Pocket

本記事では新型C-HRの年間維持費を項目別にご紹介していきます!

C-HRhの最新モデルとしては2017年に「”LED Edition”」が追加されました。

「”LED Edition”」とは、特別仕様車のこと。
販売されている全てのグレードに、「”LED Edition”」が選択できるようになったのです!

特別仕様車「”LED Edition”」には、通常グレードにプラスして、以下の装備がついてきます。

・サイドドアハンドルがメッキ加工
・特別なLEDヘッドランプ
・LEDリヤコンビネーションランプon”」

新型C-HRが欲しいと思った時、気になるのが年間維持費だと思います。

このページでは、最新モデルをベースとした維持費を解説していきます!

トヨタ新型C-HR(ガソリン・ハイブリッド)の年間維持費をご紹介!

車を所有していると、以下の項目の維持費がかかってきます。

  1. ガソリン代
  2. 各種税金(自動車税、重量税、自賠責)
  3. 任意保険
  4. その他(駐車場代、車検代、消耗品費・メンテナンス代)

それでは、新型C-HR(ハイブリッド車・ターボ車)を所持した場合、年間維持費がどれくらいかかるのか、概算してみましょう!

まずは、各項目ごとにどのくらい維持費がかかるか内訳を見て行きます。

1.ガソリン代

年間走行距離1万キロ・ガソリン価格130円/Lとした場合の概算年間ガソリン代

(※実燃費で計算)

ハイブリッド車  約¥62,000-
ターボ車     約¥108,000-

当然のことながら燃費の良いハイブリッド車のほうが、¥46,000-もお得ですね!

2.各種税金

・自動車税

ハイブリッド車(1,797cc)
¥39,500-

ターボ車(1,196cc)
¥34,500-

ハイブリッド車の場合、新車登録した翌年の自動車税が75%(¥25,500-)減税されます。
残念ながら、ターボ車には減税はありません。

・重量税

ハイブリッド車
1〜3年目  免税
4年目〜   ¥7,500-

ターボ車
初年度〜 ¥7,500-

ハイブリッド車では、エコカー減税が適用されるので、3年目までの重量税が免税!
残念ながら、ターボ車にはエコカー減税が適用されません。

・自賠責(HYBRID・ターボ車共通)
1〜3年   ¥13,040-
4年目〜  約¥14,000-

3.任意保険

ソニー損保にて試算。
(※条件:30歳以上補償・本人限定・ブルー免許・車両保険なし・ネット割引1万円適用)

ハイブリッド車 ¥43,460 〜
ターボ車    ¥43,400 〜

ハイブリッド車・ターボ車とも、保険料はほとんど変わりません。

4.その他(ハイブリッド車・ターボ車共通)

・駐車場代
¥96,000-

全国平均である「¥8,000-/月」をもとに計算。
住んでいる地域によって、駐車場代は変動します。

・車検代
¥25,000-

車検には、「重量税」「自賠責保険料」以外に、印紙代・代行手数料・基本料金などが費用としてかかってきます。
C-HRの場合、おおよそ¥25,000-となります。
※車検を依頼する業者によって金額は変動します。

・消耗品費、メンテナンス代
¥15,000-

オイル交換や、タイヤ・ワイパーなどの消耗品にかかる費用です。
(オイル交換に¥10,000-、その他消耗品費で¥5,000-と設定)

トヨタ・新型C-HRの年間維持費まとめ

<トヨタ・新型C-HRの年間維持費 まとめ(4年目以降)>

ハイブリッド車

・ガソリン代          ¥62,000-
・自動車税           ¥39,500-
・重量税            ¥7,500-
・自賠責            ¥14,000-
・任意保険           ¥45,000-
・駐車場代           ¥96,000-
・車検代(代行手数料など)   ¥25,000-
・消耗品費           ¥15,000-

合計              ¥304,000-

ターボ車

・ガソリン代          ¥108,000-
・自動車税           ¥34,500-
・重量税            ¥7,500-
・自賠責            ¥14,000-
・任意保険           ¥45,000-
・駐車場代           ¥96,000-
・車検代(代行手数料など)   ¥25,000-
・消耗品費           ¥15,000-

合計              ¥345,500-

ハイブリッド車とターボ車の年間維持費を比較すると、ターボ車の方が¥41,500-高くなります。ガソリン代によって、年間維持費に差が出ていますね。

さらに、ハイブリッド車であれば、エコカー減税が適用されるので、新車購入の翌年度の自動車税が安くなったり、重量税が初年度から3年間免税になるなど、恩恵がたくさん!

年間維持費を少しでも安くしたいのであれば、ハイブリッド車がおすすめです。

車の維持費は重要になりますので、ぜひ車選びの参考にしてみて下さい。

トヨタC-HRの最新の値引き情報はこちら!

トヨタC-HRの値引きをすると何十万円も得をするのをご存じですか?

トヨタC-HRの値引きにはシンプルなやり方があり、誰でも実行することができます。

実際に値引きすることで、何十万円も安く購入できます。

値引きについては下記の記事を見ておけば、簡単にできます。
ぜひ流れをつかんでおきましょう。
トヨタC-HR(CHR)の値引き情報!最新相場や安く買うコツは?