Pocket

デイズ

デイズは日産自動車から発売された人気の軽トールワゴンです。

日産と三菱自動車で共同開発し、2018年5月にはマイナーチェンジが行われ新型デイズとなり、全ての面で進化を遂げました。

本記事では実際の口コミを通じて、新型デイズのメリット・デメリットをまとめました。

意外と知られていない評価ポイントもあるので、確認しておきましょう。

新型デイズのエクステリアの評価

デイズ評価
(出典:http://www.nissan.co.jp/

新型デイズの見た目は口コミでも評価が高く、コンパクトで良くまとまっていると評判です。

グレードによって印象が異なり、新型デイズは、親しみやすさを感じる「ノーマル」とシャープなイメージの「ハイウェイスター」に分かれます。

ノーマルは、流れるようなボディーライン、アーチ状やシャープなラインを組み合わせた日産らしいダイナミックな見た目に。
フロントマスクはフレンドリーなイメージで、誰もが乗りやすい仕上りです。

ハイウェイスターはカッコよさが際立つ

ハイウェイスターの外観は、メッキバーを使ったグリルに加え、シャープなヘッドライト、安定感があるバンパーがより洗練され、カッコよさが際立ちます。
ハイウェイスターは非常に人気が高く、デイズのエクステリアの評価を高める要因になっていると考えられます。

カラーバリエーションも全12色と豊富なラインナップも人気です。
日産新型デイズの人気色はどれ?おすすめカラーをランキングで発表

エクステリアは日産らしい個性を持ちながら、全体のまとまりもよく、他車とくらべても高い評価を受けています。

新型デイズの内装や利便性の評価と口コミ

デイズ口コミ
(出典:http://www.nissan.co.jp/

新型デイズの内装は上質かつ、非常にシンプルで飽きないデザインです。

内装のカラーリングはブラウンやアイボリーなどの淡い色使いから黒をメインカラーとした落ち着いたカラーリングまで選べます。

軽自動車ですが後席の座面にも余裕があり、4人でも窮屈さを感じない広々空間が広がります。
後席を倒せば荷室が広がり、たっぷりと荷物を積み込めるのもメリット。

タッチパネル式のエアコンには注意が必要

内装の質感に定評のあるデイズですが、新たに導入されたタッチパネル式のオートエアコンの利便性には多くの不安や不満の声が挙がりました。

実際のオーナーの口コミでは、タッチパネルなので直視しなければボタンの位置が分からず、「運転中に操作しにくい」「操作感に欠ける」「ボタンの位置が分かりにくい」といった不満も挙がっています。

内装は水準以上のクオリティ


新型デイズの内装は、エクステリアと同様に質感に優れ、新型デイズに乗っている方の口コミを見ても好印象なものが目立ちます。

落ち着いた雰囲気を持った軽ということで、年齢層を選ばないというところも、新型デイズが人気となっているポイントの一つと言えるでしょう。

新型デイズの燃費の評価と口コミ

ライバル軽自動車との比較

  • デイズ   実燃費:15.47 km/L
  • N-BOX  実燃費:16.42 km/L
  • ワゴンR 実燃費:19.91 km/L

新型デイズのスカタログ燃費は、最も燃費効率が良いグレードの2WDで、25.8km/l。
対して、ライバル車であるN-BOXは2WDで27.0km/l。ワゴンRではハイブリッドモデルになると33.4km/lとなっています。

ライバル車と比べて燃費は劣る

新型デイズの燃費一覧表を見ても、ライバルとなる他社の最新軽自動車と比べると燃費効率は劣ることが分かります。
つまり、燃費効率だけにフォーカスして軽自動車を選択する場合、新型デイズを選ぶと思ったより燃費が良くないと感じてしまう可能性があります。

実際「ベタ踏みするので燃費が悪い」「ターボ車の燃費が悪い」といった声も見られます。

一方で、実際に新型デイズに乗っているオーナーの口コミを見ると、新型デイズの実燃費は思ったよりも悪くなかったという口コミも目立ちました。

少なくともカタログに表示されている燃費と比較して、大幅にその数値が乖離する心配はないと言えるでしょう。

軽自動車なので燃費が悪いということもありません。

新型デイズの走行性能と口コミ

新型デイズの走行性能は、軽自動車なので排気量が一般車と比べると少なく、パワー不足を指摘する口コミが目立ちました。

特に坂道、高速道路、長距離運転時において物足りないという声が挙がっています。

一方でターボ車を選べば最低限問題ないという評価も多く、走りを重視するのであればターボ車は必須となるでしょう。

日常使いの走りでは充分と言える

逆に普段近所のスーパーなどへ買い物へ行ったり子供のお迎えなど近場での利用がメインとなる場合は、新型デイズの排気量でも十分です。

また、こうした乗り方の場合はデイズのような車の方が燃費効率も良く、小回りも利いて維持費もかからないことからメリットが多いといえます。

乗り心地は悪くないが走行性は注意

乗り心地は良いと感じる方が多く、柔らかめなので街乗りに最適という評価が目立ちました。
肉厚なシートの質感もよく、乗り心地は優れています。

一方、踏み込みの悪さを上げる声が多く、「踏み込むと車体がカクンと揺れる」「走りが滑らかではない」といった評価も出ました。走行性は総じて可も不可もない水準と言えます。

安全性能に評価が集まる

新型デイズルークスには「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」という機能が全車に標準装備されており、口コミでも評価が集まっています。

インテリジェントエマージェンシーブレーキとは、走っている時に前方を走っている車や、歩行者との接触を回避してくれる機能。

ブザーを鳴らして運転手へ危険を知らせてくれるので事故を回避することができます。

その他、サイドエアバッグがあり、車線逸脱警報機能もついていて、安全性能の充実ぶりが、デイズが支持される大きなポイントとなっています。

新型デイズのおすすめグレードは?

グレードは全部で5種類あって、一番安いグレードは「J」の2WDタイプで115万円。

デイズのグレードの中でも、ハイウェイスターは人気が高く1番人気が「X」の1,442,880円。
2番人気が「Gターボ」の1,520,640円となります。

おすすめグレードはこれ!

もしも、日常使いで使うというのであれば、質感に優れる「ハイウェイスターX」がもっともおすすめ。価格の安さ重視なら「J」グレードを選びましょう。

高速道路や長距離運転するのであれば「ハイウェイスターGターボ」が必須です。

新型デイズは大幅値引きが期待できる!

新型デイズの価格については口コミでも軽としては高いのでは?という声がありますが、実はそれほど高くはありません。

あまり知られていませんがデイズの場合、値引きが期待できる側面が大きく、それを踏まえると非常にお得に購入ができます。

軽自動車の値引きは辛口ですが、デイズは軽トールワゴンと競争が激しい分野で、過去に燃費改善問題があったことからも、値引きは緩和傾向にあります。

特に上位グレードは価格が上がる分、値引きも期待できますよ。

値引きについては、新型デイズの値引き情報を確認しておきましょう。
日産新型デイズの値引き相場情報!限界まで安くするコツは?

 

新型デイズの評価は上々!デメリットも押さえておこう

新型デイズの口コミや評価を見ていくと軽自動車として高い質感、安全性に関する装備が充実していることもあり、日産ブランドと相まって上々の評価となっています。

特に試乗ではなく実際に購入したオーナーからは、一定の評価がされている点がポイントになると言えるでしょう。

街乗りに最適で、軽としては値引きが期待できる点も大きなメリットです。

ただ、走り、エンジン性能にはデメリットを挙げる声も多く、購入する際は今回挙げたデメリットを押さえておくと良いでしょう。

総合的に考えて判断していけば納得できるはずです。

スポンサーリンク