Pocket

マツダ新型デミオのディーゼルタイプの燃費や税金を通じて年間維持費をまとめました。

近年のマツダのデザインは突出していて、世界中で高い評価を集めています。

新型デミオにはバリエーションが多く、どの車種で見積もるかでも予算額は異なってきますし、年間の維持費用も違ってきます。

そこで今回は最も人気の高い「クリーンディーゼルエンジン」を搭載したXD(2WD)を例に燃費や税金をまとめました。

新型デミオの燃費はかなり安い

デミオの年間維持費
(出典:http://www.mazda.co.jp/

現在ではコンパクトカーのハイブリット化が進み、ノン・ハイブリットである新型デミオは燃費面から維持費がかさむかもしれないと考える方もあるでしょう。

ですが、その点はまったく心配がありません。

まずは、新型デミオのガソリン車とディーゼル車の燃費を見比べてみましょう。

デミオのガソリン車とディーゼル車の燃費

稼働方式 グレード JC08燃費  実燃費
ガソリン 2WD  13C / 13S  24.6 km/L  15.63 km/L
ディーゼル 2WD  XD  26.4 km/L  20.05 km/L 
ガソリン 4WD  13C / 13S  24.6 km/L  15.86 km/L
ディーゼル  4WD  XD  23 km/L  17.61 km/L

ガソリン車、ディーゼル車、ともの燃費は優秀です。

ただ、このように一覧にして見ても、デミオはディーゼル車(2WD)が断トツで燃費も実燃費も良いことが分かります。

これこそが最も人気がある理由であり、高燃費を実現する背景には「クリーンディーゼルエンジン・SKYACTIV-D 1.5」の搭載が関係しています。

クリーンディーゼルエンジンは低燃費

マツダのクリーンディーゼルエンジンの実燃費は非常に良く、特に高速道路での高速巡航走行では、ビックリするくらい燃料を食いません。

逆にハイブリットは街中や渋滞の状態では燃費効率も良いのですが、高速巡航は苦手であるのが一般的です。

軽油はガソリンよりも25円ほど低価格ですから、その分のランニングコストも下がります。

その結果、ハイブリット車に劣らないレベルの燃料費圧縮が可能になっています。
またオイル交換に関しては、マツダの『パックDEメンテ』を利用すれば3年間はリーズナブルに行えます。

燃費を重視する方は、ぜひクリーンディーゼルエンジンに注目してみて下さい。

新型デミオの維持費を項目別にチェック

デミオの年間維持費のチェック項目

年間維持費を計算する上で、リストアップすべき項目は次の通りです。

  • 実燃費(軽油代も高止まりしているために、最もコストの嵩む費用)
  • 各種税金(自動車税、重量税、自賠責保険)
  • 任意保険
  • その他の維持費用(駐車場代・車検代・メンテナンス費用など)

では実際に、新型デミオの燃費をクリーンディーゼルエンジン・SKYACTIV-D 1.5を搭載したXD(2WD )グレードを例にとって計算してみます。

年間走行距離1万kmとすると年間の実燃費は以下の項目の通りです。

※あくまでも目安であり、正確な数字を保証するものではありません。

新型デミオのディーゼルの燃費の目安

  • JC08モード・カタログ燃費XD(AT):26.4km/L
  • 実燃費(街乗りモード):20.5km/L

実燃費の計算方法

実燃費に関しては、新型デミオの試験走行によるとJC08モードの77.8%となっていて、この比率で計算してあります。
尚XD(MT)マニュアル車のJC08モードは30.0km/Lで、実燃費は23.34km/Lとさらに低燃費性能を発揮します。

この実燃費から年間走行距離1万㎞に掛かるガソリン代は、軽油単価を105円/Lとして以下の数字になります。

目安:1年間の燃費:51,219円

この数値は、他の車のタイプと比べても非常に安いことが分かります。
自動車の維持費は年間計算でいくらかかる?車種別に比較

ただし、クーラーやエアコンの使用頻度によって燃料費は大きく変わってきます。
ですから燃費節約には、冬場と夏場の走行方法を工夫してみましょう。

デミオの各種税金の年間費用の目安

マイカーに掛かる税金の内訳は、自動車税と重量税と自賠責保険です。

・自動車税1001~1500cc: 34,500円

・重量税:1トン以下:10,000円

・自賠責保険:12,260円(3年で36,780円÷2で計算)

目安:自動車に関する税金の年間総額は56,890円

デミオの任意保険の目安

実例として26歳以上補償、12等級(車両保険付き)

初年度の目安: 64,680円/年

この保険料価格はあくまでも平均的なプランを元にしています。

ですから保険会社やプラン内容によっては料金が大きく変わってきますのでご注意ください。
また初年度以降の保険料率の割引によっても年間の支払額が変わってきます。

その他(目安)

①駐車場料金 96,000円(全国平均は8,000円/月)
②車検代 46,000円(2年車検代金92,000円÷2)
③メンテナンス費用等 25,000円~40,000円/年

新型デミオを1年間キープする場合の費用としては、

*オイル交換代として 3,240円×2回
エレメント交換代 900円

*タイヤ代 12,000円(3年毎の交換として)

*12ヶ月点検(部品代含まず):14,000円

大まかな費用項目は以上です。
もちろん費用項目によってはもっとコストカットができるので、オーナーさんが個々の工夫で節約を試みてください。

1年間のデミオの年間維持費の目安!燃費が安い

1年間のトータル年間維持費:平均350,000円

この様に、新型デミオはディーゼルエンジン車のメリットである、軽油による燃料費の圧縮できるために、全体の年間維持費がかなりリーズナブルとなります。

それでいてスポ―ティな走り味を損なわずに、ハイスペック走行も同時に楽しめるのですから、新型デミオはコンパクトカーとして優等生だと言えるでしょう。

デミオの燃費はディーゼル車が安い

今回はディーゼル車を例に数値をまとめましたが、やはりデミオはガソリン車よりもディーゼル車の方が断然お得です。

迷った時はハイブリッド以上の機能を持つ、ディーゼルタイプを選びましょう。

どうでしたか?実際のデータをチェックしてみた結果、あなたの思っていたデミオのイメージが変わったでしょうか。
後は実際にご自分の目でお確かめください。

新型デミオの最新の値引き情報はこちら!

新型デミオの値引きをすると何十万円も得をするのをご存じですか?

デミオの値引きにはシンプルなやり方があり、誰でも実行することができます。

実際に値引きすることで、何十万円も安く購入できます。

値引きについては下記の記事を見ておけば、簡単にできます。
ぜひ流れをつかんでおきましょう。
新型デミオの値引き情報!最新相場と値引き方法

 

スポンサーリンク