Pocket

カローラスポーツ

こんにちは。ぎぶさんです!

北米仕様のデザインを取り入れた新型カローラスポーツは、トヨタ カローラシリーズで初となる「3ナンバー車」になることで注目されています。

本ページでは、そんな新型カローラスポーツのメリットとデメリットを実際の評判を通じて分かりやすくご紹介していきます。

最後には、良い点と悪い点を一覧にして、評価をまとめました。

新型カローラスポーツの全体評価

カローラスポーツ
(出典:http://toyota.jp/

トヨタカローラ スポーツは、2018年6月26日に発売されたハッチバック型の乗用車です。

特徴となるのは、「デザイン」と「走りの質の高さ」、「乗り心地の良さ」です。

そして、ハイブリッド車の燃費が非常に優れている点が挙げられます。

試乗レポート

デメリットとしては既に多くの口コミがある通り、後席の狭さが代表的です。
こちらは後ほど詳しく検証していきます。

なお、エクステリア、内装のクオリティの高さは申し分ありません。
それでは、くわしく見ていきましょう。

カローラ スポーツのエクステリアの評価は?

エクステリアに評価が集中

新型カローラスポーツのエクステリアは、フロントからリアまで「カッコよさ」を最優先したデザインとなっていて、口コミでも評価が集中しています。

発売当初は賛否両論が出たものの、見た目は高評価で安定しています

ハッチバックを採用しているものの野暮ったい雰囲気にならず、豊富なカラーや高級感あふれるオリジナルホイールも好評。

ボディーカラーは白だけでも2種類あり、他社では見られない「ブラッキッシュアゲハ」などの独自色も用意され、注目です。
カローラスポーツの人気色ランキング!アンケート結果のまとめ

エクステリアの口コミ

これまでのカローラらしさを良い意味で打ち壊してくれる洗練されたデザインです。特に、フロントのワイルドさを感じさせるデザインはとても気に入っています。
18インチのホイールとタイヤの組み合わせも、トヨタらしい品質の高さが伝わる素敵な仕上がりになっていると思います。」

車に実用性だけでなくカッコよさも求めたいなら、カローラスポーツはおすすめ。外装はとても艶っぽくて色気があり、デザイン性の高さは抜群です。
ただ、切れ長のフロントライトとフロント中央にある”C”のエンブレムは好き嫌いが分かれるところだと思います。

デメリットとして挙げられる後席の狭さも、スポーツモデルのデザインを追求した結果ということができるでしょう。

新型カローラスポーツの内装の口コミ

カローラスポーツ

内装の質感、クオリティは高い

カローラの内装は質感に優れ、まるで上質な欧州車のような風合いがあります。

カローラスポーツのベースとなるシートカラーはブラックです。

ただ、最上級グレードであるG”Z”になると「レッド・ステッチ」が入ります。加えて特別仕様のスポーツシートが運転席と助手席に使用されているのも特徴。

どのモデルを選んでもシートはホールド力が高く、常に安定した姿勢でドライビングを楽しむことができます。

後席とラゲッジの狭さを検証

カローラスポーツのデメリットとして最も目立つ口コミが「後席が狭い」という点です。

これは見た目を優先した結果、あえてトヨタがそのような設計にしています。

それでは、実際の画像を確認してみましょう。

まず、実際のスペースは、

175cmの男性が後席に座った場合のスペースは、

実際の口コミでも、「後席は狭い」という声が多く出ています。

ラゲッジスペースについては、意見が分かれていて、狭いという声からおよそ350Lのゆったりした収容スペースがあるので便利という声までさまざまでした。

内装の口コミ

「後部座席は少し狭いかなと感じました。
とはいえ、シートの質が非常に良いのでストレスを感じることはほぼなく快適に過ごすことができます。
特に、センターアームレストに搭載されているドリンクホルダーはとても便利です。」

「ラゲッジスペースにはアジャスタブルデッキボードがあるので、細かいものを整理して収納する際にはとても便利です。
ただし、ハッチバックタイプにしてはそれほど収納が大きいとは感じませんでした。

新型カローラスポーツの燃費の評価

新型カローラスポーツは、ハイブリッド車の実燃費が22km/Lから26km/L
燃費の良さは口コミで高く評価されています。

プリウスハイブリッドに比肩するほどの低燃費水準であり、価格を考えるとコストパフォーマンスは高いといえます。

インプレッサスポーツとの燃費比較

  • カローラスポーツ:22~26km/L(ハイブリッド・実燃費)
  • インプレッサスポーツ:13.57km/L(ハイブリッド・実燃費)

ライバル車にあたるインプレッサスポーツと比べても、比べものにならないほどカローラスポーツは燃費が優れていることが分かります。

燃費だけでいえば、ライバル車はプリウス以外は考えられません。

ガソリン車の燃費は一段劣る

一方、ガソリン車の実燃費は14km/L~16km/Lと、一段落ちる内容に。
(インプレッサスポーツは11.69~13.57km/L)

加えて、ガソリン車に関しては、渋滞が多くなると燃費が一気に悪くなる、といった口コミも寄せられています。

燃費についてはハイブリッドの方が断然評価が高いといえるでしょう。

燃費に関する口コミ

「ハイブリッドエンジンの安定した燃費の良さが魅力です。高速運転でも街乗りでも、燃費が劇的に悪くなるということはまずありません。
燃費のことはほとんど気にせず運転しています。燃費がストレスにならないというのはとても有難いです。

「ターボエンジンの燃費が思っていたよりも良いことに驚いています。仕事で高速を頻繁に利用していることもあり、15km/L以上の燃費で走っていることも少なくありません。
ターボエンジンを搭載していると燃費はかなり悪くなると思っていたので、これほど良い数値が出ていることに満足しています。

カローラスポーツの走りの評価は高い

カローラスポーツで最も挙がったのが「衝撃を受ける」ほどの乗り心地の良さ。

スポーツモデルにも関わらずしなやかで、ゴツゴツしないと評判です。

スポーツモデルのため静粛性、運転のしやすさも申し分なく、トルク感も抜群。
パワー不足という声も出ましたが、ドライブモードも搭載され、実際に試乗するとほとんど気になりません。

6段MT仕様の評価が高い

カローラ スポーツに追加採用された6段MT仕様は、1.2リッターターボモデルのみに搭載されたものです。

「インテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)」と呼ばれ、コンピューターがドライバーのクラッチ・シフト操作にあわせ、最適なエンジン回転数になるように制御し、スムーズな発進をサポート。

iMTは国内初の導入で、「ATから乗り換えやすい」「シフト操作が苦手でも楽しく走れる」だけではなく、上級者の楽しみも広がると評判です。

3つのドライブモードを搭載

新型カローラスポーツには、3段階ドライブモードが標準装備されています。

  • 燃費を重視した「ECOモード」
  • 滑らかな走りの「NORMAL」
  • 走行性能重視の「SPORT」

「ターボエンジンの逞しい走りを楽しみたい」という人からはSPORTモードでの運転が高く評価されています。

各ドライブモードの切り替えが簡単にできる、という点も好評です。

1.2Lターボエンジンであっても馬力は1.5Lのノーマルエンジン相当はあると思います。また、アクセルの踏みこみに対するレスポンスも上々で、中速から高速へはスムーズに伸びていきます。
ですから、パワー不足を感じることなく快適な走りを楽しむことができます。ただし、低速走行時にトルクの強さを感じるということはあまりありません。」

街乗りにとても適した走りの車だと思います。
走り出す時に鈍重さを感じるようなことはありません。とはいえ、弾むような突き抜けた力強さがあるわけでもないので、女性でも扱いやすいモデルだと言えるでしょう。」

ライバル車のシビックと比べて、運転性が大きく上回るといった口コミもありました。

新型カローラスポーツの価格はお得感あり

新型カローラスポーツの価格は、1.2Lターボモデルが210万円から240万円程度。

一方、1.8Lハイブリッドモデルは240万円から270万円前後が相場です。

発売当初は高いのではないか?という声が出たものの、徐々にハイブリッド車のお得感が評価されはじめています。

前述するようにスポーツモデルとしては圧倒的な燃費性能をほこるため、価格が高いという声も見直されつつあります。

「ガソリン車モデルで200万オーバーは少し高いかなと感じました。
とはいえ、多彩な安全機能を搭載している事や、インテリアとエクステリアの質が高いことを考慮すると、納得できる価格設定になっていると思います。

ハイブリッドエンジンを搭載した車種の中には300万円を超えるものが少なくありません。それと比較すると、カローラスポーツの販売価格が200万円台で収まっているというのは評価できます。」

カローラスポーツのQ&A

ターボガソリン車かハイブリッド車か?

ガソリン車とハイブリッド車は価格差がありますが、どちらも人気があります。

基本的には燃費を考慮して、ハイブリッドを選ぶ人が目立ちました。

一方で、ターボガソリン車も気になる方が多いようです。

原則として、2万km以上走らないと価格差は埋められませんので、そこまで距離を走らないという方はターボガソリン車で良いかと思います。

ただ、スポーツタイプにハイブリッド車は少なく、ハイブリッドならカローラスポーツ一択と言われるほど、ハイブリッド車は評価を高めています。
長年乗ることが前提であれば、ハイブリッドを選ばれるのがよいでしょう。

4WDの評価は?

カローラスポーツは、ハイブリッド車がFF。ガソリンターボ車が4WDの設定のみとなっています。

4WDには前述した6段MT仕様が搭載されていて、評価は高いです。

パワー不足を指摘する声も一部であるため、この点は試乗されるとよいでしょう。

カローラスポーツのCMは評判が悪い?

カローラスポーツのCM 気持ちいい日篇 30秒


最後に、話題を集めているカローラスポーツのCMについて触れておきます。

最新CMは俳優の菅田将暉さんと、女優の中条あやみさん。

こちらは残念ながら口コミでは賛否両論が目立ちました。
ただし、車そのものの評価ではなく、CMの中で音を外して歌うシーンが波紋を呼んでいます。

一方で舞台となった四国のUFOラインは、一見の価値があるほど美しいです。

CMの口コミ

カローラスポーツのメリット・デメリットのまとめ!

新型カローラスポーツは、トヨタらしいこだわりが随所に見られる高品質なモデルです。

改めてカローラスポーツのメリットデメリットをまとめました。

メリット

・デザイン性の高さと豊富なカラーが魅力のエクステリア。
・欧州車を思わせる質の高い内装。
・スポーツモデルでハイブリッド車を搭載。
・燃費効率に優れる。
・乗り心地の良さが群を抜く。
・運転性能、安全装備も文句なし。

デメリット

・後席の足元空間が狭いこと。購入前の試乗は必須。
・ややパワーが弱いという声あり。
・ガソリン車は決して安くない価格帯。

口コミを見るとデメリットが少なく、メリットが多いことがよく分かります。
そして、代えがきかない車ということができるかと思います。

総合点が高く、今後はさらに人気化することは間違いないでしょう。

間違いなく買いの一台という結論

後席をあえて犠牲にしてデザインと走りの質を高めていますが、デメリットが気にならなければ間違いなく買いの一台と言える車です。

購入を検討される方は、実際に販売店に足を運んで試乗しておきましょう。

トヨタの中でも総合力の高い車であり、強くおすすめします。

カローラスポーツの値引き相場はこちら!

新型カローラスポーツの値引き相場をご存じですか?

カローラスポーツは発売間もない人気車であるため、値引きは辛口と言われています。

しかし、その中でも値引き事例は増え始めています。

値引きの方法はシンプルで、最新相場とコツを押さえれば誰でもできます。

新車は値引きが前提であるため、できるだけ行うようにしましょう。

カローラスポーツの値引き情報は以下をご確認下さい。
カローラスポーツの値引き相場レポート!限界まで安くするコツは?

 

スポンサーリンク