザインや機能が重視されているため、車にこだわりや趣向性を求める方に向いています。

車好きの方から高く評価されるコンパクトカー

新型デミオはうっとりする様なスタイリッシュな外観で、スポ―ティに疾走する小気味の良いコンパクトカーです。

ディーゼルの特性を生かした粘り強い走りで街中でもスムーズに走ってくれる点は高く評価されますし、燃費面でも遠距離や高速道路では他を凌ぎます。

つまり街中ドライブならばハイブリット、遠出や郊外の幹線道路を走って楽しみたい方は新型デミオがおすすめと言えるかもしれません。

新型デミオの最新の値引き情報はこちら!

新型デミオの値引きをすると何十万円も得をするのをご存じですか?

デミオの値引きにはシンプルなやり方があり、誰でも実行することができます。

実際に値引きすることで、何十万円も安く購入できます。

値引きについては下記の記事を見ておけば、簡単にできます。
ぜひ流れをつかんでおきましょう。
新型デミオの値引き情報!最新相場と値引き方法