Pocket

自動車の維持費はどのくらいかかるのか、知っておきたいと思う方は多いと思います。

ただ、車のタイプによって維持費はことなり、ケースバイケースであるため結局よく分からないということになりがちです。

そこで本記事では、車を車種別に分けて、年間の大まかな維持費がイメージできるようにまとめました。あくまで目安となりますので、その点はご注意ください。

自動車の維持費の内訳を知っておく

車の維持費1

車にはさまざまなタイプがありますが、かかる維持費の内訳については共通しています。まずは、どんな維持費がかかるのか?押さえていきましょう。

車にかかる年間維持費の内訳

  • 各種税金(自動車税、重量税、自賠責)
  • ガソリン代
  • 任意保険
  • その他(駐車場代、車検代、消耗品費・メンテナンス代)

自動車にかかる維持費はさまざまですが、大きく4つに分けられます。

電気自動車の場合は、ガソリン代が電気代になります。
駐車場代に関しては地域や、駐車上の有無によって大きく維持費が変わるので注意が必要です。

車の車種によって維持費は変わってくる

車の維持費4

車にはさまざまな車種(タイプ)があり、それによって年間維持費は大きく異なります。

車のタイプを大まかに分けると以下の通りです。

  • 軽自動車
  • コンパクトカー
  • SUV
  • ミニバン
  • 電気自動車
  • セダン

では、それぞれのタイプの年間維持費の目安を見ていきましょう。

車の維持費をタイプ別に計算!目安を知る

車の維持費3

自動車の維持費は、車のタイプによって変わってきます。

そこで車の5つのタイプ別に、年間維持費の目安を掲載していきます。
自分が気になる車のタイプをチェックしましょう。

※ここで挙げる計算方法や数字はあくまで大まかな「目安」となります。
年齢、目的、車のブランド、走る場所など、あらゆる状況によって数値は変化します。

※駐車場代などは全国の平均値を掲載しています。

軽自動車の年間維持費の計算方法

新型N-BOXの場合の参考目安

・ガソリン代          ¥65,220-
・自動車税           ¥10,800-
・重量税            ¥2,500-
・自賠責            ¥7,500-
・任意保険           ¥45,000-
・駐車場代           ¥96,000-
・車検代(代行手数料など)   ¥30,000-
・メンテナンス費用       ¥25,000-

合計              ¥282,020-

参考:新型N-BOXの維持費まとめ

軽自動車は税制面で優遇されていることが特徴です。

維持費を抑えることを優先したい場合、軽自動車がおすすめです。

コンパクトカーの年間維持費の計算方法

新型スイフトの場合の参考目安

・ガソリン代          ¥62,000-
・自動車税           ¥39,500-
・重量税            ¥7,500-
・自賠責            ¥14,000-
・任意保険           ¥45,000-
・駐車場代           ¥96,000-
・車検代(代行手数料など)   ¥25,000-
・消耗品費           ¥15,000-

合計              ¥304,000-

参考:新型スイフトの年間維持費まとめ

コンパクトカーは燃費が良く、その点は維持費がかかりません。
軽自動車と比べると自動車税はかかりますが、全体的に大きな差はありません。

SUVの年間維持費の計算方法

新型ヴェゼルの場合の参考目安

ガソリン車の場合

・ガソリン代          ¥100,000
・自動車税           ¥34,500
・重量税            ¥7,500
・自賠責            ¥14,000
・任意保険           ¥50,000
・駐車場代           ¥96,000
・車検代(代行手数料など)   ¥50,000
・消耗品費           ¥15,000

合計              ¥367,000

ハイブリッド車の場合

・ガソリン代          ¥76,500
・自動車税           ¥34,500
・重量税            ¥7,500
・自賠責            ¥14,000
・任意保険           ¥60,000
・駐車場代           ¥96,000
・車検代(代行手数料など)   ¥50,000
・消耗品費           ¥15,000

合計              ¥353,500

参考:新型ヴェゼルの維持費を解説

SUVは他のタイプと比べると維持費がかかります。

また、ガソリン車かハイブリッド車かによって年間維持費も異なります。
ハイブリッド車を選ぶと、多少経費を抑えることができます。

ハイブリッド車の方が価格は高いですが、長期で乗る場合はハイブリッドがおすすめです。

ミニバンの年間維持費の計算方法

新型フリードの場合の維持費の目安

維持費を総合すると、自動車税と税金が5万5000円程度。

自賠責が1万3900円。
燃料代が7万円かかる計算になります。

更に、任意保険が4万5000円、駐車場代が9万6000円(平均値)。車検代が3万円ということになります。

合計すると目安として、30万9900円となります。

参考:新型フリードの維持費まとめ

軽自動車と比べると、若干維持費が高いという感じです。

今回挙げた「新型フリード」はミニバンの中で高燃費であり、他のミニバンではもう少し維持費がかかる可能性もあるでしょう。

電気自動車の年間維持費の計算方法(目安)

新型リーフの場合の維持費の目安

・電気代            ¥38,000-
・自動車税           ¥29,500-
・重量税            ¥10,000-
・自賠責            ¥14,000-
・任意保険           ¥50,000-
・駐車場代           ¥96,000-
・車検代(代行手数料など)   ¥10,000-

合計              ¥247,500-

参考:新型リーフの維持費のまとめ

電気自動車は様々な免除が受けられるため、維持費が安いのが特徴。

本体価格は高い傾向にありますが、助成金を利用して購入することもできます。

助成金を貰うと売却縛りが生まれますが、長期的に乗る場合は狙い目です。

車の維持費を抑える方法はある?

とにかく車の維持費を抑えたい!という方は下記の4つを意識しましょう。

  • ガソリン車ではなくハイブリッド車を選んで燃費を軽減する。
  • 安全装備が充実した車を選び、保険料を抑える。
  • 車検代は自分で行うことで経費を抑える。
  • 街中に強いタイプ、高速に強いタイプなど、自分に合った車を選ぶ。

全体のまとめ!

車のタイプ別に維持費をまとめてきましたが、ポイントは以下の通りです。

  • 維持費は大まかに4つの種類があることを知っておく。
  • 維持費が安いのは軽自動車、コンパクトカー、電気自動車。
  • ガソリン車かハイブリッド車かによって維持費は変わる。

細かい維持費は実際に乗ってみなければ分からないため、今回のまとめを目安にマイカーを入手したら月間、年間の維持費を記録しておくと良いでしょう。

維持費はケースバイケースのため、完璧に把握することは不可能です。
ただ、ざっくりとイメージできるようにしておくと便利です。

その上で、お金がかかり過ぎる部分を減らすと、無駄な維持費がかからなくなります。

スポンサーリンク