Pocket

車の値引きをしない客

新車や中古車を購入する時に考えるのが、値引きをどうするか?という問題です。

値引きすることでお得になることもありますが、人によっては煩わしいものでもあり、値引きをするかしないかは結構迷います。

車は高い買い物であり、値引きするのも心労なんですよね。

そこで今回は、値引き交渉をしない客のメリット、デメリットについて考えたいと思います。

値引き交渉しないお客の印象とは?

値引き交渉をしないお客というのは、ディーラーにとってみれば都合のよい存在です。

すぐに値引き交渉してくる客と真逆であり、上客とも言えるでしょう。

ディーラーにとっては好印象になりますので、接客面ではストレスを感じることがありません。

基本的には好印象

基本的に値引き交渉をしないお客は、ディーラーに好印象を与えることが出来ます。

値引きしない客というのは、

・お金に余裕がある
・初心者

のどちらかになりますが、いずれにせよ好印象です。

値引き交渉をするお客に比べても手間もかからないですし、購入までもスムーズに進みます。

一見すると、値引きしないお客は損をしていると思うかもしれません。

しかし、値引きをしない方がよいケースというものがあります。

車の値引きをしない方が良いケース

車の値引きしないお客

どんな車でも値引き交渉をするのではなく、レクサスなどの高級車や輸入車を購入する時は値引き交渉をしない方が良いと言われています。

高級車は一部の輸入車は原則的に値引きはできません。

こうした原則を知らずに値引きしてしまうと、かえって悪印象をあたえます。
よって、値引きしない方が正解です。

また、中古車の値引きも嫌がられることが多々あります。

中古車を購入する場合には値引き交渉をすると、グレードが下がってしまう物を勧められてしまう可能性もありますので注意が必要です。

高級車や中古車は値引きしない方がよい?

これはケースバイケースですが、値引きしない方が無難な側面はあります。

好印象を与えることが出来れば、保存状態の良い中古車を用意してくれます。場合によっては目玉商品となる高級な輸入車を紹介してもらえる可能性もあります。

不要な値引きをしないことで、上客になれることもあるわけです。

値引き交渉をしてしまうと対応にも時間がかかることになるので、高級車を購入する場合には交渉をしないほうがスマートです。

お店に良い印象を持ってもらうことが出来れば、オプション品のサービスなどを受けることが出来る可能性も出てくるので、交渉しない選択肢も視野に入れると良いでしょう。

車の値引き交渉しないメリット!

車の値引き交渉しないメリットはさらに沢山あります。

まず値引き交渉をする煩わしさから解放され、車を購入する時にかかる時間を短縮できます。

また競合車の見積もりをいくつもとる必要もないので、値引き交渉しない場合は代わりにオプション割引を受けることが出来る可能性も出てきます。

時間もストレスもかからない

値引き交渉しないため、下調べをする時間も必要なくなりますし、自分のプライベートな時間を交渉に使う必要もなくなるのでストレスを感じることもありません。

お店の好意でオプション割引を受けることが出来る可能性も高くなるので、交渉をした場合との価格差をあまり感じることもなくなります。

正直、下調べをせずに車を購入する事ができるのはかなり楽です。

それでも車の値引きをすべき理由

このように書いていくと、値引きをしない方が良いのでは?と思うかもしれません。

しかし、やはり例外を除けば、車の値引きは絶対にするべきです。

それでも車の値引きをすべき理由ですが、まず新車を購入購入する場合には新車は値引き前提の価格になっています。

そのまま購入すると多くの費用を払うことになってしまいます。

特に新車は値引き交渉せずに購入するとかなりの金額になってしまうので注意が必要です。

欲しい車が断然安く買える!

車の値引きをすべき理由ですが、値引きで金額が大きく変わるところが挙げられます。

値引き幅は最大で、30万~40万というケースも見られるほど開きがあります。

値引き交渉をする事で欲しい車を安く手に入れることができますし、更に交渉をしてオプション割引をつけてもらうこともできるかもしれません。

交渉をすることにより安価で手に入れることが出来るので、予算に余裕がない場合は絶対に値引きをするべきでしょう。

値引きで金額が大きく変わるので、ダメもとでもトライしないのは損です。
周りに競合店が多い場合は交渉しやすくなるので、お店選びも大切になります。

ディーラーから値引きしたくなるお客になろう

車の値引きの心労を減らすにはディーラーから値引きしたくなお客になりましょう。

ディーラーから好かれるお客とはなにか?

まず、いきなり値引きの話をしない事が大切です。

いきなり値引きの話をする様なお客はディーラーにとってもっとも相手のしたくないお客様になりますし、良い印象を与えることが出来ません。

また無理な値引きも反動がくるので、ディーラーとの間にも溝ができる結果になります。

車の値引きが苦手な方もいると思いますが、無理に値引きしない方がかえってうまくいくので安心して下さい。

ディーラーを頼ることも大事

ディーラーから値引きをしたくなるお客様になるためには、相手を頼ることが大切です。
頼られて悪い気がすることはありませんし、ディーラーを頼ることで信頼関係を築き上げることが出来るようになります。

値引きをするために車に精通するそぶりを見せる人がいますが逆効果です。

相手を信頼することで、信頼関係を築き上げることが出来れば、ディーラーの方から値引きをしたくなるようになり結果的にお得に購入できるのです。

全体のまとめ

車の値引きをしないお客がかならずしも損をしているわけではありません。

しかし、少し面倒でも値引き交渉はする方がおすすめというのが結論です。

値引きでは限界額は狙わず、全体の5%~10%くらいできればOKと考えると上手くいきます。

あまり欲をかかないお客はディーラーから好まれ、値引きしてあげようと気持ちにさせます。

その意味でも、無理のない範囲で値引きをすることが、ベストと言えるでしょう。

スポンサーリンク