Pocket

車購入時にカットできる諸費用を洗い出し、いくら節約できるかまとめました。

車の値引きをする場合「車体」が基本になりますが「オプション割引」や「諸費用のカット」を生かして安くすることもできます。

特に諸費用の節約は、初めての人でも実行しやすいのでおすすめです。
それでは順を追ってみていきましょう。
[ad#shige-1]

車購入時にカットできる諸費用とは?

新車購入時にはさまざまな諸費用がかかります。
税金や保険、ナンバープレート料金まで多岐にわたります。

その中でカットできる諸費用と金額は以下の4つとなります。

1.車庫証明費用(1万円~1万5,000円)
2.納車費用(1万円~1万5,000円)
3.下取り査定料(5,000円~1万円)
4.下取車手続き代行費用(5,000円)

基本的にこれだけ抑えておけば問題ありません。

それぞれ詳しい内容と、諸費用をカットする方法を解説していきます。

1.車庫証明費用をカットする(1万円~1万5,000円)

carcost-cut4

車庫証明をディーラーに任せずに自分で行うとその諸費用をカットすることができます。

この車庫証明費用のカットは最もポピュラーな方法になります。

車庫証明に必要な書類は、ディ―ラーや警察署でもらうことができます。
自分で記入した場合は、警察署に提出すれば完了となります。

インターネット上では、車庫証明書き方のマニュアルなども充実しています。
時間に余裕がある場合は自分で行うのがおすすめです。
車庫証明書の取り方の流れ

2.納車費用をカットする(1万円~1万5,000円)

納車費用は一般的に1万〜1万5千円前後かかってしまいます。
そのため納車してもらうのではなく、自分で取りに行って費用をカットする方が得策です。

納車費用の内訳は以下となっています。

1.車の洗車
2.実納車に伴う人件費
3.車両の最終点検

電化製品などでも家から近い場合、販売店から自分で持ち運ぶことがあります。
考え方はそれと同じです。

車の場合は特に、自分から出向いて取りに行っても大きな不便はありません。
もし、面倒に感じない場合はコストカットしましょう。

ただ、注意点としては一部で納車費用のカットには応じないディーラ―が存在します。

前述している通り、納車費用には「車の洗車」や「最終点検」も含まれるからです。
業者によって考え方が異なり、揉めないためにも無理と言われたら引きましょう。

3.下取り査定料をカットする(5,000円~1万円)

下取り車がある場合にカットできる費用になります。

一般的に下取り査定額を算出する際に、下取り査定料が5000円~1万円程度かかります。

しかし、本来は下取り手数料無料が一般的であるため、はカットできないかお願いすると無料になる場合があります。

あらかじめ下取り査定料はかかるか?それはカットできるのか?
ディーラーに確認しておくことがおすすめです。

4.下取車手続き代行費用のカット(5,000円)

下取り車の名義変更やナンバーを抹消する作業を変更したり、下取車手続代行費用と言います。

もし、これに料金が発生することが判明した場合は、必ずカットして貰いましょう。
これは、法律で販売店側が行い費用を支払うことになっているからです。

基本的にこの費用を取る業者は少ないと言われますが、一応注意しておきましょう。

なお、名義がローン会社などになっている場合は、こちらが費用を支払いましょう。

諸費用は全部でいくら節約できるのか?

carcost-cut

節約できる諸費用合計値については、平均で3万円~4万円程度安くなる計算です。

積み重なることで、それなりの金額になりますのでぜひカットしておきたいところです。

ただ気をつけたいのは、相手の状況を考えずに、何がなんでもカットしようと意気込んでしまうとトラブルの元になります。

お店側の考え方も尊重した上で、諸費用のカットに取り組んでいきましょう。話の流れの中でカットできそうなものはしていくスタンスが理想ですね。

車庫証明費用と納車費用は最後に伝えましょう

前述した「車庫証明費用」「納車費用」のコストカットは今では定番になりました。

この2つについては、基本的には最後に伝えるようにしましょう。

はじめからコストカットしてしまうと、車体本体の値引き率が低くなる恐れがあります。
そのため車を購入すると決めた直前にディーラーに伝えるのがベストです。

このタイミングは、車の値引きに影響するのでぜひ抑えておきましょう。

車購入時にカットできる諸費用のまとめ

改めて全体をまとめると、諸費用をカットできるのは以下の4点です。

・車庫証明費用
・納車費用
・下取り査定料
・下取車手続き代行費用

車庫証明費用・納車費用は自分でカットできる費用になります。
面倒でなければ自分でやってしまいましょう。

そして2つのカットに関しては、車を購入すると決めた直前にディーラ―に相談しましょう。

下取り査定料、下取車手続き代行費用は、そもそも発生しないこともあります。
もしも発生しそうな場合はカットできないかお願いしてみましょう。

節約は無理なくがおすすめ

車の値引き交渉はあくまでも、気持よく買い物するための手段です。
節約自体が目的になってしまうとトラブルの要因になりかねません。

その点だけ気をつけて、上手に諸費用をカットしていきましょう。

車の買い替えを検討している方は必見!

車をお得に買い換えるコツは、今持っている車をいかに高く売るか?に尽きます。

愛車の最高値を知っておき、いつでも乗り換える準備をしておきましょう。

最高値は下記のサービスで無料でご確認できます。
簡単な情報を入力するだけで、愛車の最高値が分かります。

>>かんたん車査定

実際に売らずに、見積もりだけ知ることもできるので、簡単にお試しできます。
ぜひチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク