Pocket

本記事は「トヨタ新型C-HR」のグレード別の価格・装備の違いについてまとめてみました。

安全性能も含め、このページを見れば全てが一目で分かるようになっています。

記事の最後には、グレード別のランキングも掲載しています。実際に車を選ぶ方の目線でリサーチしました。ぜひ参考にして下さい。

<新型C-HRの全体的な特徴について>

「トヨタ新型C-HR」はSUV(Sport Utility Vehicle)というカテゴリーに属する車です。
「多目的車」と表現されることもあり、スポーツやキャンプなど様々なシーンで重宝します。

2017年の上半期SUV販売台数NO.1に輝いた人気車種です。
まずは、C-HRの装備から人気の秘密に深く迫っていきましょう!

新型C-HRの装備の特徴とは?

chr-grade
(出典:http://toyota.jp/

新型C-HRの装備の強みは大きく分けて2つあります。

  1. 低燃費を実現するエンジン
  2. 徹底的に追及された安全装備

それぞれ、見て行きましょう、

低燃費実現にこだわり抜いたハイブリッドシステム

車の燃費効率を下げる要因には様々なものがあります。中でもアクセルやブレーキ操作、信号待ちなどの間のアイドリングなどが挙げられます。

エンジンスタート時から発進時のアクセルの踏み込みまで、モーターのみが回転します。通常の走行ではモーターとエンジンの両方がバランスよく回転し、燃費を抑えることができます。

減速するとバッテリーを充電始め、信号待ちではアイドリングがストップ。
このように、全てのシーンで低燃費が可能です。

経済産業省に認定された高い安全装備5選!

C-HRは安全性能が群を抜き、初心者の方でも安心して運転を楽しむことができます。
車の事故のニュースが目立つ昨今、かなり大切な要素になります。

「セーフティサポートカー」とは、経済産業省が認定した自動ブレーキシステムなどの対策を行った車に与えられる愛称です。

新型C-HRは徹底した安全対策が講じられていますが、その中でも特筆すべき性能をピックアップしてご紹介します。知っておくとより安心できますよ。

レーンディパーチャーアラート

走行中は、車に装備されたカメラが道路上の白線を認識し、ウインカー操作をせずに白線を越えて対向車線に出る可能性があると判断すればウインカーを操作したりブザーなどで警告します。またパワーステアリングが万が一の衝突に備えハンドル操作をサポートします。

レーダークルーズコントロール

「レーダークルーズコントロール」とは、先行車との車間距離を安全に保つシステムです。

前方に車両がいる場合、一定の車間距離を保ち、前方車両が停止すれば自車も停止します。前方車両が発進すれば、アクセルを踏むかスイッチ操作で前方に進みます。

追突事故防止に大いに役立つシステムです。

ブラインドスポットモニター

走行中に突然ドアミラーの死角から現れた車両に、ヒヤッとした経験をした方もいるでしょう。「ブラインドスポットモニター」はレーダーで隣の車線の車両を検知します。ドライバーに対し、ドアミラー内蔵のLEDを点滅して知らせます。

リヤクロストラフィックアラート

バックで車庫入れするのが苦手で、ついつい前方から車庫入れしてしまう方がいますよね?
こちらは前方から車庫入れして、バックで駐車場から出庫する際、左右から来る車両をブラインドモニターで検知し、ブザーでドライバーに警告するシステムです。

ヒルスタートアシストコントロール

駐車場などの坂道で一旦停止し、再度発進しようとしてブレーキからアクセルへと踏む足を変えようとして後ろに車両が下がり、危険な経験をした方もいるでしょう。

「ヒルスタートアシストコントロール」は坂道発進の際、ブレーキから足を離しても油圧で保持して後退を防止するシステムです。

新型CH-Rの各グレードと価格と装備を徹底解剖!

chr-grade2
(出典:http://toyota.jp/

新型C-HRの各グレードと装備についてまとめてみました。グレードにより装備が異なります。
重視する装備のあるグレードがどれになるか検討してみましょう。

フル装備の「グレードG」を見ると分かりますが、装備は大充実となっています。

数は多いですが、装備の違いをザッと押さえておきましょう!

「S」グレードの標準装備  2,646,000円〜

外装

  • 17インチタイヤ、アルミホイール
  • UVカット機能付きフロントドアグリーンガラス
  • ハロゲンヘッドランプ

内装

  • 電動パーキングブレーキ&ブレーキホールド
  • ファブリックシート表皮
  • 左右独立温度コントロールフルオートエアコン
  • 内装色はブラック

その他

  • Toyota Safety Sense P

基本グレードですが、UVカットのガラスや、左右独立のフルオートエアコンがついてきます!

なによりも、トヨタの安全装置である「Toyota Safety Sense P」も標準で付いてくるのは、嬉しいですね。

では次に、上級グレードとなる「G」を見てみましょう。
(※G-T(ターボ車)共通)

「G」グレードの標準装備 2,905,200円〜

外装

  • 18インチタイヤ、アルミホイール
  • スーパーUVカット、IR(赤外線)カット機能付きフロントドア
  • LEDヘッドランプ、LEDフォグランプ
  • ドアミラー足元イルミネーションランプ
  • オートワイパー

内装

  • 上級ファブリック+本革
  • 電動ランバーサポート(運転席側)
  • シートヒーター(運転席・助手席)
  • 内装色はリコリスブラウン
  • 室内イルミネーション

その他

  • Toyota Safety Sense P
  • 自動防眩ミラー
  • ナノイー
  • クリアランスソナー&バックソナー

上級グレードとだけあり、装備がとても充実していることが分かりますね。
内装色に関しても、「S」がブラックなのに対し、「G」ではブラウン色になります。
まさに落ち着いた大人な色合いが素敵ですね。

安全装置も、「S」では「Toyota Safety Sense P」のみとなりますが、「G」では、
「自動防眩ミラー」
「クリアランスソナー&バックソナー(センサーが障害物との接触を知らせる機能)」
などが標準で装備されます!

さらに、ドリンクホルダーなどが光る「室内イルミネーション」も、オシャレです。

新型C-HRのおすすめグレードランキング!

新型C-HRのおすすめグレードをこだわりの視点からご紹介します。

第1位 グレードG

  • 車両本体価格¥2,905,200円(税抜き2,690,000円)
  • 燃費30.2km/L
  • 排気量など1.8L+モーター 2WD

各グレードの中で車両本体価格が一番高くなりますが、充実のフル装備です。ハイブリッド車のため、燃費もよくおすすめです。人気も最もあります。

第2位 グレードG-T

  • 車両本体価格2,775,600円(税抜き2,570,000円)
  • 燃費15.4km/L
  • 排気量など1.2L直噴ターボ 4WD

ハイブリッド車ではないため、燃費は落ちますが安全装置はグレードGとは変わりません。直噴ターボ搭載で、走りと安全のバランスを取りたい方にはおすすめのグレードです!

第3位 グレードS

  • 車両本体価格2,646,000円(税抜き2,450,000円)
  • 燃費30.2km/L
  • 排気量など1.8L+モーター 2WD

安全装置はTOYOTA Safety Sense Pのみですが、ハイブリット車のため燃費は優れています。初期投資を抑え、かつ維持費も抑えたい方にはおすすめです。

第4位 グレードS-T

  • 車両本体価格2,516,400円(税抜き2,330,000円)
  • 燃費15.4km/L
  • 排気量など1.2L直噴ターボ 4WD

初期投資をできるだけ抑え、ターボエンジンの走りを楽しみたい方におすすめです。

新型C-HRは燃費・走り・安全を兼ね備えた装備が充実!

車に対するこだわりは人それぞれですよね。今回ご紹介したTOYOTA 新型C-HRは

  • 燃費を抑え家計をやりくりしたい方
  • 安全を重視したい方
  • ターボエンジンで走りを楽しみたい方

車に求める装備を兼ね備えたオールラウンド的な車です。
装備の充実ぶりを考慮すれば、決して価格も高いとは言えない側面があります。

今回の記事を通して、グレード選びの参考になれば幸いです。

トヨタC-HRの最新の値引き情報はこちら!

トヨタC-HRの値引きをすると何十万円も得をするのをご存じですか?

トヨタC-HRの値引きにはシンプルなやり方があり、誰でも実行することができます。

実際に値引きすることで、何十万円も安く購入できます。

値引きについては下記の記事を見ておけば、簡単にできます。
ぜひ流れをつかんでおきましょう。
トヨタC-HR(CHR)の値引き情報!最新相場や安く買うコツは?

 

スポンサーリンク