Pocket

アクセラオプション

ファミリー向けのモデルとして登場し、瞬く間にマツダの人気車種となったのがアクセラです。

高い人気の背景には「オプションの多彩さ」が挙げられます。そこで本記事では、アクセラのおすすめオプションをまとめました。

また、人気オプションをランキングでも掲載しているのでチェックしてみて下さい。

新型アクセラはオプション選びが重要

アクセラのオプション選び
(出典:http://www.mazda.co.jp/

マツダ新型アクセラは、スポーティーでデザイン性が非常に高いという特徴があります。

そのカッコよさをさらに高めるため、エクステリアからインテリアまで相当数のオプションが用意されています。

実際、アクセラの公式サイトで閲覧可能なオプションカタログは全43ページにも及びます。エアロパーツだけで見ても8種類のオプション装備があるのです。

ですから、新型アクセラを購入する際には「どんな車にしたいのか」というビジョンを明確に持ってオプションを選ぶことが重要となります。

新型アクセラで必ず選ぶべきオプションはこれだ

「運転をスムーズに行う」という観点から、新型アクセラを購入する際に必ずつけておくべきオプションをご紹介します。

(1) ナビゲーション用SDカードプラス(48,600円)

アクセラのカーナビ
(出典:http://www.mazda.co.jp/

新型アクセラには、マツダの総合サポート用プログラムである「マツダコネクト」が標準装備されています。
このシステムは、インパネ中央部に設置されている2.7インチディスプレイを通してドライバーにあらゆる情報を提供するというもの。

ただし、カーナビに関してはオプションとして「ナビゲーション用SDカードプラス」を購入しないとまったく機能しません。

アクセラのデザインを考慮すると必須

アクセラのオプション
(出典:http://www.mazda.co.jp/

アクセラのデザインを考慮すると、この純正プログラムを使用せずに社外品のカーナビを導入するのはほぼ不可能です。

タブレットやアプリでカーナビの代用ができないか、という声もありますが、使い勝手という点では純正品に見劣りします。

ナビゲーション用SDカードプラスは賛否両論がありますが、全体の口コミとしては最低限の機能は使えるという声が多くを占めています。

また、5万円以下でナビが使えることで、価格的な満足感を挙げる声も少なくありません。

ですから、よほどの理由がない限り、このSDカードを購入するのは必須であるということは頭に入れておきましょう。

(2)フロアマット(31,073円)

アクセラのフロアマット
(出典:http://www.mazda.co.jp/

アクセラにおいて足元に汚れや傷をつけないためのフロアマットは必須ですが、こちらは純正品がおすすめです。

社外品の場合は安くなりますが、取り換えの手間がかかるだけでなく、純正品と比べてどうしてもズレが生じます。

それらに加えて、デザインや安全性を考慮しても、純正品が人気です。

アクセラのフロアマットはラグジュアリータイプ(31,073円)とデラックスタイプ(25,930円)の二つがありますが、安い方を選んでも問題はありません。

(3) パナソニック製バックモニター(36,648円)

アクセラのバックモニター
(出典:http://www.mazda.co.jp/

各自動車メーカーのSUVで必須オプションのとなってきているのが「バックモニター」です。

アクセラ後方視野が狭く、ルームミラーとドアミラーのみによる視認だけでは死角となる部分がかなりできてしまう、というデメリットがあります。

バックモニター
(出典:http://www.mazda.co.jp/

バックモニターには目安となる黄色と赤色のラインが表示されているので、パーキング時に人や壁とぶつかってしまうというリスクを大幅に下げることができます。

駐車が苦手という方にとっては確実に重宝するオプションです。

ただし、モニターに雨粒が付着すると画面が非常に見づらくなってしまうという点は覚えておきましょう。

こちらに関しては、バックモニター+カメラクリーナー(53,469円)のオプションを選ぶと改善ができます。

アクセラの快適性を高めてくれるオプション

車を運転する時には、できるだけストレスを感じることなく過ごしたいと思うことでしょう。

必須ではありませんが、運転の快適性を高める上で重宝するオプションをご紹介します。

(1) リモコンエンジンスターター(58,320円)

リモコンエンジンスターター
(出典:http://www.mazda.co.jp/

リモコンエンジンスターターは、アクセラの快適性を高める必須クラスのオプション。

車に乗る前から寒い日は温かく、暑い日は涼しく調整することができて、凍りついた窓もクリアにしてくれるため重宝します。

日本の風土に合っていて、強くおすすめしたい快適オプションです。

(2)ステレンススカッフプレート(23,925円)

スカッフプレート
(出典:http://www.mazda.co.jp/

車に乗り込む際にサイドシルの傷を防ぐ、スカッフプレートはかなりの優れもの。

もっとも目立つ場所の傷を防いでくれるので、あるのとないのではボディの印象が大きく変わってきます。アクセラでは輝きのあるデザインを採用しているため、車の高級感も一段とアップしてくれます。

それほど人気の高いオプションではありませんが、隠れ名品と言える存在です。

(3)ドアバイザー(22,629円)

ドアバイザー
(出典:http://www.mazda.co.jp/

アクセラにおいても定番の人気オプションがドアバイザー。

窓ガラスの上部にこのバイザーを取りつけることで、雨が降っている時でも室内が濡れることを心配することなく窓を開けることができます。

炎天下で駐車する時に少しだけ窓を開けておきたい、という時にも役立ちます。
また、このバイザーがあることで車内の空気が外へ出やすくなるため、「車内の換気をしたい」という時にも重宝します。

(4) BOSEサウンドシステム

「ドライブ時に車内で音楽を聴きたい」という人は多いことでしょう。そのサポートをしてくれるのが「BOSEサウンドシステム」です。

世界的メーカーが製作した臨場感のある高音質のスピーカーを搭載することでドライブの時間はより快適になるはずです。
車内で音楽を楽しみたい方にはおすすめです。

(5) デンソーテン製ドライブレコーダー(40,824円)

HDD画質でドライブ中の様子を録画してくれるのが「ドライブレコーダー」です。
衝撃を自動的に感知して前後のデータを保存しておいてくれるので、事故が起きてしまった際などに必ずあなたを守ってくれます。

デンソー製のドライブレコーダーは夜間の視認性が非常に高いという特徴があるため、夜に車を運転することが多い人におすすめのオプションです。

社外品で安く買うことができるため必須ではありませんが、予算に余裕があり、取りつけもラクなデンソー製はおすすめです。

新型アクセラの人気オプションランキング

最後に、数あるオプションの中でも「これは便利」と口コミで人気を集めているものをランキング形式でご紹介します。

5位 純正ETC

ETC
(出典:http://www.mazda.co.jp/

ETCも取りつける場合においては、純正品がアクセラに取り付けやすくて人気です。
サンバイザーの後ろにきれいに収まりますので、収納的にもメリットがあります。

後付けする人多いオプションですが、電装系のDIYをすることになるので、最初から取りつけてもらった方がラクです。

ブランドは、デンソー・三菱電機・パナソニックから選べますが、いずれも価格差はなく、どれを選んでも問題ありません。

ナビゲーション連動タイプ(56,191円)もありますが少し値が張りますので、必ずしも選ばなくても大丈夫です。

4位 リモコンエンジンスターター(58,320円)

リモコンエンジンスターター
(出典:http://www.mazda.co.jp/

前述している通り、異常気象と言われるほど寒暖が激しくなった日本において人気を高めてきています。

寒さ、暑さが厳しい地域においてはもはや必須のオプションと言えます。

3位 ナビゲーション用SDカードプラス(48,600円)

アクセラのオプション
(出典:http://www.mazda.co.jp/

ナビ性能については賛否両論ありますが、アクセラのデザインを考えると社外ナビは選択肢に入りにくく、タブレットなどで代用するのも難しいことから、ナビゲーション用SDカードプラスを利用される方が多くなっています。

ナビ性能は高いとは言えませんが、実質5万円以下でナビ機能が使えるため、価格の面でもお得感があります。

2位 バックモニター(36,648円)

アクセラのバックモニター
(出典:http://www.mazda.co.jp/

アクセラは後方視界に難があるため、バックモニターは必須レベルと言えます。

見えにくい後方の視界をサポートし、実質的にアクセラの欠点を改善してくれることから人気があります。
価格もそれほど高くなく、これ一つで安全強度が高まりますので、おすすめです。

1位 フロアマット

アクセラのフロアマット
(出典:http://www.mazda.co.jp/

前述している通り、フロアマットは車内の汚れを防ぐ必須アイテムで、ほとんどの方が購入される人気オプションとなります。

安い社外品をすすめる声もありますが、フロアマットは純正品の方がアクセラのデザインにしっくりハマりますし、取りつけの手間もありません。

純正品は消臭機能付きとそうでないものがありますが、消臭機能は床だけ対応して防げるものではありませんので、安い方でも充分です。

アクセラのオプション選びは時間をかけて行なおう

アクセラのオプションは非常に多く、カタログを見ているだけでもワクワクするはずです。

とはいえ、きちんとバランスを考えて選ばないとトータルとしてちぐはぐな印象になってしまう可能性もあります。

ですから、人気オプションを中心に、十分に時間をかけて選んでいきましょう。

スポンサーリンク